2018年05月11日

430に水温系をつける その3 430用ホースでセンサー取り付け

 それと同時に、ダメモトで旧車部品を扱っている店にふらっと行って店員さんに聞いてみたら、なんとまだ新品がありまして。
 もちろん即購入です。特にプレミア価格じゃない普通の価格(相場がいくらなのかはわかりませんけど)で入手できました。
 なんでも探してみるもんだ。
 はじめて行ったとこだったんですけど、頼りになりそう。

IMG_8376.JPG

 これがそのホース。「LD28」と書いてありますが、L20ETでももちろん使えます。ていうか430用はハードトップもセダンもワゴンもエンジン形式も越えてたぶん全部共通。前期後期での違いもないんじゃないかな。いや、わかりませんけど。
 そうだとわかればもう古いホースを切ることに躊躇はありませんので、もともとついていたホースを切断してセンサーを付け替えました。
 そうこうしてついた状態がコレ。

IMG_8373.JPG

 当然ですがエアフロへのパイプを装着しても干渉しません。
 コレだよコレ。
 ちなみに水温計のセンサは下向きにつけるのが正解なので、ここからさらにアタッチメントを90度回してあげてセンサを下に向けます。
 まあ横でも別にいいんですけどね。通常であればホース内はクーラントで満たされているハズなので。

 これでラジエータのエア抜きをして終了。
 クーラント必要量は2リットル入らないくらいかな。
 全交換だとこんなもんじゃ済まないんで、部分交換のほうが楽ではありますね。

 メータは足元に取り付けました。
 だんだんごちゃっとしてきた。

IMG_8371.JPG

 右上の赤が新しく追加した水温、その左の白がブースト、下の青が油圧と油温です。
 この位置であれば、普通にハンドルを握っていれば目に入ってきますので、「目立たないようにつける」最大の妥協点ですね。
 ほんとはもっとよく見えるところにつけたほうがいいんで、気にならないんならメータのフードの中とかダッシュボードの上とかにつけたほうがいいでしょう。メータが並んでいるとスポーティに見えるんで、そう見せたければなおのことダッシュに並べるとかしたほうがいいと思います。

 で、実際に使ってみると、これもライトエースのときと同じくエンジンをかけてしばらくは30度前後をずっと指しています。これは標準のメータ内の水温計が動き出しても大きくはかわりません。
 ライトエースと違うのは、ライトエースは30度前後で止まったままサーモが開くと一気に70度くらいまで上がるんですが、430はゆっくりと40度くらいまで上がり、そこからサーモが開くと一気に70〜80度近くまで上がります。
 また、高速道路などでの加速減速で温度が結構かわります。これはメータの精度なのか、あるいはクルマが違うからなのかはわかりませんが。
 油温よりは変化が激しいですが、だいたい90度くらいが上限になってるようです。
 ずっと高速道路を走ったりすると多少変わるのかな。

 とりあえずメータ関係はコレで完了。
posted by TAKAMI Yui at 00:01| Comment(8) | 430セドリック

2018年05月10日

430に水温系をつける その2 230/330用ホースでセンサー取り付け

 とりあえずラジエータホースは230/330用で代用するとして、ホースのセンサーアタッチメントはおなじみのトラスト製。2500円くらい。

IMG_8357.JPG

 径がわかんなかったので34φと36φの2種類を用意したんですが、36φが使えます。
 36φが使えるということはもちろん34φも入るんですが、この手のものはキツキツに入れて外れないようにしないといけないんで、今回は36φを使いました。
 入らないときは、アタッチメントの口に水をつけてやるとするっと入ったりします。

 水温計はアマゾンのアウトレットでちょうどいいものが出てたので、それを購入。

IMG_8356.JPG

 DefiのRacer Gauge 60φ温度計で、バックライトLEDが赤のもの。
 青をオイル関係で使っており、ブーストで白を使ってるので、残りは赤しかない。
 もちろん別に同じ色でもいいですし、白青系で統一したほうが綺麗に見えるかもしれませんが、ここは可視性を優先させます。

 このメータ、9000円くらいで買えたんですが、センサやケーブルも未使用のものが入ってたし、本体も未使用でした。箱が少し破れてるくらい。これで4000円近く安いんならお買い得度高いです。

 このセンサを防水テープを巻いてアタッチメントにねじ込み、バンドで固定します。
 当然ですが車載状態でやるよりも圧倒的に楽だし確実です。

IMG_8358.JPG

 まだ反対側のホースバンドを締めてない状態ですが、こうなりました。
 このとき、切断したホースは少し長めに残してあります。車載して口が合わないとき、ここのホースの長さで調整できるようにするためです。結果的には必要なかったんですけどね。
 通常はきっちり同じ長さだけ切ってあげないと、ホースに変な曲がりが入ってしまいます。

 さて、いよいよ車体につけてみましょう。
 これも本来はクーラントを全部抜いてからやるのがセオリーなんですが、クーラントを抜いてしまうととても面倒なので、「ホースを抜いて抜けた分だけ補充」方法で。
 当然クーラントがこぼれてくるので、下にはバケツを置いておきます。量が少なければビニール袋を二重にしてホースの繋ぎ目のとこに広げておいてもいいかもしれない。
 このこぼれてきたクーラントを再利用してもいいんですが、そんなに高いものではないので、クーラントは新品を買っておきました。

 最初に少しでもラジエータ内の圧を逃がしたいので、ラジエータキャップを緩めます。
 その後、ラジエータ側のホースをはずすわけなんですが、ラジエータのアッパーホースはクーラントが「サーモスタットを通って戻ってくるほう」なので、理論的にはエンジンが冷えているときは、ラジエータ内のホースの繋ぎ目よりも高い位置にあるところ、ホース内、そしてサーモスタットよりも上にあるサーモハウジング内の分しかクーラントは漏れてこないハズです。

 なのでこの作業は絶対にエンジンが冷えたときにやりましょう。そもそもクーラントが熱いときにこんなことしたら熱湯で火傷しかねませんから、できれば丸一日とかクルマを放置した後がいいと思います。最低でも1時間くらいはエンジンをかけずにほっときましょう。クーラントが熱いときにラジエータキャップを開けると熱湯が噴き出してくる可能性もあるのでものすごく危険です。

 まずラジエータ側のホースを外します。
 この瞬間がいちばんクーラントが漏れるときなので、抜けると同時にガムテープでラジエータの口を塞ぎます。綺麗なウエスとかを突っ込んでもいいかも。
 これから外すホース内にもクーラントが残っているハズなので、いま外したホースのほうの口もガムテープ等で塞ぎます。可能ならその状態でホースをひっくり返したりして、ホース内に残っているクーラントを出してしまうと楽です。
 これでいちおう水漏れは止まるハズなので、その状態で今度はサーモハウジング側のホースをはずします。
 ここはパイプ類が入り組んでいて手が入りづらく、「抜くと同時に口を塞ぐ」のがやりづらいんですが、ホース内とサーモハウジングの上部分だけなんでそんなに大量には出てこないでしょう。ラジエータ側を外した時に、同時にホース内の水が抜けていれば、さらに出てくる量は少ないはず。
 ま、こぼれてエンジンが濡れてしまっても即壊れるわけではないので、こぼれたからといって慌てる必要はありません。ただまあ、どう見ても不気味な緑色の液体を地面に巻き散らかすのはよろしくない(たぶん環境的にもよろしくない)ので、アンダーカバーの下に水を受けるタライなどを置いて、抜けた分を気にせずに作業しても別にいいと思います。たぶん。電子部品やその接点にかからないに越したことはないですけどね。

 で、さっき作ったホースをねじ込んだのがこの状態。
 下はもともと刺さってる430のホース。

IMG_8359.JPG

 お、そんなに悪くないじゃない?って感じがするんですけど、サーモハウジング側へもう片方の口をつなぎ、

IMG_8360.JPG

さらにエアフロへの吸気パイプを付けるとこんな感じになってしまいます。

IMG_8362.JPG

 この写真だとちょっとわかりづらいんですが、完全にラジエータホースと吸気パイプが接触してしまっており、パイプが少し浮いてしまっています。
 パイプはネジで無理やり締めこんでありますが、ボンネットを閉めてもここにはインシュレータがないので、特に潰れるとかいうことはなさそうです。
 ので、このまま使うこともできるし、なんならパイプを刺さずに使えばすっきり収まります。このパイプ、エアクリーナまでの吸気を延長してるだけなんで、外したままでもいいし、気になるならここだけ干渉しないようにダクトを作ってグリルから空気を流してやればいいんでないかと。
 ラジエータのエア抜きをして、この状態で1日使ってみましたが、とりあえず水は漏れませんでした。
 が、長く使ってるとホースにストレスがかかりそうなんで、いつまでも大丈夫かどうかはわかりません。
 とりあえず、どうしても新品が手に入らなければ、230/330用は代用可能なようです。

 ……といったところで、さらに続く。
posted by TAKAMI Yui at 11:39| Comment(0) | 430セドリック

2018年05月09日

430に水温系をつける その1 ラジエータホースに悩む

 というわけで、気軽に部品を消費できるライトエースでの練習も終わったので(?)、430に水温系をつける算段を考えてみます。
 基本的に取り付け方法は同じで、ラジエータのアッパーホースを切ってセンサを挟むんですけど、ひとつ問題がありまして。
 430のラジエータホースってもうメーカーでは製廃なんですね。
 つまり、「改造・変造個所は部品はそのままとっておいていつでも戻せるようにできる」といういつものことができないわけです。
 別にそれでもいいんですが、たとえば「やっぱり水温系つきませんでした」ってなったときにもうホースが切れてたら戻せない。これはちょっと困る。
 ので、別車種のものでなにか流用できないかと思っていたわけです。

 というわけで、亀有エンジンワークスが復刻しているL型エンジン車のものをいくつか買ってみました。

IMG_8340.JPG

 左からHR30スカイライン、GC210スカイライン、230/330セドリック用。
 一見同じように見えますが、微妙に長さや曲がりが違います。
 じゃあどれがドンピシャかな……というと、どれも430のホースと根本的に違う点があるんですよ。
 430のアッパーホースは、エアフロへ伸びている空気の取り入れ口がボンネット真ん中あたりまで伸びてきているので、これを逃がすために一度下へ行き、そこから横に曲がる形になっています。
 実際に外してきた430のアッパーホースがコレ。

IMG_8363.JPG

 ラジエータから出ているところから、すぐにエアフロの空気吸入パイプを交わすため、下に向かってホースが伸びているのがわかります。

 で、そこからいくと、この3つはどれも平行に伸びてるだけなんで、単純に置き換えする用途としては使えません。
 しかしこの手の流用は「つくかどうか」じゃなく、「つける」んです。

 まず、GC210用。

IMG_8342.JPG

 コレは残念ながらまったく使えません。
 まず曲がりと長さが全然足りない。
 アタッチメントで20ミリまではホースの延長はできますが、それでも相当無理なほうに力がかかりそうです。

 それに比べると、HR30用は若干マシ。

IMG_8341.JPG

 とはいえこれも微妙に曲がりが浅く、結果的に長さが足りません。
 コレしかなければコレでもいいんですけど。

 この曲がりと長さが、230/330用だとしっくりきます。
 もちろん何度も書いてる通り、下方向への逃げがないのでポン付けで綺麗に収まるわけではないです。

 次回へ続く。
posted by TAKAMI Yui at 12:14| Comment(0) | 430セドリック

2018年05月08日

メッキ磨き

 錆との戦いは430だけの専売特許ではなく、バイクでも発生します。
 特にバイクはメッキ部分ですね。
 ウインカーとかは点錆が出やすいし、マフラーも同様。さらにマフラーはそこに熱が入るので、これが一度錆びると落ちません。落とすならメッキごとはぎ取るしかない。
 しかしこれが錆びると一気にみすぼらしくなるのがメッキパーツの困ったところです。

 で、いままで様々なメッキの錆落としケミカルやらを試してみて、台所用のボンスターとかそれなりに効果があったんですが、最近はコレ。

IMG_8348.JPG

 ワコーズのメタルコンパウンドです。
 いまのところこれが一番いい。430のメッキ部分を磨くために買ったんですけど、バイク関係もコレでいけます。
 とりあえずなにはともあれ。
 うちのバイク類の中でいちばん酷いのは、スーパーカブ90のマフラー。

IMG_8353.JPG

 点錆が浮きまくってます。
 これ、買ってからあまり乗らずに青空駐車で止めておいたらこんなんなってしまいました。
 こうなってしまうともう完全には落ちません。
 まあ、いちおう新品マフラーも買ってあるんですけど、とりあえず現状なんとかしてみましょう。
 正確には昔一度なんとかしたんですけどね。

http://takamagahara.sblo.jp/article/124973488.html

 この記事。ボンスターで磨き倒して相当落としましたが、まだまだこんなもんです。
 これをメタルコンパウンドで磨いてみると、

IMG_8354.JPG

 手前が磨いたところ。
 横の磨いてないところと比べると、その違いは明らかです。
 錆が落ちるだけでなく、ちゃんと光沢が戻るんですよ。
 もちろん地金まで食ってる錆を落とすことはできないんですが、だいぶ目立たなくすることはできます。

 これはモンキーのフロントウインカー。

IMG_8349.JPG

 あまり目立ちませんが、クロームの感じが消えて、薄く点錆が浮いてます。
 これはちょっと磨いただけでこんな感じに。

IMG_8351.JPG

 見事に光を取り戻した。
 同じくモンキーのフュエルキャップ。

IMG_8350.JPG

 わかりやすく細かい錆が浮いてるし、輝きもなんだかぼんやりしてます。
 これが、

IMG_8352.JPG

 手前が磨いたところ。磨いたっていうか、ウエスにつけて数回拭いただけ、ってのが正しい。
 それでもここまで光沢がもどってきます。
 地金まで食ってなければ錆も落ちます。ブラボー。
 これを数回繰り返せば、地金まで食ってる点錆以外は全部落ちてくれるでしょう。

 メッキ用とか金属用コンパウンドはいくつも試してみましたが、これがいちばん落ちますね。
 上の写真はほんとにちょっと、せいぜい1分くらい磨いただけなんで、これ根気強くやればものすごく綺麗になるんでは、と。

 ただし欠点がひとつ。
 これ、なかなか売ってないので、手に入れようと思ってもすぐに手に入らない。
 もともとワコーズって基本的には整備工場とかにしか商品を卸してないんで、オートバックスみたいな自動車用品店とか、あるいはホームセンターとかではなかなかワコーズの商品そのものをあまり見かけません。
 フューエルワンとかの添加剤は有名になりすぎて割と自動車用品店にも置かれてたりしますが。
 わたしが住んでるエリアではいちばん大きいオートバックスの東雲店にも、このメタルコンパウンドはもちろん、ワコーズ製のオイルなんかも置いてませんでした。
 逆にちょっとこだわりのある自動車整備工場なんかでオイル交換を頼むと、自動的にワコーズのオイルが使われてることも多いです。
 とはいえいまではわざわざ店に行かないでも、アマゾンとか楽天とかみたいなネット通販である程度安価に買えるんで、そのへんはあまり関係ないかな。

 値段もピカールとかソフト99とかと比べると高いです。だいたい120グラムで1700円くらい。ピカールならこれの2倍の量入っててもこの半額くらいで買えますから。あんまり無駄遣いできないのもこの手のものではちょい痛いかな。落ちるまでガンガン使って、みたいなことやってるとあっという間に財布も軽くなってしまうので。つい楽しくなって必要以上に使いたくなるんですけど、それができないのは痛し痒しです。
 とはいえ、結局仕上がりはこっちのほうがいいんで、なんだかんだでこっちを使ってます。ピカールみたいな安い研磨剤でダメならこっち、みたいな感じで使い分けるといいのかもですね。
posted by TAKAMI Yui at 00:39| Comment(0) | ツール・ケミカル類

2018年05月07日

FRP部分の小傷を補修してみる

 Dテントむしは車体はトヨタのタウンエース/ライトエースですが、居室部分は完全にバンショップみかみで作られているものです。ボディカラー(白の下に入るストライプ部分)も好きに選べるので、わたしは薄い紫にしてもらいました。

 余談ですがこの色、Dテントむしの標準色の「ラベンダー」とも違います。あれよりはるかに薄く、イメージとしては30プリウスの薄紫からメタリックを抜いたもの、というオーダーでした。
 さらに余談ですが、Dテントむしを購入する際にこのブログを発見し、色についてこのページを参考にしたいただた方がいたとかいないとか。ということはこの紫は最低でももう一台はどっかで走ってるのかな。よくわかりませんが。

 でまあ、それはそれで楽しくていいんですが、困ったことがひとつ。
 擦ったりぶつけたりして修正する際、色をオリジナルで合わせていく必要がある、ということです。
 前部分のタウンエーストラックそのままの部分はぶつけても普通のタウンエースに使われているソリッドの白のスプレーとかをオートバックスとかで買ってくればでいいんですが、後ろの紫の部分はそれではダメです。色を調合しないといけない。
 で、困ったことに、この部分が擦りやすいんですよコレが。

 まあ、板金塗装を修理工場に出す場合、たとえ標準色でもクルマによって色が褪せていたりもするのでそれをベースにボディの現色に合わせて調色していくんですが、なかなかそれは素人には難易度が高いものです。
 素人補修ができないんですね。塗料がないから。

 で、わたしも例外ではなく、一時期とても狭い駐車場を借りていた時期があり、そのときにブロック塀にわずかに当たってしまい、リアバンパーの右側に傷ができてしまっていたんです。
 そんなに目立たないんでそのままにしていたんですが、先日店の駐車場でバックカメラの視覚に隠れていた電柱にバックで当ててしまいまして。
 バックでのスピードなんで、電柱は傷一つなかったんですが(相手が人とかクルマじゃなくて本当によかった)、バンパーは左端の部分が割れて5センチ四方くらい割れてしまい、さすがにこれは看過できないというレベルに。
 FRPなんで押される方向にはきわめて弱いんですね。

 仕方ないんで、家のそばにある自動車工場に持ち込み、修理してもらったんですが(これが預けた翌々日には終わっててびっくりした)、その際に調合した塗料を分けてもらったんですよ。
 コレをタッチペン変わりに使えば反対側も修正できるんでは、と思いまして。
 まあ、この手の塗装ってむっちゃくちゃ難しいし、430の部分塗装でも失敗してるので綺麗にはならないのはわかってますが、いまのままほっとくよりはいいでしょうということで。

 用意したものはサンドペーパー、細目コンパウンド、仕上げ用極細コンパウンド、コンパウンドシート、ラッカーシンナー。あとは適当なタオルとか。

IMG_8333.JPG

IMG_8339.JPG

 まずはサンドペーパーで傷を磨き、できるだけ平らにしてやります。
 目の粗いものから細かいものへ。全体的に平らな感じになればOKです。

IMG_8332.JPG

 そこにラッカーシンナーを吹き、一度脱脂をしてやって(ちなみにこれ、塗料が新車に近いときだと塗料を溶かす可能性があるので、使うならシリコンオフとかブレーキクリーナーのほうがいいと思います。買いに行くのが面倒だったのでコレを使っただけ)、コンパウンドシートと極細コンパウンドでさらに磨き倒します。

IMG_8334.JPG

 あんまり変わってないように見えますが、これが実際に見てみるとけっこう違うんですよ。
 そこへコレ。塗料。

IMG_8335.JPG

 ハケなんで綺麗に塗るのは無理です。いや器用な人ならできるでしょうけど。

IMG_8336.JPG

 ボコボコしてますねえ。
 でもこれでも、少し離れればわかんなくなるので、一般的にはこれでもOK。
 ダマになってるのは脱脂が足りなかった証拠なんで、綺麗にやるならもっと徹底的に脱脂してさらに平たく塗るように細かい筆を別途用意すれば大丈夫です。わたしはもう面倒なんでこれでいいやってことになった。
 これで丸一日放置し、塗料を乾燥させます。

 あとは仕上げ用コンパウンドでさらに磨き倒し、ボコボコしてる部分をなるべく平らにします。

IMG_8337.JPG

 これくらい離れてみるとよく見ないとわからんだろ。
 好みでクリアを吹いてもいいですが面倒なんでこのままです。
 ちゃんとやるなら色の境界をボカすようにシンナーで薄めてやって色の境目がわからないようにするほうが正解。

 ……これを補修と云っていいのだろうか……。
 こういうのはほんとに根気と手先の勝負なんで、やるならちゃんとやりましょうね、という話。
 まったく参考にならん記事だな。

 ちなみに(今回こればっかですが)、上の写真を見ると、リアバンパーにブツブツした気泡や割れがあるのがわかると思います。
 コレ、別にぶつけたとかいうことではなく、「勝手になってしまった」んです。
 保管状況にもよるんでしょうけど、青空駐車だとこんなもんみたい。
 下のFRPから気泡が浮いてきて、それが塗料の上に出てきてしまっているようです。
 これを直すんであれば、一度気泡が出ている部分やヒビが入っている部分を上の要領で一度完全に平らにして、上から塗料を吹く必要があります。
 こうなるともう金額が莫大になりすぎるので、あまり現実的ではありません。
 それならもうもとの色にこだわらず、自動車用のスプレーを買ってきて色そのものを変えてしまったほうがよいかもしれません。
posted by TAKAMI Yui at 12:58| Comment(0) | ツール・ケミカル類