2015年03月31日

ホンダ N-ONE Premium SSパッケージ

 実家で家族が使ってるクルマを買い替えまして、日曜日に納車。
 別の用事で実家に戻っていたので、はからずも納車日に居合わせることになりました。
 来た車種はこれ。

DSC05466.JPG

 ホンダ N-ONEです。
 プレミアムという上級グレードで、ターボが付いてないヤツ。

 もともと実家で使っていたのは二代目ヴィッツ(SCP90)でして、これは発売された日に行って契約してずっと乗ってたモノです。
 そのころに比べると、家のクルマに何人もで乗ることも少なくなってきましたし、軽自動車にしたいというハナシはずっとあったんですが、ここにきて例の軽自動車税の増税。
 どうせ変えるなら税金の安いうちがよかろうということで、2月くらいから急に動き出した感じですね。

 最初はピクシスエポックになる予定だったんですよ。
 ヴィッツを購入したトヨタディーラで買うのがいちばん手っ取り早いから……っていうと、トヨタだとエポックとスペースしかない。
 実はその前はスペースで話が進んでて、しかしいくらなんでもムーヴコンテはさすがにもう基本設計が古すぎるんじゃないかなあ、と。
 で、エポックに決まりかけてたんですが、どうせ新しくするならもっといろいろ見たほうがいいんではないかというハナシになって、ここでようやくトヨタ以外をいろいろ見始めた感じですね。
 タントみたいなハイトワゴンはあんまり好みじゃないらしく、一時期はやっぱりエポックでいいんじゃないかなみたいなハナシで落ち着きかけてたんですけど、乗用車タイプならこんなんもあるよと出したN-ONEとハスラーが急浮上、結果N-ONEに……と実に波乱万丈です。

 イマドキの軽自動車ってぜんぜん安くなくて、これもナビだとかなんだとかいろいろ付いてるとはいえ、支払い額は160万円以上です。もういい加減、軽自動車=安いというイメージは捨てたほうがいいんではないかなと改めて思いますね。
 それこそヴィッツやフィットのようなコンパクトカーのほうがよっぽど安いです。
 維持費が安いとはいえ、普通車との差額を埋めるには相当長い間乗らないと、というレベルの差になりつつありますし。
「なんでこんな小さいクルマがこんなに高いんだ!」と思っていたんですが、よくよく考えてみれば、小さいところに普通車以上の機能性を盛り込もうとするとギミックや工夫が必要になるわけで、だからこそ普通車より高いのかもしれませんね。

 実際、車体が小さいことによる絶対的な狭さってのはどうにもなりません。
 なんですが、背が高いので頭上スペースがあり、それによって広々してる感じはありますし、足元もものすごく広いです。
 これはもう、小さい枠で工夫しなければならない軽自動車というモノに対してメーカが向き合ってきた結果なんでしょう。
 ただ、明らかに後部座席の座面の長さは不足気味です。これは長距離乗ると地味にきいてくるかも。
 ホンダのNシリーズの場合、フィットのように座面をハネ上げることができるので、これの影響もあるのかもしれませんが。

DSC05470.JPG

 運転席は普通の軽自動車サイズというか、まあ、普通に使えて、特にゆったりもしてないけど狭くもない感じってんですか。
 ベンチシートなのでサイドスルーができる一方、シートのサポート性は皆無です。
 肘置きを出すことができますが、これを出してもまあそれなり。
 とはいえ、コーナーを攻めるような走行をしなければあんまり関係ないです。
 普段使いではこっちのほうが圧倒的に便利だし、狭さを感じないと思います。

 外から見た感じは、いわゆるネオレトロではあるものの、モチーフがあるけどそのモチーフをコピーしたわけではない感じがいいんではないかな。
 N360のリメイクということだそうですが、実際にN360の写真を並べてみてもまったく似てないんですよ。
 背が高いからっていうのもあると思いますが、そもそも根本的にグリルあたりのデザインがぜんぜんちがう。
「なんかN360とか初代ライフってこんな感じだったよなあ、それを今風に直すならこんな感じか」って、想像で線を引いたようなテーストってんですかね。
 結果として、ただの焼き直しではない、なんとなく新しい感じになったんじゃないかと。

 後ろから見ると、フロントに比べたらまだN360テーストがあるかな。
 N360ってよりも、昔の360cc時代の軽自動車っぽいってんですか。

DSC05467.JPG

 おそらくテールランプをガーニッシュとかで横長デザインにするデザインではなく、さらに最近のハイトワゴンに多い縦に長くするんでもないからなんでしょう。
 それこそミライースとかのどちらかというと安価な軽自動車に多いデザインなんでしょうけど、このクルマはそのあたりがうまくデザインされてる感があります。
 実はこのクルマ、個人的にはこの後ろから見たデザインがいちばん気に入っています。

 運転してみると、1トンちかい車重にノンターボのエンジン、さらにスリップロスのあるCVTでどんなもんだと思っていたんですが、まあ、少なくとも街中を60キロくらいのペースで流すには十分です。
 ただ、やっぱり加速時や60キロ程度の巡航時にはかなりエンジンが唸りますし、俊敏に走るというイメージもありません。
 それなりに広い室内でゆったり移動する、という感じですね。
 ターボでも音がやかましいのはそんなに変わらないので、どうしてもターボが欲しいと思うときは高速道路の追い越しとか合流みたいな、一気に速度をのせるときくらいでしょう。

 N-ONEにはこのプレミアムの下にGというグレードがあって、実はそれでも内装等の装備面はそれほど大きくは違わないんですよ。
 なんですけど、このGグレードはフロントにスタビライザがつかないんですね。
 スタビライザはやっぱりあったほうがいいかな。

 装備面や内装なんかはほんとによくできてて、ぱっと見たら下手な高級車顔負けです。
 少なくとも一昔前のクラウンとかと比べたら、圧倒的にこっちのほうが高く見える(実際に高いかどうかは別として)んじゃないかな。

DSC05461.JPG

 このメータ回りとか。
 CVTにタコメータが要るのかみたいなハナシはないではないですけど、まあそれはそれ。

 シフトレバー回りはこんな感じです。

DSC05462.JPG

 CVTなので、Dレンジの下はLレンジしかありません。
 ターボモデルにはパドルシフトとSレンジが付きますが、必要あるかと云われるとよくわかりません。

 上の走行性能のハナシとちょっと関わってきますが、このCVTはけっこうよくできてます。
 もちろん構造的な問題として、アクセルとスピードとエンジンの回転数がバラバラな感じはどうしてもありますが、ヴィッツのそれと比べるとすごくましというか。
 踏んで加速するときのストレスはそんなにありません。
 全開時にはちょっともたつきますし、やはり回転数が先に行く感じはどうしてもありますが。

 エアコンなんかオートエアコンです。
 マニュアルエアコンでも困らないんでしょうけど、このあたりはさすがに高いだけある感じ。
 SSスペシャルなので、エンジンのオンオフに連動して動く電動格納ミラーが付いてます。

 そして、最近のクルマだなあと思ったのはここ。

DSC05463.JPG

 ナビのオプションのUSBケーブルを付けたのですが、これがこんなところにビルトインされています。
 これにiPhoneとかをUSBケーブルでつなぐと、オーディオはちゃんと聴けますし、もちろん曲名やカバーアートも表示されます。
 ダッシュボード内にコードがぶら下がってるだけなのかと思ったんですが、このあたりはやっぱりちゃんとしてますね。
 USBソケットの左右のスイッチは、これまたSSパッケージでついてきたシートヒータ。
 ……なんでシートヒータ?
 冬場に暖房がきくまでは確かに便利だと思いますが、別にオープンカーとかじゃないし、あんまり使わない気がするなあ。

 3人くらいで乗って買い物に行くとか、あるいはちょっと遠出するみたいな乗り方をするんなら、もうこれで十分だなあと。
 ミライースみたいなクルマだと、どうしても「ちょっと遠出」が億劫になる(かわりに、近所の足としてはコスト面ではかなり優秀だと思います)かなあという印象でしたが、これならその「ちょっとドライブ」もこなせてしまうんじゃないかな。
 単に買い物の足としてだけ使うにはちょっと贅沢かも。

 しかしこのクルマで一番感動したのは、HIDライトの明るさ。
 純正HIDの能力が高いのは当たり前なのかもしれませんが、ハロゲンライトとは比べるべくもないのはもちろん、後付けHIDではやはりこの明るさは出せないでしょう。
 以前乗ってたBMWも純正HIDでしたが、これはまだ普及し始めた当初だってこともあったかそんなに劇的に明るいわけではなかったと思います。
 さすがに進化を感じますねえ。

 実家のクルマなんでわたしが乗ることはあんまりないと思いますが。
 最近の軽自動車は高い、というのがなんかわかる感じがあります。
posted by TAKAMI Yui at 16:41| Comment(0) | 試乗

2015年03月30日

モーターサイクルショー2015

 土曜日に、お台場でやってたモーターサイクルショーに行ってきまして。

 文字通り、バイクのみのモーターショーです。
 東京ビックサイトの西ホールと西駐車場を使ってやる結構な規模。
 ホンダとかカワサキとかのメーカーはもちろん、モリワキみたいなパーツ製造、カスタムショップ、雑誌社など、バイク関係が揃ってる印象ですね。

 日曜は雨が降るかもという予報が出てたので土曜日に。
 ひと冬あけて、CBの本年走り初めになりました。
 バッテリはずっと外して室内で充電してあったのでこちらはOK。
 少しぐずっただけですぐにエンジンがかかりました。
 このあたりのつくりのよさはさすがホンダですね。

 東京ビックサイトまでは下道。
 久しぶりに乗ると、やっぱり単車はとても心地よいです。
 こういう寒くもなく暑くもない時期がいちばんバイク向きですね。
 花粉にやられると大変なことになりますが。

 さすがにバイクのイベントだけあって、駐車場の割合に比べて駐輪場の割合が多いこと多いこと。
 相対的に駐車場は少なくなるので駐車場待ちの列ができてましたが、バイクはするするっと入れます。
 わたしが入れたのは、西館屋上。
 はたしてこの規模ですよ。

067.JPG

 ずらーっとバイクの列。
 なかなか貴重な光景です。
 云うまでもなく、旧車や外車も含めて希少車が多いのがまた特徴。
 完全に趣味の集まりですね。
 ある意味駐輪場がいちばん面白いかもしれん。

068.JPG

 で、中へ。
 入場料1600円となかなか強気な設定なんですが、それでもそれなりの賑わい。
 若い人も多くて、こんだけ熱心な人がいてどうしてバイク業界は不況なんだろうと思ってしまうくらい。

DSC05447.JPG

 特に何が見たいというのがあったわけではなかったので、ふらふらと歩きまわってみました。
 いつにもまして大型クラスが増えているような。
 とはいえ、最近ラインナップが充実してきている250〜400クラスのスポーツバイクはけっこう充実してる感じ。

DSC05448.JPG

 この単気筒ニンジャはおもしろそうだなあ。

 まあ、カワサキの店に行けば割と普通に置いてある気もしますが。
 同クラスのいろんな車種を一気に見られるのはいいかもしれません。
 あとはもう、なかなか展示してないしこんなの自分じゃ買えないよ!っていう高級車。

072.JPG

 ゴールドウイングとか。
 もうここまで来るとバイクって感じじゃないですね。
 ここまで来ると、かなり気合入れて乗らないと乗る気にならないような気もします。
 そして、こういう高級大型バイクを外に出し、中のいちばんいいところにあるのがモデルチェンジしたばかりのタクトです。
 確かに原付スクータは売れ筋なんだろうけど、下手すれば自転車屋にも置いてある原付スクータを一等地に配置するあたり、なかなかイキなことをするホンダ。

 バイクを買いたい人が見に来るっていうよりも、ほんとにモーターショーみたいなもので、「こんなモデルがあります」というラインナップを紹介するとかコンセプトモデルを紹介するとか、なんかそういうノリですね。

 しかし改めて思うのは、クルマよりもエンジンむき出しの鉄っぽさというか武骨さみたいなものがバイクの魅力のひとつだと思うんですが、最近のバイクはその鉄っぽさを消す方向に行ってるんですね。
 スクータなんかは云わずもがなですが、またがり式のバイクもカウル付きのツアラーが増えてますし。
 まあ、それはそれでひとつの魅力でしょうからいいんではないかと思います。女性が乗ったときはきっといまのカウル付きのやつのほうが統一感があるんじゃないかな。
 昔の鉄っぽいバイクに女性がまたがってるっていう違和感みたいなものも捨てがたいですけどね。
posted by TAKAMI Yui at 15:42| Comment(0) | バイク