2015年05月12日

ツインリンクもてぎ ホンダコレクションホール

 GW二日目も仕事というか取材。

 用事は夜からだったんですが、高速道路が混むのはわかってたので、ちと早めに出発。
 今日の目的地は栃木県真岡です。
 そしたらぜんぜん渋滞ないでやんの。まったく綺麗に流れて、東北道から北関東道真岡インターへ。2時間半くらいでついてしまいました。

 で、夜まで時間をつぶすのに行ったのがここ。

DSC05595.JPG

 サーキットであるツインリンクもてぎにある、ホンダコレクションホールです。
 ツインリンクもてぎはホンダのグループ会社が経営しているということで、こういう施設があるんですね。
 昔から一度行ってみたいなあと思ってはいたんですが、なかなか行く機会もなく。
 GWまっただ中だったものの、さすがにわざわざ休みに家族でサーキットに行こうという人がそれほど多いわけでもないようですね。
 そりゃそうか。けっこう面白いんだけどなあ。

 でで、コレクションホール。
 中は文字通り、二輪・四輪両方のホンダ車(と、二輪に限ってはわずかに他社のもの)が展示してあります。
 基本的に現行のものや比較的新しいものより、古いもの(それこそ1970年代以前)の割合が多い感じですね。

DSC05597.JPG

 二階はまず市販車。
 階段を上がって右側が二輪、左側が四輪になっています。
 まずは二輪。入り口入ってすぐにあるのはCB750Fourとスーパーカブという、やっぱり ホンダといえばこの二台が看板なんですなあ。

DSC05604.JPG

 自転車のリアにエンジンをくっつけた、スーパーカブの前身であるカブ号とかも展示されています。

DSC05605.JPG

 この角度のほうがわかりやすいかな。
 たぶんいまどきの軽量スポーツ自転車のほうが圧倒的にスピードは出るんでしょうね。
 でも、いまに続くカブの血統はここから始まったわけです。

DSC05611.JPG

 もちろん原付バイクであるスーパーカブも展示されてますが、新しい型はあんまり置いてません。わたしが乗ってるカタチのもなければ、もちろん現行モデルなんか影も形もない。
 このへん割り切ってる感じがありますね。

DSC05607.JPG

 憧れのCBX1000ももちろんあって、エンジンからマフラーまでピッカピカ。
 羨ましい。
 いまいちばん欲しいバイクがコレなんですけど、コレを買ってしまったらもう一生メインバイクは買い変えないっていうか、そんな気がします。
 逆にいえば、これ買っちゃえばもうバイクを買うってことを意識しなくていいってことなんですが。

DSC05610.JPG

 四輪のほうも、やっぱり古いクルマが多いです。

DSC05621.JPG

 とはいえ、S600とかはともかく、N360とかステップバンあたりをこんな間近で見られることはあんまりないでしょうから、これはこれで貴重かもしれない。
 改めて、小さい車体にちゃんと四人が座れそうな車体を見るとすごいなあと思います。

 四輪はなぜか妙にシティ(初代)が多いのが不思議。エポックメイキングなクルマではあったんでしょうけど。
 通常のモデルが2台(1台はモトコンポ付き)、カブリオレが1台で3台ありました。

 珍しいところでは、アコードエアロデッキとか。

DSC05617.JPG

 これ昔欲しかったんですよね。
 いま出したら売れるなんてことは云いませんが、ハッチバック車のような生活感が薄い、2ドアステーションワゴンってすごくいいと思います。
 あと、リアガラスまわりの処理がすごく素敵。

DSC05618.JPG

 この少し上までガラスになってるのがいいんですよ。
 ルノーのカングービボップもここがすごくよかった。

 そして、このあたりは比較的新しい感じですね。

DSC05619.JPG

 とはいえ、もう15年以上前ですけども。
 おそらくここにある一番新しいのがこのあたりの年代です。
 あ、1階に展示されてるFCXクラリティが一番新しいか。

 その上のフロアはレーシングカーとレース用バイクです。
 レース用バイクといっても、マン島とかMotoGPとかそういうのだけじゃなくて(もちろんそういうのもあります)、パリダカールラリーを走ったオフロードバイクとか、トライアルに使われたトライアルバイクとかもあったりするのが面白いところ。
 あんまりこの手の二輪レースに詳しくないのであれですが。

 四輪のほうもやっぱりレースづくし。
 GT選手権を走ってたNSXがたくさんと、珍しいところでは、懐かしのJTCCを走ったアコードとか。

DSC05623.JPG

 こんな近くでこのアコードを見たのははじめてだったんですけど、これほんとにベースは普通のアコードなんですね。
 もちろん強化されてるでしょうし、中身はまったく別なんでしょうけど、SUPER GTとかを走ってるクルマほどに元がなくなってるわけではないのが面白い。
 内装も、おそらくエンジンの置き場所の関係か運転席が気持ち真ん中に寄ってますが、エアコンの吹き出し口とかがそのまま残ってて結構面白いです。

 ホンダと云えばF1ってなわけで、F1マシンもたくさんあります……が、わたし正直あんまりF1ってわかんないんですよ。
 アイルトン・セナが現役で走ってた、F1がいちばん熱い時期に中学生とかで、さらにその当時からクルマ大好きだったにも関わらず、あんまり興味がなかったんですね。
 なんていうか、もっとハコ車というか、クルマっぽいデザインのクルマがレースをするほうが好きだったんですよ。
 なんで、わたしはほとんどF1の知識は皆無なんですが。

IMG_3596.JPG

 コレはちょっと思い出があります。
 というか、わたしの世代の男の子なら、たぶんほとんどがそうなんじゃないかと思いますが。

 わたしが小学校中学校くらいの頃ってのは、『ドラゴンボール』とかで「少年ジャンプ」がすごく元気だったんですよね。
 いや、「ジャンプ」は今も元気ですけど、600万部とか売れてた時期で、いまとは比較にならない規模だったんですよ。クラスみんながジャンプ読んでたといっても過言でないくらい。
 で、その少年ジャンプが、F1マシン……それも当時最強だった、セナが乗るマクラーレンホンダのマシンのスポンサーに入り、「ジャンプ」のロゴがF1マシンに入るってハナシがあって、それに小学生たちが浮足立ったんですよ。
 当時、こういう漫画のロゴがF1みたいなメジャースポーツに入るなんてのは稀で、自分たちのテリトリである「ジャンプ」という漫画雑誌が、F1という大人の世界に入るということに、当時の子どもたちは非常に興奮したわけです。もしかしたらテレビのF1中継で「ジャンプ」のロゴが見られるんじゃないかと。
 ……ところが、蓋を開けてみたら、肝心のロゴは確かにあったんだけど、すごく小さい。ものすごく小さい。フロントノーズに親指くらいのサイズがあるだけで、その写真は「ジャンプ」に誇らしげに掲載されたものの、テレビのF1中継なんかじゃ小さすぎて映らないわけですよ。
 まあ、F1のスポンサーなんて何千万円とかいう規模でしょうし、いくら当時のジャンプとはいえ、遠くから見えるほどの大きさのロゴを貼れるほどの金額は用意できなかったんでしょうかね。
 当時の「ジャンプ」の投稿コーナだった「ジャンプ放送局」でも、このロゴが小さいってことがネタになったりもしてたんで、まあ、いろんな意味で話題性は高いモノだったわけです。

 ……という思い出話があり、まあその、ロゴにがっかりした一人だったわけで。
 それがこの目の前にあるってことは、

IMG_3597.JPG

 このロゴが実際に見られるってことなわけです。
 ある意味何十年来の願望だったかもしれない。そこまでじゃないか。

 屋外のショートコースでは、「お父さんたちがデートしたときに乗ってたクルマとバイクを実際に走らせる」みたいな企画が。
 要するに、GWで子どももおおいから、その子たちのお父さんがどんなクルマやバイクに乗ってたか、みたいなモノ。
 用意されたのは、CB92ベンリィスポーツ、N360、CB750F、初代プレリュード。
 なるほど、ある程度世代を網羅してるのね。
 しかし、CB92なんてわたしくらいの父親が乗ってておかしくない年代なんでは。
 まあ、子どもたちのお父さんのお父さんが乗ってた、ってことか。

 ただの展示じゃなく、実際に走ってるのを見られるってのは面白いですね。動態保存されてる展示場ならでは。
 実際に走ってるとこを見ると、N360、すごいロール。

DSC05638.JPG

 そしてすごい音。
 バサバサバサっていうビートルみたいな空冷のエンジン音ですね。素晴らしい。
 それに比べると、後から走ったプレリュードの静かなこと。

 そんなこんなで、コレクションホール自体はそんなに劇的に広いわけではないんですが、結構楽しめてしまいます。
 終わった後もサーキット内をぶらぶらと。子どもがえらいはしゃいでおりました。
 場内の食べ物がそんなに高くないのもいいですね。安くはないですが。

 で、この日は同じくらいの時間だったにも関わらず、なぜかほとんど渋滞もなくするするっと帰れてしまいました。
 うーん、一日ずらすだけでこんなに違うものか。

DSC05645.JPG
posted by TAKAMI Yui at 19:08| Comment(0) | 旅行

2015年05月11日

常磐道〜国道6号の傷跡

 ゴールデンウイーク。
 なんとはなしに仕事というか取材が入っていたので、それついでにちと旅行みたいな。
 もともと10キロの渋滞に並ぶくらいなら100キロ走ったほうがいいという渋滞嫌いなので、あんまりGWに旅行するということはなかったんですけどね。
 まあ、仕方ありますまい。

 一日目は仙台空港まで。

IMG_3579.JPG

 仕事もあったんですけど、電車でなくクルマで行ったのは、新規開通した常磐道を走ってみたかったからってのもあったんですが。
 昼前に出て、三郷あたりが若干混んでいたものの、千葉県を半分くらいすぎるとするするっと行ってしまいます。

 新規開通した常磐道の常磐富岡以北は、確かに道路が新しくてすごく走りいい感じ。
 なんですけど、片側相互通行なのであんまりペースは上がらないですね。
 あと、道の端々に放射線量の表示板があるのがなんか生々しいです(この写真は帰りに広野の料金所で撮ったもの)。

DSC05592.JPG

 高速道路から下が見えるんですが、除染で出た土だと思われる黒い袋が、長いこと使われてない感じの田んぼなんかに大量に積んであるのもまた生々しいです。
 家とか商店とか工場なんかも、明らかに使われてないっぽいところがすごく多いんですよね。
 当たり前なんですが、常磐道が全通したとはいえ、まだまだ終わってないのがわかります。
 トイレに立ち寄ったならはPAのトイレにも、放射線情報が。

IMG_3578.JPG

 ところで当たり前ですが、見てわかる通り、他の地区に比べると、浪江あたりの放射線量が頭ひとつ抜けて高いです。
 ほかは0.2μSv/hとかなのに、ここだけ一気に5.6μSv/h。
 長居しなければ影響はないかもしれませんが、気にするひとはやはりちと気になる数字なんでは。

 で、仙台空港まで行ってちと仕事して、そのまま折り返し。
 震災直後にもいちどこのあたりは来ているんですが、あのときはほんとにがらっとしてて、レンタカー屋の看板が折れ曲がっててその奥におそらく空港に停まってたのであろう車が廃車になっておかれていただだっぴろい野原だったところも、ちゃんとレンタカー屋になってたり。
 これが4年という時間なんですかね。

IMG_3581.JPG

 給油してから高速道路に乗ろうとしたら、入り口が見つからずにそのままなんとなく南下してたら、なんか高速道路に入るのも面倒になり、下道で行けるとこまで行ってみることにしました。

 宮城から福島に入り、原ノ町駅にて。

IMG_3582.JPG

 上野行きのスーパーひたち。651系という車両なんだそうです。
 わたしはあんまり鉄道趣味がないのであれでして、逆に鉄道が好きな人には有名らしいんですが、このスーパーひたちは震災当日、上野から仙台まで行き、その折り返し準備中だったらしいんですね。
 だから、ちょっと見づらいですが、行き先表示は「上野」になっています。

DSC05583.JPG

 ところが、あの地震が起き、津波で常磐線の線路が流され、さらに追い打ちのように原発事故が起きて、まったく復旧のめどが立たなくなってしまったと。
 常磐線が通れないと、東北本線を経由して上野まで送り返すしかないんですが、このスーパーひたちの車両は古くて、そこまでコストをかけて上野まで運ぶほどの理由はないんだそうです。
 なので廃車にもならず(できず)、運用することもできずここにとどまっていると。
 この「上野」表示は、4年前の3月11日でずっと止まってるということだそうです。
 まったく手入れがされていないであろう汚れた車体がすごく生々しいというか。
 夕暮れの中、上野方面に思いを馳せながら佇んでる感じが、なんか妙に切ない。
 これが再び上野駅に入線する日が来ることを願ってます。ほんとに。

DSC05582.JPG

 そのままさらに南下。
 ちょっと迷ったんですが、そのまま国道6号線を通過することに。
 高速道路を通ってもあまり安全度ではかわらないですし。

 あたりはもう真っ暗で、6号線への道はほとんどほかに車がいません。
 バイクとか歩行者の通行は禁止されてるので、ほんとに人気がない。
 帰宅困難区域のかなり手前から、家や店には光がありません。
 ほんとに人の気配がないんですよ。
 国道は普通に走れるんですが、国道から折れて行く道はほとんどが通行止めです。
 高速道路のインターへ繋がる道も封鎖されてるので、ほんとにまっすぐ行くしかない。

 帰宅困難区域内はいわずもがなで、ほんとに真っ暗。
 時折、他車やパトカーとすれ違いますが、それだけです。
 町があるのに町の明かりがないという、そんな感じ。
「福島第一原子力発電所」という案内板がまだ当たり前のように建っていて、それなんかも本当に生々しいです。
 ドラレコから抜いたものなのでちと見づらい。

DSC055912.jpg

 どっと疲れたので、広野から高速道路に乗った……ら、まあ見事な大渋滞。
 ちょうど帰省の時間帯にぶつかってしまったんですね。
 友部JCTとつくばJCTがびっしりで、多少SAで時間つぶしてけば空くだろうと思ったら、夜中になってもまったく渋滞が減らないんですね。
 仕方ないんで結局渋滞に巻き込まれてきました。

DSC05593.JPG

 渋滞前最後の友部SAでなにか食べようにも、食券を買う列が大行列だし、じゃあなんかもっと小さい別のPAとかで特徴のないラーメンでも食べるかと思っても今度はこっちは完全に店じまい。
 まあ、そういう状況だからこそ開いてるSA(友部SA)の食堂に集中するわけですね。
 せめて混雑時間くらい、もうちょっとほかのPAの店を開けてもいいんではと思った次第。
 結局なにも食べずに渋滞に突撃し、日付が変わってからようやく家に帰りつきました。
 ……GW恐るべし。
posted by TAKAMI Yui at 19:59| Comment(2) | 旅行

2015年05月08日

走行距離70000キロ

70000キロ達成。

unnamed.jpg

うーん、ここにきてペースゆっくり。
posted by TAKAMI Yui at 16:53| Comment(0) | Dテントむし

2015年05月01日

テールランプ不良修理

 先日書いた、Dのコネクタ腐食問題。
 とりあえず、車底部のコネクタを撮影してみました。
 場所は車底部のリア部分、テールランプのすぐ後ろくらいです。
 手元にあった、テントむしのミニカーで云うとこのあたり。

036.jpg

 で、こんな感じです。 

029.JPG

 iPhoneなのでちょっと見づらい……。

 こちら(左側)がもともとついていたコネクタそのまま。
 これが車底部にぶら下がるような形でついていました。
 このコネクタ自体は防水ではないので、水がかかると中に侵入してしまいます。
 これが車底部にむき出しでついているので、リアタイヤがはねあげた水や融雪剤がそのままかかってしまうわけですね。
 現在は可能な限り水がかからないよう、フレームの裏側になるようにして、さらにタイラップでとめてあります。

 反対側の完全にコネクタが腐食してテールランプがつかなくなってしまった右側はこちら。
 これはギボシで接続し、フレームにタイラップで巻いて固定して、水がなるべくかからないようにしてあります。

031.JPG

 そして今でも点いたり点かなかったりするナンバー燈はこちら。

032.JPG

 この写真だと向かって右側、車体では左側になるのがナンバー燈のマイナスアースなのですが、このアース線の接触が錆びでかなり悪くなってしまっているんですね。
 接点を磨き、無理矢理ネジを締めこんでなんとかついてはおりますが、やっぱり水がかかるのはおそらく変わらないでしょう。

 さて、どうしたものか。
 防錆スプレーとかをかけておけば多少はましになるかな。
posted by TAKAMI Yui at 13:42| Comment(0) | Dテントむし