2016年12月02日

(6)ファンベルトの張り

 とりあえず「症状が出ないのでわからん」になると困るので、なるべくあのときの状況を再現できるよう、電気をなるべく使いながら日産ディーラへ向かいます。
 昼間なのにヘッドライトを点け、ヒータを入れてついでにラジオもON。
 心配する必要ないってくらい見事にベルトは鳴きまくり、道行く人が何事かと振り返るくらいの音になっておりました。
 これなら安心だ。安心じゃないけどな。
 ハチマルミーティングの日は暗かったのと雨で確認できないままだったんですが、日産の駐車場でメカニックの人と一緒にボンネットを開けて確認してみたところ、ファンベルトはまあ見事にゆるゆるになっておりました。
 これならすぐ調整できるでしょう、ということで、その場でドッグ入り。
 一時間ほどで戻ってきて、無事ファンベルトはちゃんと張られ、さっきと同じように電気を使っても音はならなくなりました。
 どうやら、前にベルトを変えてもらった工場で、ファンベルトの張りを調整するのにオルタネータを動かしてボルトで留めるんですが、そのボルトの締め方がゆるく、しばらく(っても数十キロくらいしか走ってないけど)走ってるうちにオルタネータが動いてしまい、結果としてファンベルトがゆるくなってしまった……と、まあ、そういうことらしく。

 あえて上で工場の名前を出さなかったのはそのためなんですけど、けっこうこの工場では日産ディーラのことを辛辣に云ってたんですよ。
 要は部品がないからやりたくなくてごまかしたんじゃないかとか。
 けっこう旧車にも強いです!みたいなことが売りっぽかったので持っていったんですが、「症状も出ないしそもそも症状が出ても部品がないから治らないねえ」というそれじゃディーラと同じじゃん!みたいな対応でちょっと「?」だったんですけど、逆に日産ディーラの人はこの工場の人を責めるでもなく、「ちょっと締め方が緩かったみたいですねえ」みたいな感じで、なんかこう同業者を悪く云わないのがとてもいいなあと思ったんですよ。
 あと、やっぱりディーラだからパーツがないと直せないんですけど、それでも部品を探してくれたり、いざというときはリビルドとかできるかどうかわからないけどこういうふうにしてみましょうみたいな提案もしてくれる。
 このメカニックの方がなんかとても好感度が高くて、基本的にこのディーラに持っていき、どうしてもどうにもならないところはどっか旧車に強い工場を探してみよう、という感じになってきました。
posted by TAKAMI Yui at 00:31| Comment(0) | 430セドリック