2017年04月19日

おや?

 前回の続き。
 エンジン交換が終わり、無事に走れるようになった430セドリック。
 で、受け取るときに聞いた、シティーオートさんのメカニックさんからの驚くべき言葉。

「マニホールドのガスケット、表裏が逆についてましたよ」

 なんですと!?

 これがブローしたエンジンについてたマニホールドのガスケット。

IMG_7057.JPG

 よく見るとわかるんですけど、焼ける方向が逆です。
 写真は撮ってこなかったんですが、ガスケットとして潰れて排気漏れを防ぐべき金属部分がまったく潰れておらず、ガスケットとしての役割を果たしてませんでした。

 ここにも書いた通り、マニホールドのガスケットは、燃料ポンプ等を交換してもらうとき、ほかの部分とあわせてまとめて日産ディーラーで交換してもらったものです。
 純正部品がもう出ないので社外品を持ちこんでやってもらったんですが、基本的な構造は純正部品と変わらないハズ。強化品とかではないですからね。
 つまり、日産ディーラーのメカニックがコレを逆に付けてた、ということ。

 そしてもう1点。
 こちらはまあ、古いエンジンなんですぐに見られる資料もないでしょうし、仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが。
 エンジンブローした日に同じ日産ディーラーで行ったオイルとLLC交換をしたときの伝票です。
 使っているオイルはSN級5W-30ですね。

IMG_7070.JPG

 そしてこれがL20ターボチャージャー整備要綱書の記述。

IMG_7072.JPG

「指定オイルはSD、SE級で10W-30以上。SC級および5W-30以下のオイルは使用不可」。
 ……うん?

 ま、当時よりもオイルの性能は上がっているので、同じ粘度でも性能自体は上がっているのかもしれませんが。
 どのエンジンにどの粘度のオイルを入れるかみたいな、こういうのって作業前にチェックしないもんなのかなあ。それとも基本的にこういうものなのかしら。
 まあ、これについてはこちらも交換時10W-30以上で、という指定をしなかったのもいけなかったのかもしれませんが、そのへんはディーラーだからわかってるか、わかってなくても調べるだろーって思うもんなあ。
 さすがにこれが原因でブローしたわけではないんでしょうけど、なんだかちょいとモヤモヤしないでもない。
 このディーラにもいろいろやってもらってはいるものの、やはり餅は餅屋、旧車は旧車屋なところは大きいんですかね。

 そもそもオイル交換くらい自分でやれってハナシか。んでも、廃油処理を考えると結局やってもらってもあんまりかわんなくなっちゃうんだよなあ。
posted by TAKAMI Yui at 00:47| Comment(0) | 430セドリック