2017年04月20日

走らせてみて

 慣らしがてら、ちょっとしばらく走ってみました。

 実際に走らせてみると、エンジンが約10万キロ走ったものから5万キロのものに変わり、ピストン洗浄やガスケット類交換によって密閉性が高まり、結果として劇的にパワーが上がった……などということは一切なく、乗った感じはまったく変わりません。当たり前ですね。そんな体感できるほど変わるわきゃない。

 とりあえず、走った後もエンジンブロー時のようなLLCの吹きこぼれもなく、まったく正常に動いています。その面ではとりあえずは一安心かな。
 あ、でも一点、気持ちターボの音が大きくなったような気がします。前はこんなに聞こえてたかなあ?と思うんですが、前が単にエンジン音がやかましかっただけかもしれん。ニュートラルでアクセルを開けても聞こえないんで、エンジンからの異音ではなくタービンの音だと思われます。
 2000回転くらいから「ヒューン」という例の音がだんだん大きくなって、エンジンの音にかき消される3000回転くらいまではいかにもターボ!という音が車内に聞こえるのですが、そこはノーマルのL型、回転はもっさりしていて回転にリニアさはまったくありません。ま、ターボっていってもコンマ4とかですからね、ターボがきいたところからドンとパワーが出るとかいうのもないです。ごくごく普通。
 とはいえ、現在は腰上OH後ということでなるべく回さず、上限を3000回転と決めているのですが、それでも5速120キロくらいの速度は出ますので、実用域では困ることはないです。
 あ、あと故障したフュエルダンパを取り去ったせいで燃料ポンプの音がうるさいです。こりゃ仕方ない。

 今回のエンジンブローで学んだことは、なんだかんだ云っても30年以上前のクルマなんだなあ、という当たり前のことでした。
 やっぱり調子に乗って回し過ぎたり飛ばしすぎたりしてはいかんとか、なんかちょっとでも前兆があったらちゃんと調べてもらったほうがいいとか。
 現行のクルマなら130キロとかでずっと走り続けてもそんなにストレスはないでしょうけど、30年以上が経過したエンジン類にはそれはちょっと酷だってことですね。かえすがえすも当たり前なんですけども。
 あとは、現行のクルマやちょっと古い(10年前くらいかな)クルマなんかだと、「メンテナンスはディーラーに頼んでおけば、値段は高いけどとりあえずOK。値段が高いのがイヤなら街の修理工場とかに持っていくべし」みたいなことは多くて、だからこそ「ディーラーでの整備記録簿付き」ってのは中古車市場(特に外車)ではそれがウリになることもあるわけですが、さすがにこの年代になっちゃうと、ディーラーに頼んでもディーラーのメカニックさんが今のクルマと同じ感じで整備しちゃうと、先のガスケットやオイルの件みたいなことが起こるわけですよ。
 となると、前にも書いた通り「ちゃんと旧車が見られる工場」を探すのがなにより先決になってくるわけで、わたしのように別段整備とかの技術がない人間が旧車を持つには、「面倒を見てもらえる場所や人」との付き合いは必須ですね。修理したくても供給が終わってる部品も多いですから、そういう工場ではそういった部品が手配できるツテや部品取り車を持ってることも多くて、それはもうディーラーでカネを積んでも手に入らないものだったりしますから。
 もちろんなるべくなら家の近くにあるほうがいいわけなんですけど、なかなかそうもいかないのが現状ではあります。わたしの場合、今回は群馬のシティーオートさんにお任せして、修理の面ではとても助けられましたが、たとえばちょっとオイル交換しようって東京から群馬まで行くのはなかなか大変だったりもするわけです。
 幸いにして、日産L型エンジンというのは旧車の世界ではメジャーというか、スカイラインをはじめとする人気のある車種に積まれていた上に製造期間が長かったので、「意外となんとかなる」ことも多いですが、これがちょっとマイナーなエンジンになってくると、もはやディーラーや旧車の工場でもちょっと無理ってなことになりかねませんから、「その車種を見られるツテ」は必須でしょう。それが無理なら自分で勉強したうえで機材や工具を揃えて、すべて自分でやるよりないわけですから。

 ……書けば書くほどあたりまえのことだな。
posted by TAKAMI Yui at 20:45| Comment(0) | 430セドリック