2017年05月12日

コーナーポールを外す

 買ったときからついていたコーナーポール。
 別にカッコ悪いとかそういうのは特になんとも思っていなかったんですが(そして逆にこれが役に立つこともなかったんですが)、ひとつ困ったことがありまして。
 このセドリックは基本的に青空駐車なので、ボディカバーをかけて置いてあるんですが、このボディカバーがどうもしっくりこないんですね。
 そうでなくてもフェンダーミラーなので、今時のクルマ用のものだと少し前が膨らんでしまうんですが、さらにコーナーポールが左前につきだしてると、これがすごく邪魔なんですよ。
 最初は5ナンバーフルサイズ用、つまりこのクルマに本来ぴったり合うものを使っていたんですが、コーナーポールに無理やりかぶせてバンパーの下のエプロンまで引っ張ってたら、コーナーポールのところに穴があいてしまいました。
 仕方なく1サイズ上のものを買い直したんですが、これでもコーナーポールのぶんがぎりぎりまで突っ張ってしまうので、またいつ穴があいてもおかしくない状況です。

 ……実は以前、前のボディカバーに穴があく前に、さすがにこりゃいつか穴があくなと思って外そうと思ったことがあったんですが、電源コードがあったのと、土台部分がバンパーの内側からのボルト付けになっていて、バンパーを外さないと外れないな、ということに気づき、それはさすがにめんどくさい……というわけで放置された結果、ボディカバー一枚を無駄にすることになったわけです。

 とはいえさすがにどうかと思ったので、なんとかバンパーを外さずに外せないもんかとよく見てみたら、どうやら+の線はポジションライトへ行っている線から分岐タップで取ってるだけっぽい。
 これはさすがに老朽化してるのもあって引っ張ったら簡単に抜けました。
 さらにその上はケーブルそのもので結ばれてて、これをほどくにはさすがにバンパーを外さないとダメっぽかったのですが、どうせもう一度つけなおすこともなかろうし、バンパーの隙間からハサミを突っ込んで切断してしまいました。
 分岐タップからはコードの先も外れているので、万が一雨とかがかかっても影響はありません。

 土台部分はボルトのところが○ではなく、左側が空いている形状だったので、気合でこじったらあえなく外れました。
 このポール、純正品だとい思うんですが、「洗車機に入れるときには外してください」みたいなことが書いてあるので、割と手間無く外せるようになっているのかもしれません。
 外した部分に跡がついていたのですが、それはひたすら洗車シャンプーでこすって落としました。

 というわけで、外されたコーナーポール。

IMG_7165.JPG

 上にも書いた通り、電源の黄色いケーブルがついてまして、これはポジションランプにつながっています。
 ボディはマイナスですから、これでライトオンと同時に光るんですね。本来は。
 サビのせいでボディからのマイナスが取れなかったのか、あるいはこのケーブル自体が劣化していたのか、あるいはポールの中の電球が切れていたのか、いずれにしてもつけていたときには光ってなかったと思いますが。

 とりあえず外したことによって、ボディカバーがかけやすくなったと同時に、見た目にもすっきりはしました。
 あれひとつで結構印象かわるもんですね。

IMG_7163.JPG
posted by TAKAMI Yui at 19:48| Comment(0) | 430セドリック