2019年04月15日

原付が増えた

 文字通りなんですが。
 原付が2台増えました。
 これ以上バイク増やしてどうしようというのか。

 車種はこれ。

IMG_9423.JPG

 ダックス(AB26・復刻版)と、ロードパル(NC50)です。
 もうまさになんでいまさらの極地。

 ダックスのほうは、妻が昔からの憧れだった(けど、当時は高くて買えなかった)ということで購入。
 原付一種のST50ですが、キタコのボアアップキットで75ccになっていますので、二種登録になります。
 ダックスってもともと6V時代の、正式名称が「ホンダ・ダックスホンダ」で売りだされ、一度発売中止になり、90年代に入っていきなり復刻されました。
 そのすべてのバージョンを入れると、実にいろんなバリエーションがあります。
 排気量は49ccのST50と70ccのST70の二種類しかないのですが、ミッションは遠心式クラッチの3速や4速、クラッチ付きのモデルもあり、モンキーなみの複雑さを極めます。
 んが、復刻版ダックスは49ccの原付1種でスーパーカブと同じ遠心式クラッチの3速しかないので、そんなに複雑ではないです。

 登録が2種になるだけでもとりあえず都内で原付で走る怖さがない(2段階右折とか30キロ制限とか)のでいいんですが、ギアがローギアードすぎて、3速で全開まで回しても、よほど長い直線でもない限りは50キロくらいまでしか出ません。
 こりゃほとんど乗り方としては原付1種だな。

 ロードパルのほうは、前からずっと欲しかったんですよね。
 「モトコンポよりある程度大きさがある」「軽い」という条件だと、スズキのチョイノリとかこれとか、これとほぼ同じエンジンのスカイとかスカッシュとか。
 ただやっぱり歴史を作ったラッタッタが欲しかった。

IMG_9424.JPG

 当時、女性が原付を含むバイクに乗るというのはなかなかないことで、当時の原付は「スカートで乗れない」「力が必要なキックスタートは嫌」「ギアチェンジがわけわからん」と敬遠されていたわけです。
 そこでホンダが、それまで出していたリトルホンダというバイクに変わり、徹底的に女性ユーザーの獲得を目指して作ったのがこのロードパルでした。
 バイク離れした自転車のようなフォルム、ギアチェンジの要らない気楽さと、そしてキックの要らないスタート。
 とはいえ当時、セルスタータをつけたら高額になってしまうというのでつけたのが、このロードパルで初採用されたゼンマイ式スタータ。

 スタートの方法は、「エンジンキーをON」「ペダルを何度か軽く踏み、ゼンマイを巻く」「リアブレーキを握る」だけでエンジンがかかります。
 力を入れてキックする必要がないんですね。
 これのおかげで主婦でも気軽に乗れる「ファミリーバイク」という言葉が一気に普及し、ヤマハはパッソルを出して「HY戦争」と呼ばれるホンダとヤマハとの骨肉の争いになった……という歴史の転換点となったバイクです。
 ま、今となっては非力なバイクでしかありませんけどね。
 とはいえ、車両重量44キロしかないんで、早くはないけど原付としては必要十分な性能はあります。
 なんでこれが欲しかったかと云うと、

IMG_9430.JPG

 こういうことがやりたかったから。
 そして前回からやってるヒッチキャリア用テールもこれのため。
 これならキャリアとバイクを合わせても60キロくらいしかないんで、ヒッチキャリアにも無理がかからない。

 ただガソリンが入ってるとリアヘビーになるので、それをなんとかしないとちょっと危なっかしいかな。

 そして令和も始まるこの年にこういう組み合わせになる。
 いつまでも昭和に生きてる感じがしますね。

IMG_9429.JPG
posted by TAKAMI Yui at 17:02| Comment(0) | バイク

2019年04月12日

Dテントむし ヒッチキャリア用追加テールランプ1

 リアにヒッチキャリアをつけるにあたり、ナンバー以外にもうひとつ問題がありました。
 それがテールランプ。

 前回写真を貼ったモトコンポサイズだと、テールランプが隠れないのでサイズ的にはまったく問題ないのですが、これより広いサイズのキャリアをつけ、さらにそれに荷物を載せてしまうと、テールランプやウインカーが隠れてしまう可能性があります。
 これ、違反であることは云うまでもないんですが、それ以上に危険です。
 追突される可能性ありますからね。

 というわけで、世の中にはヒッチキャリア用の追加テールライトみたいなのが出ているわけです。
 トレーラーをつなぐ時の7極カプラに接続して、キャリアの後ろに付けたテール・バックランプ・ウインカーを光らせるものですね。
 いちおう市販品も出ているようなのですが、そんなたいしたもんでもなさそうなので、自作してみることにしました。

 まず必要なのは7極のカプラ。
 なんでもいいんですが、とりあえずこれ(https://amzn.to/2U9uakA)を購入。

IMG_9417.JPG

 あとは7線のケーブル。
 これも通販で買えます。(https://amzn.to/2UwinBD

IMG_9418.JPG

 4メートル買ったんですが、そんなにいらんかったな。
 半分に切ってもまだ長かった。
 とはいえこれはこれで使えるので、無駄にはなりませんでしたが。

 とりあえず専用に必要なものはこれくらいです。
 テールライトそのものは、これもアマゾンとかでまさにトレーラー用とかヒッチキャリア用とかっていう2000円くらいのLEDライトがいくらでも売ってるんですが、なんかどうも信頼性に疑問がつく感じ。
 だいたい、12V/24V兼用ってやつはダメでしょう。
 そりゃ24Vのものに12V食わせたって点くことは点くでしょうけど、当然暗いハズ。
 電圧が半分になってるわけですからね。
 で、この手のものはほとんどこの12V/24V兼用なんですよ。

 どうしようかと考えた結果、普通のクルマのテールランプを使うことにしました。
 オークションとかで安いやつを適当に買って加工してやろうかなと。
 最初はボンゴとかバネットとかのトラックのものを探してたんですが、たまたま安いものが見つからず、結局買ったのはKV4サンバーバンのテール左右。送料込み2000円。

IMG_9414.JPG

 サンバーの場合、トラックはバックランプが別体なのであえてバンのものにしました。
 軽トラだとバックランプまで一体になってて手に入りやすいのはアクティかな。
 ほかの軽トラはバックランプだけ別になってるものが多いようです。
 軽トラでなくとも、バネットとかボンゴのトラックなら一体ですが、現行のタウンエーストラックはバックランプが別です。
 ま、こんなものは12Vで形状が複雑でなく、壊れてなければなんでもよろしい。乗用車だと大きいし形が複雑なので、小型トラックか軽トラ、軽バンあたりがいいでしょう。安いですしね。
 ダイナやトヨエースみたいな中型〜大型トラックのももちろん使えますが、24Vのものが多いと思うので、これだと電球を全部12Vに差し替えないといけないので面倒です。

 このサンバーのテール、上にも書いた通り特に意味もなく安いからこれにしたんですけど、これ、運がいいことにカプラーの先で切断されていました。
 これだと、カプラーの先に配線すれば、もしウインカーの左右を間違えたときにもカプラーを差し替えればOKです。
 これがカプラーでない場合、配線ごと差し替える必要があるので。

 本来、配線図が必要なんですが、ライトを光らせるだけなので配線自体はすごく単純でした。
 全部共通で行っている配線がアース(マイナス)、あとは色ごとにプラスの配線が行ってるので、配線図で確認するまでもなかった。
 というわけで、カプラーの先にこんなギボシを突っ込んで配線を偽造します。

IMG_9415.JPG

 マイナスアースがオス、ほかは全部メス。
 特に意味はないです。こんなものは自分がわかればよろしい。
 ただしプラスとマイナスがショートしないように。
 キャリア自体にもマイナスの電気が流れますから、これにプラスが触れるとショートしますからね。

 これに手元にあるバッテリーから、試しにマイナスとスモールランプをつなげてみた……ら。

IMG_9416.JPG

 光りました。
 当たり前ですが。
 ほかのランプも全部点燈OKです。

 長くなりそうなので以下次回。
posted by TAKAMI Yui at 14:50| Comment(0) | Dテントむし