2015年06月25日

ポジション球 オレンジLED化(まめ電製 T10 オレンジLED球)

 ポジションライトを変えました。

 というのも、前回書いたとおり、車検のときにヘッドライトのバルブについて「車検適合品って書いてあるけど、もしかしたら場合によって落とされることもあるかもよ。そしたら工賃とバルブ代実費もらうよ」と云われたので、めんどくさいんでそれまで着けてた車検対応ホワイトバルブを少し色温度の低いバルブ(もちろんこちらも車検対応品)に戻したんですね。
 で、無事車検は通りまして、その取り替えたバルブで走ってたんですが。
 あたりまえなんですけど、色温度が低いバルブのほうが、単純に明るさでいえば明るいわけですよ。明るさというのか見えやすさというか。
 ホワイトバルブっても、定価6000円くらいで売ってる(やつをセールで2000円くらいで買った)、ハイワッテージとかじゃないただ単にガラスに青く着色してあるだけのものですからね。
 こんなもん多少暗くなってあたりまえなんですけど。

 なんでわざわざそんな、少し暗くなるのをわかったうえでホワイトバルブ化したかというと、まずポジションライトをLEDに変えたら、LEDって当然色温度がとても高いんですね。
 LEDがすごく白く浮いて見える。
 で、このヘッドライトが通常のハロゲンだと、色味が黄色と云うのかなんというのか、いわゆる普通のヘッドライトの色なんで、けっこう違和感あったわけです。
 かといってHIDに入れ替えるほどでもないし、とりあえずってことでバルブだけ変えたわけですね。

 まあ、とはいえ、致命的に暗くなるでもなく、夜に明かりのない道を走ったって問題ない程度には道を照らしてくれてたわけなんで、まあこれでもいいかと思ってたんですが、いざ色温度を下げてみると、やっぱり明るいほうがいいよねってなことに。
 このPIAAのやつ、普通のハロゲン球よりも少しだけ白みがあるので、まあこれでもいいかと思ったってのもあるんですが。
 あ、そういう意味では、このPIAAの3200Kはとてもコストパフォーマンスがよくて優秀です。

 とはいえやはり、LEDのポジションライトとの色の差が気になる。
 先日貼ったコレですな。明らかにポジションが青っぽいですよね(写真だとアレですが、実際はここまで青くなく、どちらかというと高輝度白です)。

DSC06045.JPG

 で、それならポジションランプを普通の電球に戻せばいいんですが、それもなんか今更感あるし。
 どうしたもんかと思ってた……ところで、じゃあいっそ、ポジション球をオレンジにしちゃえば違和感もなにもないんじゃね!?みたいな。
 アメリカ仕様だったかな、なんかあっちのほうではオレンジになってたはず。

 ところがここで法規の問題がでてきます。ポジション球はオレンジでいいの?ってことですね。
 わたしはいつおまわりさんに止められてもOKな完全合法改造がポリシーですから、そこは気にしないといかん。

 結論から行くと、「わたしのクルマはOKですが、ダメなのもある」です。
 平成17年1月1日以降に生産されたクルマについてはポジション球の色は白でなくてはなりません。
 それ以前であれば、淡黄色、橙、白はOKです。わたしのクルマは平成17年なんてのよりはるか昔なのでぜんぜん問題なし。Dとかにオレンジのポジション球入れようなんて考えると違反になります。
 あ、いうまでもなく、何年式だろうが青とか赤とか緑なんてのは駄目です。あたりまえですね。
 正確には、ウインカと同時点燈する場合はどうこうみたいな細かい規約もあるので、やるときはご自分で調べて上で自己責任で。
 というわけで、少なくともウチのGF8はオレンジにするぶんには法規的には問題なし。

 じゃあ球を入れようと思うわけですが、これがけっこう売ってない。
 GF8インプレッサのポジション球自体は、T10という規格の普通に売ってるものなんですが、T10のオレンジってのが結構ないんですね。
 あ、もちろん探してるのはLEDです。ウインカとかにも使われてるし、普通の電球なら腐るほど売ってると思います。

 ……要するにですね、上記の法規もあるし、T10のオレンジってニーズがないか、ニーズがあってもイマドキのクルマにつけたら結局違法になっちゃう可能性も高いわけですから、オートバックスみたいなところが置きたがらないんですね。
 何個かあるんですけど、これがもうバカみたいに高い。2個で3000円とか、さすがにこんな値段で買うもんじゃない。

 ってことで、ネットに切り替え。
 「まめ電」というところから。LEDの専門店なのかな?
 アマゾン経由で2個780円(送料無料)でした。うむ。これくらいなら安心して手を出せる。もう1セット買ったってオートバックスのメーカ品より安いぞ。

 ということで、到着したT10オレンジ球。
 早速取り付けてみます。
 前回はライト部分が固着してて、ポジション球にアクセスするのに苦戦しましたが、さすがにいちど外しただけあってすんなりと。

 まず、着ける前がコレ。普通の白LEDですね。
 むしろ少し青っぽく見える。

DSC06050.JPG

 通常ならコレで十分なんですが。

DSC06049.JPG

 で、つけたあと。

DSC06054.JPG

 案外悪くないんじゃない?
 まあ、前の白のほうがいいじゃん!って人も多そうですが。

 それよりなにより、これ近くで見ると別にいいんですけど、

DSC06055.JPG

 ……色味はともかく、ちょっと暗いかも。
 この写真だと明るく見えるんですけどね。
 ヘッドライトと同時点燈させると、色味のミスマッチはなくなったものの、暗さは余計に感じる。

DSC06052.JPG

 ヘッドライトのほうに露出とシャッタスピードが合うから、この写真だと今度は余計に暗く見えるかな。

DSC06053.JPG

 まあ、色温度の問題があるから仕方ないんですけど、普通の白色LEDくらいの明るさで光ってくれるとカッコいいんだがなあ。
 運転席からだと、光ってるのか光ってないんだかわかんないくらいです。
 昼間だとつけてるのかまったくわからないし、色味で見ると普通の電球と変わらない感じ。
 ポジション球だからそんなもんでいいのかな。照らすためのライトじゃないですからね。

 で、それより困ったのが、取付の問題。

 GF8インプレッサの問題なのか、個体差なのかがわからないんですけど、このまめ電製LED、単純にソケットに刺すと点かないんですよ。
 途中までさすと点くんですけど、最後まで押しこむと消えちゃう。

IMG_3845.jpg

 クルマ側のこのソケットの口金部分の問題なのかな?
 それまで着けてたPIAAのLEDは、極性間違わなければ適当にさしてもついたので、差し込み部分もまめ電LEDは少し細いのかも。
 なので、LED側のソケットと当たる針金部分を思いっきり当たるようにしてやります。
 コツはちょっと電極を中心部に向けて、さらに外側に開くようにしてやること。

IMG_3847.JPG

 ……これくらいでちょうどいい。いやマジで。
 とはいえ、これでもうまくいかないこともあるので、何度か針金の位置を調整して刺し直してやっとうまくいったような感じでした。
 サイトにも「緩い場合には針金部分を狭めてください」とあるので、こういう細かい加工(ってほどでもないか)が苦手な人はメーカ品買えってことなんでしょう。
 取付自体は片方5分あればできますが、この調整で手間取った。
 結局両方で30分くらいかな。
 それでもまあ、そんなもんです。まあ基本差し替えるだけですし。

 ……しかしこれ、振動とかでいきなり消えたりするんじゃないかなあ。
 上にも書いたように消えたのがすぐに運転席から確認できないから、それで整備不良切られたりしたらたまったもんじゃないぞ。

 まあ、780円ならためしに、という感じですかね。
 すぐ白に戻すか、もうちょっと明るいオレンジT10球を安く見つけたらそちらに差し替えるかも。
posted by TAKAMI Yui at 13:09| Comment(0) | インプレッサ(GF8)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。