2016年03月02日

幕張キャンピングカーショー2016

 もう少し古い話なんですが、幕張のキャンピングカーショーに行ってました。

IMG030202.jpg

 やはり結構混んでます。

 今回はこれといって見たいものがあったわけではなかったんですが、どんなのが出てるのかなーみたいなそんな偵察の感じ。
 結局、理想を突き詰めていくと、いまのDを超えるものがないんですよ。
 んだから、そういうのがあればいいかな、という。
 もちろん買い換える気はまったくない(金もない)んで、将来的な話ですけどね。

 こちらの求めるものは、優先順位でいくと(1)全高2.1メートル以下(2)MT(3)4WD の順番。そんだけです。あとは長距離巡航が多いので、軽ではなく普通車、できればディーゼルがいい、くらい。
 となると、現実的にはハイエースのロング。スーパーロングは云うまでもなく全高が完全にオーバーしてるし、ミドルルーフはミッションがATしかない(スーパーロングもね)。
 ただ、ハイエースのロングは車体が小さいぶん室内もそれほど広くはないんですよね。
 常設ベッドがあったほうが便利だなあなんて云ったらも絶望的。
 5人乗りでもいいから、多少室内に余裕があればいいんですけど。
 そうするとまあ、OMCのボギーあたりが現実的かな。リアにシンク回りが集中しているのも便利ですし、どうせシンクなんかめったに使わないので、ここを常設ベッドに使えばいいし、荷物もハイエースだから載せやすそう。
 見てくれが完全にふつうのハイエースだから、キャンピングカー乗ってます的なわくわく感はあまりないですが、逆に云えばいかにもな雰囲気がないぶん町には溶け込みやすいかもですね。

 で、実際にOMCに行くと、目を引くのはやはり「銀河」なんですけど。
 これ何度見てもいいよなあ。
 シンク回りが前に集中してたり、リアのシャワースペースとかスペースの使い方はそんなに効率的ではないんでしょうけど、それよりも雰囲気を重視した感じはすごく悪くない。
 どうせキャンピングカーなんて非日常なんだから、これくらい非日常性があってもいいじゃない、みたいな。

 で、その「キャンパーらしさ」を求めるのであればキャブコンなんですが、キャブコンになるとこれはもうことごとく全高が上がります。
 当たり前なんですけどね。
 AtoZのAlphaが2300ミリだから、これがあと20mm低ければすごく使い勝手がいいんですが。
 ベース車がFFなので、車室位置を下げることができ、結果的には室内高の割には全高を下げることができるんでしょうね。
 ただし、それがゆえに4WDモデルがなく、さらにMTの設定がない。
 NV200自体にはMTの設定があるので、頼めば作ってくれるのかしら。
 どっちにしても4WDは設定自体がありませんから、そこが難点ですね。
 ただしこれは全高とのトレードオフですから、MTでもOKで2100ミリを切ってきたら、これはものすごく欲しいです。
 で、ちょっと諸々いろんなことをミカミさんに相談したりしつつ、ふらふらっとまわってきました。

 今回はボンゴクラスのキャブコンがほとんどなく、ほとんどがハイエース。
 軽はやはり多くて、キャブコンもバンも盛況です。
 今の主流は完全にハイエースですね。

 今回個人的にカッコよかったのはコレ。

IMG030203.jpg

 昔のパリダカのカミオンみたい。
 実際にこんなものを都内で乗りまわせるかというと別の話ですが、キャンピングカーの牧歌的な雰囲気はみじんもないです。
 売り物なのかな、これ。

 あと、そりゃそうだって話なんですけど、駐車場はキャンピングカーだらけ。
 わたしのDもそうですけど、ミドルクラスのキャブコンは大型の駐車場に案内されてたようなんですが、

IMG030201.jpg

 さすがにここに入ると、Dも小型車のようです。
 普通の駐車場ではかなり大きく見えるんだけどなあ。
posted by TAKAMI Yui at 14:45| Comment(0) | キャンピングカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。