2016年12月07日

LEDによる省電力化

 ファンベルトがきっちり張り直され、電力については心配なくなりました。
 幸いなことにベルト以外は正常だったらしく、ICレギュレータもオルタネータもきっちり発電してくれています。

 とはいえ、やはりなるべく使う電力を軽減したい。
 昔のクルマですからね、オルタネータの容量はいまに比べれば小さいわけですよ。
 それ以前の70年代のクルマとかに比べたら圧倒的に大きくなっているんですが。
 特にこれからオーディオを変えようとか思ってるわけで、電気は節約するにこしたことはない。
 ポータブルナビとかETCなんかを含めたら、もしかしたらちょっとオーバーする可能性もある。

 で、実際に恒常的に電力を使うのは、ヘッドライトとかのライト類なわけです。
 ずっとつけっぱなしで使うものですからね。
 ブレーキを踏めばブレーキランプの分も電気を使うので、夜にヘッドライトをつけた状態でブレーキを踏んでウインカー焚いて右折待ち、なんてのはもう電気食いまくり状態です。
 実際それで以前交差点の真ん中で停止してしまったわけですし。

 で、電力を軽減するならLEDしかないでしょう!というわけで、LED化できるヘッドライト等の電球をすべてLED化することにしました。
 室内のルームランプとかもあるんですが、こんなものはどうせ使うときも限られてるので後回しです。
 幸いなことに、LED球も最近は価格が下がってきているので、フルLED化してもそんなにカネもかかりません。
 Dテントむしのときは、LEDのBA15s球があまりに高くて自作したりみたいなこともしましたが、もう特に自作する手間を考えたら買ったほうがいいかなくらいの値段まで落ちてきました。

 430セドリックハードトップで、そのままの状態でLED化できるのは、ヘッドライト・テール/ブレーキ・ライセンス・ポジション/パーキング・リアパーキングです。
 ウインカーはそのまま換えるとハイフラになってしまうので、ハイフラキャンセラが必要なんですが、ハイフラキャンセラって要するに抵抗ですからね。節電という意味においてはまったく意味をなしません。なのでウインカーはそのまま白熱球を使います。
 リレーを変えればいいんですけど、そこまでするこっちゃないかな。

 わかりづらいのは、ポジション/パーキングと、リアパーキングでしょう。
 ポジション/パーキングってのは、フロントから見たときバンパーにあるランプです。
 あそこにはウインカーのほかにこのポジション/パーキングが入ってます。
 ポジションランプは今のクルマにもあるポジションランプなんですが、パーキングってのは、昔のクルマにはついていた、クルマを路肩に停めるときとかにつけるライトです。
 いまはハザードで代用されてますが、当時はクルマを道路に停めるときはこのパーキングランプをつけないといけなかったんですね。ハザードってのは文字通り緊急用で、普通に停めるのはこのパーキングランプを使うというのが当時の一般的なルールだったようです。
 海外では今でもそうなのか、海外向けのクルマなんかではいまでもついてるのがあります。前に乗ってたW210にもついてましたしね。
 ハザードと違うのは、フロントは点滅しないこと、リアはそもそもウインカーとは別でブレーキランプのような明るい赤いランプがつけっぱなしになるということです。当然エンジンを切ってもキーを抜いても消えません。
 ハザードのようにカチカチというリレーの音がしないので、うっかりスイッチを触ってしまって鍵を抜いてしまっても消えないまま放置してしまい、気付かずバッテリが上がったりすることもままありそうなけっこうおっかないヤツです。

 で。
 LED化するにあたり、電球を調べてみたところ、さすがに一昔前のクルマなだけあり、ほとんどがS25ソケットです。
 テール/ブレーキとポジション/パーキングはS25ダブル、180度段違い。ライセンスはS25シングル180度段なし。ポジション/テールはオレンジか白のダブルが左右1個づつ2個でOKですが、テール/ブレーキは片方につき2個必要なので、合計4個の赤か白の電球が必要になります。
 ライセンスは白が2個必要ですが、レンズ部分までの距離が短いので、なるべく全長が短いものを探す必要があります。全長14〜15ミリ程度くらいが限度かな。
 リアパーキングはT10が2個で、これは普通に手に入るでしょう。
 ヘッドライトはH4が普通に使えるので、最近増えてきたH4のLEDヘッドライトであれば問題なく使えます。

 LEDライト類を買うとき個人的に信頼してるのは、楽天とかアマゾンにある「まめ電」という会社です。
 S25のLED球はオートバックスとかで買うと高いんですが、ここだと非常に安いうえ、インプレッサでも使ってましたがけっこう製品の信頼性も高いと思います。
 ので、基本的にはここで揃えました。唯一長さの短いライセンス球だけが扱いがなかったのでほかの会社で購入しましたが。
 H4ヘッドライトのLEDも、最初はPIAAのものを買おうと思ってたんですが、このまめ電に売ってたのであわせて購入。フィリップス製でちゃんと車検対応、6500ケルビンでHi/Loが使えて9980円。これなら文句なかろうと。
 で、あとはもう差し替えるだけです。

IMG_6805.JPG

 ヘッドライトもHIDと違って基本的には電球と差し替えなのですっごい楽。電球交換するのとほとんど変わりません。
 HIDのようにイグナイタを設置したりみたいな手間がないので、こんなもの10分もあれば終わります。
 というわけで。

IMG_6815.JPG

 基本的にLED化完了。
 ヘッドライトは格段に白く、明るくなりましたが、そんなことより明らかに電力を食わなくなりました。
 それまで、ヘッドライトをつけたりブレーキを踏んだりするとわずかに電圧計が下がっていたんですが、LEDに変えてみたらライトつけようがブレーキ踏もうが電圧系はぴくりとも動きません。かなり安定してる感じ。
 ただ、電気を食わなくなった副作用として、テール/ブレーキランプの警告灯がつきっぱなしになるのと、ヘッドライトが切れてるかどうかの警告灯でもあったボンネットの青い車幅灯が、ヘッドライトが切れてると勘違いしてつかなくなってしまいます。
 逆にいえばそれだけ電気を食ってないという証拠でもあるんですけど、ボンネットの車幅灯はライトオンと同時に着くようにしたいなあ。
posted by TAKAMI Yui at 12:55| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。