2017年01月05日

燃料系その2

 なんか年が明けてました。あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。
 こちらは相変わらず430の不具合と戦っております。

 というわけで、ジャッキで上げてクルマの下にもぐりこんで見てみます。

 430の燃料ポンプは、右リアタイヤの内側少し前についてます。
 下からの衝撃に耐えられるようにしてあるのか、鉄板でガードがしてありました。
 見てみると、430の燃料ポンプ回りってこんな感じになってました。
 狭くて写真撮れないので手描きイラスト。

pump.jpg

 タンクからホースを通って流れてきたガソリンが燃料ポンプを通ってエンジンルーム内まで送られる。
 これはまあ、すぐにわかる。
 じゃあこの前後についてるのは何だ? フィルタか? でもエンジンルーム内にフィルタあるのにフィルタが三重になってるなんてことあるの?
 これはL型エンジン整備書にも430の整備書にも書いてない。なんだこれ?

 しかも、この後ろ側にあるやつから燃料がうっすら滲んでるんですよ。
 よく見たら数滴ですが、地面にガソリンが垂れてる。
 駐車場に停めっぱなしにしているときにはガソリンの漏れたあとができていたりしたことはないので、走った後(直前に少し走ってきた)にのみガソリンが垂れてることになります。

 で、日産のディーラの工場長に聞いてみた(ついでにここの部品の新品が出るか聞いてみた。のちほどぜんぶ製廃であることが判明)ところ、ポンプ前のはフューエルダンパー、後ろのはフューエルレギュレタなんじゃないかとのこと。
 フューエルダンパーって何してるかってと、要は燃料ポンプってのは常に動いてるわけで、それの音や振動なんかを抑えるためのものなんだそうな。へー。
 極端な話、それだけの装置なんで、故障してどうしてもどうにもならなければ多少音や振動は出るかもしれないけどなくてもいいものらしい。ほんまか。

 でも、もうひとつの後ろの部品。
 フューエルレギュレタはエンジンルームにあるんで、たぶんこのポンプの後ろのはレギュレータじゃないよなあ。だいたいレギュレターってマニホールドからの圧力を見てるわけだから、マニホールドにつながってないとおかしいわけで。さすがにこれはたぶん工場長の勘違いだと思われる。
 ということに工場長と話をしてるときには気付かなかったんだけど、これ、あとから整備書に載ってる「フューエルチェックバルブ」なんじゃないのかな、と思い立ちました。
 で、いろいろネットとかで調べてみると、別車種のフューエルチェックバルブと形がよく似てるんで、たぶんこれだろ、と。
 これも燃圧を一定にするための装置ですね。これならポンプの後ろにあってもおかしくない。

 ただ、今回に関してはどっちにしてもレギュレタは怪しい気がする。
 もちろん異音がするポンプも怪しい(そもそもポンプがそれに見合うだけの燃料を送り出せてないとすればこの前提も崩れる)わけで、ポンプも交換したいんだけど、ポンプも製廃。代用品を使うしかない。

 フューエルゲージのサビについては、あの上の部分はやはり結露とかでサビてしまうもんで、現役のときからサビてる車体がいっぱいあったとのこと。センサー類がちゃんと動いてれば、そのサビてる部分を磨いて切り下としてしまっても密閉性が保たれれば大丈夫でしょうとのことでした。まあ最悪こっちはどうにかなりそう。

 ただ、それとは別にフューエルレギュレータも怪しいんですよね。
 フューエルレギュレタってなにかってと、ポンプから送りだされた燃料をマニホールドの圧力と合わせて調整するための装置……なんだそうです。メカニズムに詳しくないのでこんなものがあることすら知らんかった。

 さて、そうするといくつか仮定ができます。
 ダンパー〜ポンプ〜チェックバルブを通った燃料は、通常であればそのフューエルレギュレタによって、マニホールド内の圧力に応じてインジェクタに送る燃料の量を調整しようとする。
 エンジン高負荷時にはマニホールドの負圧が小さくなる(ターボチャージャが動くから正圧になる)から、フューエルレギュレタはさらに多くのガソリンをポンプから送りだそうとする……けど、ところがどっこい、このレギュレタに不具合があるから、それに見合うだけのガソリンが送りだせない。燃圧が下がる。空気量に見合う燃料が送られない。だから高回転まで回らない。
 で、それでポンプから送りだされてもどってきてしまった燃料がチェックバルブの付け根から漏れてきてる……と考えれば、なんとなーくつじつまがあう気がするぞ。

 ただ、もっと単純に考えて、燃料ポンプ回り(ダンパーとチェックバルブ含む)がおかしくなっている確率のほうが高いです。明らかに変な音がしてるわけですし。
 通常時は普通に燃料を吸い上げるけど、高負荷時にアクセルを踏み込むと、燃料ポンプが不具合を起こして吸い上げられる燃料の量が少なくなってしまい、高回転域に見合った量を吸い上げられないか、あるいはダンパーかチェックバルブに不具合か詰まりがあって、そこで吸い上げられてインジェクタに届く燃料がアクセルを踏み込んだ量とエアフロから送られてくる必要な燃料に足りず失速する。走った後に燃料が垂れるのは、チェックバルブかポンプの不具合箇所からの漏れ。
 で、エンジンを一度オフにすると、燃料ポンプの電源が一度切られるので、再び燃料ポンプが動き出すから現象が一時的に直る……と。

 あるいは、燃料タンクの中にサビのカタマリがあり、ポンプがそれを吸い上げてしまってタンクから配管へのフィルタが詰まったとき、燃料が届かずに失速する、ってのも考えられるかも。んで、エンジンを切る……燃料ポンプの電源が切れると、吸い上げていたゴミが再び落ちるのでまた走り始めるけど、また同じように吸ってしまうと高回転回らなくなる、みたいな。
 タンクの中の燃料が少なくなってくると現象が顕著になるので、割とこれもつじつまが合います。
 でもそれだと、アイドリング時には普通に吹けあがるのの説明がつかないかな。あと同じ回転数で頭打ちになるってのもおかしいか。

 続く。
posted by TAKAMI Yui at 15:02| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。