2017年02月10日

修理完了?

 で、430はいまどうなっているかというと、日産に預けてあったりします。
 亀有エンジンワークスでマニホールドのガスケットが手に入ったので、それを変えてもらおうというハナシは去年からしてあったのですが、「マニホールドをはずすにあたり、ほかの部品も変えなければならない可能性があり、それができるかどうかを確認させてもらってから作業に入らせてください」とのことで、1月頭からちょっと長期スパンの入院になっていたわけです。
 ついでに、亀有で買ってきた燃料ポンプ、デスビキャップとロータ(これはまだ使えるんですが予防交換ということで)、ネットで買ったO2センサ(これも壊れてるかどうかわからないけど怪しかったので一応)、エアが漏れていたターボのアウトレット側ガスケット(この2つはアマゾンで購入)、さらに前にネットオークションで買ったエアフロをダメモトでつけてみてください、とお願いしていたんですね。
 ……蛇足ながら、たぶん本来だったらこういうやり方は嫌がられると思います。どこから買ってきたか出処がわかんない社外のパーツやネットで買った中古のパーツをくっつけて動かなくてもディーラでは保証できませんし、その部品が動かないだけならともかく、その部品が原因でほかの部品が壊れたなんてなったら信用問題に関わりますからね。ディーラで調達した部品ならそのあたりの出処はわかるので、万が一そういう自体が発生しても責任を追求しやすいわけです。
 なので、年式の新しい、普通に部品が出て修理できるクルマはディーラに部品の購入ごと任せてしまうのが正解です。社外のホイールとかの改造パーツや、外車とかで純正部品が高く、OEMの部品を買ってきてくっつけてほしいとかっていう場合、ディーラではなく普通の修理工場とかに頼むほうが無難でしょう(W210やE46はそれでOEM部品をつけてもらいました)。
 そのあたり、最後に動くまで責任を持つというのがディーラの姿勢なので仕方ありません。
 ただ、今回の場合、そうしたくても部品がなく、新品にしても中古にしてもよそから調達してくるしかなかったのと、「とりあえずつけてみてダメなら仕方ないので」というのを念押しした上でお願いしているわけで、ある意味特例といえば特例かもしれません。
 あとは工場長さんがちょうどこのセドリックをいじっていた年代の方で、ある程度部品や構造に詳しく、修理自体を工場長さんの主動でやっていただけたのがよかったんだと思います。

 で、今週中ごろ、ようやく「取り付け完了しました」という連絡がきました。
 途中、マニホールドをはずす段階で劣化していたスタッドボルトが折れてしまったらしく、かなり苦戦したみたい。
 なんとなく亀有でスタッドボルトを買っていたんですが、それが正解でした。
 ターボのアウトレットのガスケットは、外すならイン側も外さないといけなくて(あたりまえですな)、イン側のガスケットはまだ部品が出たので取り寄せて作業してくれたとのことです。

 ただそれでも、燃料ポンプは純正ではないし加工を要するのでさすがに断られるかなと思ったんですけど、配管加工とかでうまくやってくれたみたいです。
 それだけでも工場長さんと担当さんには感謝しかない。
 日産の中にそういう旧車の維持センターみたいなのがあり、そこである程度ノウハウがあるんだそうで、そこに聞きながら作業したんだそうな。ほほう。
 であれば部品の供給ももうちょっとよくなってくれるといいんだがなあ。

 で、とりあえず現状は問題なく動いている(息つきも起きてない)とのこと。
 いまはテスト走行をしているとこだとのことで、それで問題なければ一応は直ったことになるのかな。
 明日引取。さてさて。
posted by TAKAMI Yui at 17:26| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。