2017年02月11日

430セドリック修理完了

 というわけで、修理が終わったという430を引き取ってきました。

IMG_6937.JPG

 今のところばっちり走っています。
 今までの加速不良もまったく発生せず、1速で引っ張ることもできるし、高いギアで坂道を登っても問題ありません。
 高速道路でもキンコン鳴らして走り続けることもできるし、以前みたいに急に失速してエンジンキーをオフにする必要もありません。
 おそらく加速不良については、完治したんじゃないかなと思います。
 今回お願いしたのは日産ディーラでしたが、旧車への扱いが冷たいとよく云われるディーラでもちゃんとやってくれるところもあるということですね。
 まあ、今回は工場長さんと担当さんとのめぐり合わせがよかったのもありましたが。
 ほんとにありがたいことです。

 今回交換した部品。
 まず、燃料ポンプ。

IMG_6952.JPG

 フューエルダンパーからはダイヤフラムの不調でガソリン漏れが起きていたので、ポンプと一緒に取り払ってしまいました。
 特に問題なく走っていますが、さすがボッシュ製、ポンプの音がうるさいです。
 噴射量も多いのかな。
 このポンプ、どうやらターボ用とそうでない車では違うものを使ってるみたいですね。

IMG_6953.JPG

 L20「T」とわざわざ書いてあるということは、L20のターボ用ということなんでしょう。
 普通のインジェクション用ポンプよりも少し噴射量が多いのかも。
 明らかに異音がしていたので、このポンプとフューエルダンパーが原因の可能性大です。

 で、次がエアフロメータ。

IMG_6946.JPG

 これは先日書いた、S130フェアレディZ用のL20・L28が併記されているものをネットオークションで買って試しに付け替えてもらいました。
 それでとりあえずはまったく問題なく動いています。
 多少特性が変わってるのかもしれませんが、気づくような範囲ではないですね。
 これも故障の原因の可能性大。時間があったら分解してみたい。

 O2センサ。

IMG_6951.JPG

 これはまだ使えそう。
 予防交換なので、これは予備パーツとして持っておくことにします。

 同じく予防交換で交換してもらったデスビのキャップとロータ。

IMG_6947.JPG

 こちらはやはり減ってる感じですね。
 まあ、まだ使えそうではありますが、いつ使えなくなってもおかしくなさそうな感じ。

 で、メインのガスケット。

IMG_6948.JPG

 アップで見るとわかりますが、

IMG_6950.JPG

 もはやガスケットの意味をなしてません。
 おそらく30年以上変えられてなかったであろうガスケットですが、こんなになっちまうんですなあ。
 そりゃエア漏れエア吸いも起きますね。
 これも実は加速不良につながっていた可能性大です。
 ついでに折れたスタッドボルトも。

IMG_6954.JPG

 これを見るとたぶん30年以上一度も開けられてなかったんだろうな。

 というわけで、加速不良の原因は上記のどれかか、あるいは複合的に起きていたか、という感じだと思われます。
 いちどエンジンをオフにすると一時的に治っていたところを見ると、一番あやしいのは燃料ポンプまわりとエアフロですが。

 ただ、実はまだエアレギュレータが故障してて、これも製廃になってしまっているのでこれが治っていません。
 なのでアイドリングが以上に高く、コールドスタート時は2000回展、落ち着いてきても1700回展くらいで回ってしまっています。
 運転しにくいのと燃費が悪いのとアイドリング時にうるさいの以外は特に問題ないんですが、これは早急になんとかしないとなあ。
posted by TAKAMI Yui at 23:43| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。