2017年03月01日

430セドリック エンジンブロー

 ……と、調子よくなって早速、いきなりエンジンブローしてしまいました。
 なんじゃそりゃってなもんです。

 とりあえず快調になり、謎の失速もなくなったので、それまで過剰な回転とかで疲弊してたであろう油脂類を一新しようと思い、日産ディーラーでLLCとオイルを交換しました(フィルター交換とフラッシングもあわせて行いました)。
 それ自体は何の問題もなかったはずなのですが、その夜、高速道路を制限速度+αくらいで走っていたところ、急にエンジンの調子がおかしくなってきたというか、以前のようなアクセルを踏んでも思うようにエンジンが回らなくなりまして。
 とはいえ、前のように完全に止まってしまうわけではなく、3000回転くらいはキープし続けられるので、そのまま走ってPAまで行って、PAの駐車スペースにバックで入れようと一時停止したところ、エンジンがストップ。
 セルをまわしてもかからず、たまたま一緒に走っていた友人に押してもらってスペースに入れました。

 ボンネットを開けてみると、LLCのリザーバタンクが溢れ、思いっきり沸騰していて、リザーバタンクの回りのエアフロとかに緑色のLLCが飛び散っています。
 逆にラジエータは冷え切っていて、キャップを開けてみたらまったく液が入っていませんでした。

IMG_6992.JPG

 明らかにオーバーヒートなんですが、ずっと水温計を見て走っていたわけではないんですが、少なくとも水温計がヒートのほうに振り切ってしまえばさすがに気づくわけなんで、水温計は正常だったと思います。
 が、ラジエータに水が入ってなければ、ラジエータ直後についてる水温センサは水の温度を測りようがないわけなんで、オーバークール方面に針が振り切っていたのかもしれません。
 走行中、後ろを走っていた友人のフロントガラスには雨のように液体が飛びかかってきたとのことなので、それはおそらくこの車のLLCだったと思われます。

 アクセルを少し踏みながらエンジンをかけるとかろうじてエンジンはかかるんですが、カンカンとエンジンの中から金属音がします。
 ただ、ブロックの間からオイルが漏れているとかオイルを盛大に吹いているとかいうことはなく、オイルのレベルゲージを見てもオイルは規定値入っていました。
 どちらにしてもこうなると動かさないほうがいいわけなんで、レッカーを呼んで運んでもらいます。

IMG_7002.JPG

 とりあえず、ディーラーでLLCを交換したその日のオーバーヒートとなると、ディーラーに見てもらうにこしたことはないわけで、翌日に日産ディーラーにレッカーでさらに運んでもらいました。

 結論としては、ヘッドガスケットが吹きぬけて冷却水とオイルが5番と6番のシリンダに入り、ウオーターハンマーを起こしてしまっていたようです。
 そのときは暗くて気付かなかったのですが、オイルはクーラントが混ざってカフェオレ色になっていました。
 中でも5番シリンダはひどく、プラグの先が折れ、そのプラグの先端がシリンダ内で暴れたせいであの金属音がしていたのでしょう。
 6番はプラグを抜くと緑色の液体が見えているくらいまで水が溜まっています。

 となるとコンロッドとピストンは少なくともダメでしょうし、シリンダも危ないです。
 直すにしてもほぼオーバーホール。
 実際、こうなるとエンジンを中古とかに交換したほうが安いかもしれないというハナシでした。
 とはいえ、L20ETなんてそんなにどこにでもあるエンジンでもないわけで。
 少なくとも原因と修理個所の調査に2週間、修理は3ヶ月くらいかかるかもと云われて、愕然としてたんですが。当然費用も十万単位になるのは確定です。

 そこでふと思い出したのが、先日エアレギュレータをオーバーホールしてもらったシティオートさんです。
 もしかしてあそこなら、L20ETの中古とかがあるかもしれないな、と思い、ダメモトでメールしてみた……ら、そのすぐ後に直接電話をいただきまして。
 どうやら中古エンジンあるらしいと。
 修理ができるかもしれないし、修理できないとしても載せ替える中古のエンジンがあるなら、日産よりそっちのほうがいいでしょう、というわけで、シティオートさんと日産に電話をして、シティオートさんに修理をお願いすることにしました。
 ……というのが週末の出来事で、この事案はまだ進行形なんで、これからどうなるのかはわからないです。
 どちらにしてもせっかく直ったのにまた修理かよと思うとむっちゃ凹みました。

 ……しかし、LLCを交換した後にオーバーヒートが起きたってのがちょっと腑に落ちないんですよ。
 先日、シティーオートさんでエアレギュレータを修理してもらった直後にも、同じようなペースで群馬から高速道路で同じように走ってきましたし、それまでそんな兆候はなかったハズ。
 それがなぜLLCを交換したらいきなり発生したのかと。
 別段そんな難しい作業でもなし、日産ディーラがなにか作業をミスったとも思えないんですが、「老朽化でたまたまLLCを交換した日にヘッドガスケットが抜けたから、ウオーターハンマーでLLCがラジエータからなくなった」のか、「LLCの交換になにか不具合があり、それが原因でオーバーヒートしてヘッドガスケットが抜けた」のかという因果関係が、どちらが原因なのかがわからないんですよね。
 どっちが原因なのかがわからない以上、ディーラがミスったとも云い切れないし、そうでないとも云い切れない。よかれと思ってやったことでもやもやするのはなんかこう腑に落ちないなあ、と。

 ……念のために云っておきますが、日産ディーラを責めているわけではないです。
 何度も書いてる通り、因果関係が不明な以上、新品のLLCやオイルにしたことで老朽化していたヘッドガスケットにトドメをさした可能性もある。
 それはどっかでLLCにしろオイルにしろ交換しなきゃいけないわけだから、別にディーラの責任ではないし、たまたまその日が今日だったのが運が悪かったと思うしかないわけで。

 とりあえず直るまでまた待つしかなくなりました。
 ううむ。
posted by TAKAMI Yui at 21:21| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。