2017年03月27日

いまだ入院中

 結論からいきますと、エンジン載せ替えが確定し、現在作業中です。
 結局3月は一度も乗ることすらできなかった……。

 あれから日産ディーラからシティーオートさんの積車で群馬まで運んでもらい、ヘッドを開けてもらいまして。
 5番のピストンが砕け散っているとのこと。
 何があったんだ……。

 ……しかし、今になってよく考えれば、なんとなく前兆はあった気がします。
 2、3回ですが、乗ってて信号なんかで止まったとき、フロントガラスにぱっと液体が飛び散ることがあったんですよ。
 ちょうど感じとしては、雨上がりの道を走ってて、歩道橋とかの下で止まったとき、歩道橋から水滴が垂れてきてガラスに落ちてくることがあると思いますが、ちょうどあんな感じ。
 ガソリンの類だったりしたらヤバいので触ってみてもただの水だし、無臭だから油じゃない(そもそも油だったらワイパーで拭ったら大変なことになると思いますし)。
 だいたい、ボンネットは濡れてないからどこから出た水なのかがわからず、前のトラックがはじいた水なのかなあなんて思っていたわけです。

 今思えば、既にヘッドガスケットが抜けかかってて、ラジエタのリザーバタンクが吹きこぼれてて、グリルから水を吹いてたのかなーなどと思ったりもして、早めにそれに気づいてればもしかしたら、などと思うわけですが。
 水温が極端に上がったりしてればわかるんですけど、そういうのもなかったので、なんだかんだ見逃してしまっていたんですよね。
 とりあえず古い車に乗る以上、ちょっとの異常も見逃してはならないという教訓にするしかありますまい。
 ……高い教訓代になりましたが。
posted by TAKAMI Yui at 22:05| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。