2017年07月27日

(フル)フラットシート?

 で、もうひとつ。
 当時はけっこう上級のセダンとかクーペにもあった機能みたいですが、このフロントシート。

IMG_7372.JPG

 実はこれを一番前に出して、ヘッドレストを抜いて倒すと、

IMG_7373.JPG

 リアシートとつながってフラットになります。
 今で云うミニバンとかにあるようなフラットシートですね。
 もちろん運転席も同じように倒れるので、運転席もいっしょに倒すと室内がベッド状態になるんですよ。
 センターコンソールやボックスがあるので、フルフラットではありませんが、仮眠レベルであれば十分過ぎるほど。
 5ナンバとはいえ当時のパッシブセーフティが今ほど考えられていない車体では、ドアの厚さも違いますから、かなり広々しています。
 センターのボックスの上にマットレスかなにかをかぶせたら、ベッドとして十分使えるんではないでしょうか。

 今みたいにワンボックス車が一般的でなく、ファミリーカーがセダンやクーペだった時代だったからこそ車内で仮眠することが多かったのか?とか、そういうの関係なしになんでもついている的な意味でフラットシートが高級車のブームだったのか?とかいろいろ考えるだけなら考えられるわけで、当時のことはよくわからないんですが、もしかしたらその、当時だといわゆる車内での性行為的なものが今よりも一般的(?)だったからかな、などと邪推したりもします。
 この時代の映画とか見てても、そういうシーンが結構出てきたりしますよね。

 外車はその国のお国柄が出るもんで、それは評論家の方が云うような乗り心地とかドライビング性能とかそういうものではなく、その国で必要とされているけど日本ではまったく必要がない装備がついてたりして、それが楽しかったりしますが、旧車も同じですね。
 現役で発売されていた当時のブームや風俗、時代性みたいなものがなんとなく見えるのが、古い車の面白いところかもしれません。
posted by TAKAMI Yui at 21:57| Comment(0) | 430セドリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。