2019年04月15日

原付が増えた

 文字通りなんですが。
 原付が2台増えました。
 これ以上バイク増やしてどうしようというのか。

 車種はこれ。

IMG_9423.JPG

 ダックス(AB26・復刻版)と、ロードパル(NC50)です。
 もうまさになんでいまさらの極地。

 ダックスのほうは、妻が昔からの憧れだった(けど、当時は高くて買えなかった)ということで購入。
 原付一種のST50ですが、キタコのボアアップキットで75ccになっていますので、二種登録になります。
 ダックスってもともと6V時代の、正式名称が「ホンダ・ダックスホンダ」で売りだされ、一度発売中止になり、90年代に入っていきなり復刻されました。
 そのすべてのバージョンを入れると、実にいろんなバリエーションがあります。
 排気量は49ccのST50と70ccのST70の二種類しかないのですが、ミッションは遠心式クラッチの3速や4速、クラッチ付きのモデルもあり、モンキーなみの複雑さを極めます。
 んが、復刻版ダックスは49ccの原付1種でスーパーカブと同じ遠心式クラッチの3速しかないので、そんなに複雑ではないです。

 登録が2種になるだけでもとりあえず都内で原付で走る怖さがない(2段階右折とか30キロ制限とか)のでいいんですが、ギアがローギアードすぎて、3速で全開まで回しても、よほど長い直線でもない限りは50キロくらいまでしか出ません。
 こりゃほとんど乗り方としては原付1種だな。

 ロードパルのほうは、前からずっと欲しかったんですよね。
 「モトコンポよりある程度大きさがある」「軽い」という条件だと、スズキのチョイノリとかこれとか、これとほぼ同じエンジンのスカイとかスカッシュとか。
 ただやっぱり歴史を作ったラッタッタが欲しかった。

IMG_9424.JPG

 当時、女性が原付を含むバイクに乗るというのはなかなかないことで、当時の原付は「スカートで乗れない」「力が必要なキックスタートは嫌」「ギアチェンジがわけわからん」と敬遠されていたわけです。
 そこでホンダが、それまで出していたリトルホンダというバイクに変わり、徹底的に女性ユーザーの獲得を目指して作ったのがこのロードパルでした。
 バイク離れした自転車のようなフォルム、ギアチェンジの要らない気楽さと、そしてキックの要らないスタート。
 とはいえ当時、セルスタータをつけたら高額になってしまうというのでつけたのが、このロードパルで初採用されたゼンマイ式スタータ。

 スタートの方法は、「エンジンキーをON」「ペダルを何度か軽く踏み、ゼンマイを巻く」「リアブレーキを握る」だけでエンジンがかかります。
 力を入れてキックする必要がないんですね。
 これのおかげで主婦でも気軽に乗れる「ファミリーバイク」という言葉が一気に普及し、ヤマハはパッソルを出して「HY戦争」と呼ばれるホンダとヤマハとの骨肉の争いになった……という歴史の転換点となったバイクです。
 ま、今となっては非力なバイクでしかありませんけどね。
 とはいえ、車両重量44キロしかないんで、早くはないけど原付としては必要十分な性能はあります。
 なんでこれが欲しかったかと云うと、

IMG_9430.JPG

 こういうことがやりたかったから。
 そして前回からやってるヒッチキャリア用テールもこれのため。
 これならキャリアとバイクを合わせても60キロくらいしかないんで、ヒッチキャリアにも無理がかからない。

 ただガソリンが入ってるとリアヘビーになるので、それをなんとかしないとちょっと危なっかしいかな。

 そして令和も始まるこの年にこういう組み合わせになる。
 いつまでも昭和に生きてる感じがしますね。

IMG_9429.JPG
posted by TAKAMI Yui at 17:02| Comment(0) | バイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。