2012年07月19日

背が高い

 こないだもN BOXもそうなんですけど、今やコンパクトカーや軽自動車でも「背が高い」のはひとつのキーワード。
 ダイハツ・タントやスズキ・パレットはもはやドル箱だし、スズキ・ソリオもかなり人気だとか。

 で、この背の高さってのは、荷室が広がるっていう意味では非常にありがたいんですね。
 バイクを積もうとか自転車を積もうとかすると、横幅よりも高さが気になったりするんです。
 自転車は横倒しでも積めますが、バイクは横倒しにしたらえらいことになりますからね。
 まあ、そんな特殊な用途でなくとも、背が高いことで積める荷物の幅ってのは広がるモノですし、ちょっと重たいものを積もうとすると、荷室に上がってワンボックスバンのように積み込みの作業ができるっていうのは割と便利だったりするんです。

 それによって立体駐車場に入れなくなるとかいうデメリットは出てきますし、ほかにも重たくなるとか空気抵抗の問題で燃費が悪化するとかいろいろあるんでしょうけど、毎日の道具として使うんであればこんな便利なものはない、というところなのかなあって気はします。
 ミニバンは大きいけどワゴンRじゃ小さい、コンパクトカーじゃ高さがなくて不便、っていう人に向けてっていう意味では、ソリオあたりの商品企画は確かに絶妙ではありますね。
 スバル・ドミンゴやダイハツ・アトレー7あたりだと、どうしても商用車っぽさがまだ残ってましたが、タントやソリオからはそういう匂いはまったく感じられません。普通に乗用車として乗りつけられる感じ。
 クルマ好きがあえて選ぶ感じではないですけど、家に一台あって道具として使い倒すんなら、ある程度はコレ一台でこなせるっていう意味ではそりゃヒットにもなるわなあって感じはあります。

 でもやっぱり、キャンピングカーもそうですが、背が高いこと・重心が高いことによる不安定さはどうしても付きまとうわけでして、たとえば高速道路とかで隣をバスやトラックが通過した時にふわっと吸い込まれそうになる感じとか、コーナで荷重が抜けて思いっきりふくらんだりとか、乗用車にない感覚にだけはちょっと気を付けないとってのはありますが。

 ただ、正味なハナシ、人が乗る頭の上がいくら広くてもあんまり意味はないんだよなあ。
posted by TAKAMI Yui at 13:06| Comment(0) | コラム的ななにか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。