2014年04月07日

モトコンポ キャブレタ修理

 以前キャブをオーバーホールして、モンキーのキャブに入っていたフロートバルブに入れ替えていったんは収まっていたモトコンポのキャブレタオーバーフロー。
 それからしばらくは順調だったものの、あるときいきなり再発しました。
 冬の寒さがきつい間しばらくはほっといたんですけど(乗る機会も多くないですしね)、とはいえいつまでほっといても仕方がないので、再度バラしてみることに。

 とはいえ、同じパーツを使って組んだらまた同じになる可能性大なわけで、事前にホンダに行ってモトコンポ用フロートバルブを注文してきました。
 フロートバルブ(部品番号16155-883-005)、1249円。高っ!

DSC03656.JPG

 モトコンポはスクータの割にキャブレタへのアクセスが簡単で、外装も5分で外れるし、キャブレタも丁寧に作業しても10分もあれば外れてしまいます。
 そんなこんなですっかりネイキッドになったモトコンポ。

DSC03658.JPG

 キャブレタはこれ。
 割と簡単にアクセスできます。

DSC03659.JPG

 このキャブレタだけを外し、バラすと同時にキャブクリーナを大量に吹きつけて清掃しつつ、新品のバルブを組み込みます。
 で、組み上げて再び始動してみると……直りました。とりあえず漏れはない様子。
 これでしばらくまた様子見ですね。
 で、またオーバーフローするようなら、

DSC03681.JPG

 実はQR50のキャブレタASSYも買ってあるんで、これに組み直してみようかなと。
 最初からこれを組み込めばいいじゃん、ってのはそうなんですけど……ま、安く治れば予備パーツとして取っておきたいじゃないですか。
 ちなみに、このQR50キャブ、部品番号16100-GF8-033、10605円。高い……んだけど、バルブだけで1200円するんならこっちに変えたほうがいいんでないかって気もしますね。
posted by TAKAMI Yui at 13:11| Comment(0) | モトコンポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。