2014年05月19日

1ヶ月点検

 インプレッサを一ヶ月点検に出してきました。

 以前も書いたとおり、このクルマはスバルのディーラで買ったので、一年の保証と一ヶ月点検がついてくるらしいんですよ。
 で、買った店よりもうちに近いところに拠点ディーラを移してもらって、買って店曰く一ヶ月点検の時期が来たらその移した店から連絡が来ると思いますということだったんですが、待てど暮らせど連絡が来ない。
 買ってから二ヶ月くらいたちそうだったので、こちらから出向いて「一ヶ月点検受けたいんですけど」と予約してきました。
 ま、厳密には買った店じゃないし、三十万円の中古車じゃ仕方ないか。

 ということで見てもらいついでに、オイルの交換と、以前からあったクラッチの不具合も調べてもらうことに。
 しばらく待ってたら、クラッチについてはフルードが劣化しているっぽいので、いわゆるベーパーロックを起こしているのでは、とのこと。まったく交換されてなかったんかい。
 で、それならフルードを交換すれば済む話……なんだけど、フルードのタンクの蓋をとめているネジが錆びていて、回すときにナメてしまう恐れがあり、一日預かりでやりたいとのことだそうで。
 新車から一回も交換されてないんか。
 で、これにはインタークーラをはずす必要があり、工賃込みで7000円くらい。
 油脂類だから保障の範囲外なんですな。まあ、仕方ありますまい。預かりになるのも、丁寧にやってくれるんならそのほうがありがたいわけでして。

 あとタイヤ。
 買ったときに、いかにも古くなっている感じだったので「このタイヤ大丈夫なんですか」と散々店の人に確認したんですが、「まだいける」とのことだったタイヤなんですが、かなり硬化してて交換したほうがいい、と。
 少なくともバルブが劣化してて空気が少し漏れてるので、これは交換になりますと(ただしバルブ交換は無料でした)。
 で、バルブを交換する際にタイヤを機械で潰すので、その際にヒビが広がる可能性があり、交換したほうがいい可能性がさらに高まると。
 さらに決定的に、とりあえずそれで進めてもらったら、ビスが一本刺さってて空気が漏れてるのが見つかった……つまりパンクしてましたと。
 これの修理で2000円くらい。
 そのディーラで新品タイヤ(ディレッツァ)を見積もってもらったところ、77,000円なり。
 とりあえずしばらく無茶な走りは控えることにして、おとなしくパンク修理だけしてもらって帰ってきましたけど。

 ま、増税対象になる旧車ですし、クラッチフルードもタイヤも消耗品ですから仕方ないんでしょうけどね。
 しかし、売るときは案外いい加減だなあ、スバルディーラ。格安中古車だからか。クラッチフルードまでは見ないのかな。
 いや、サンバーのディーラは新車でもいい加減だったから、なんかいい加減スパイラルなのかしら。

 というわけで、タイヤはもうすぐにでも交換したい勢い。
 ただ、高級品を買うつもりはないので、ナンカンあたりのアジアンタイヤを試してみようかななどと考えております。ついでにホイールも変えられればいいんだろうけど、その前に足回りだよなあなどとも思いつつ。
posted by TAKAMI Yui at 14:12| Comment(0) | インプレッサ(GF8)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。