2015年02月16日

幕張キャンピングカーショー

 幕張のキャンピングカーショーへいってきました。

 土曜日に行ったのですが、するっと駐車場には入れたものの、場内はほぼ満車状態。
 そして、この駐車場に溢れるキャンピングカーの数にまず驚きます。

DSC05023.JPG

 見渡す限りキャンピングカー。
 もうここだけでショーができるんじゃないか?くらいの勢いです。
 道の駅とかでも似たような光景は見ますが、モーターホームが多いのが特徴ですね。
 駐車場では、いわゆるキャブコン車は大型車駐車場に案内していたらしく、わたしのDはそういうモーターホームが停まってるような大型車用のところに案内されました。
 街中では比較的大きく見えるDが、ものすごく小さく見えます。

176.JPG

 会場内もすごい熱気。
 やっぱりブームなんですね、キャンピングカー。
 子ども連れ、ペット連れが多いです。

DSC05019.JPG

 今までとちょっとイメージが違うのは、いままでのキャンカーショーだと割と主役だったミドルクラスのキャブコン(タウンエースとかボンゴ、カムロードあたりがベースになってるやつ)が極端に少なくなり、軽自動車ベース、ハイエース・キャラバンベース、そしてデュカトやマイクロバスなどをベースにした大型高級クラスという三極化が進行しているような感じ。
 ボンゴもタウンエースもベースが古くなり、こういうライトトラックをベースにすること自体が無理が来ているのもあるかもしれませんが、それ以上に、「どうせ買うならすごく大きいの」「普段も使えて値段も現実的な軽自動車かハイエース」というところになってきているのかも。

 そして、ハイエースベースのものはレイアウトに凝っているものが増えてきていて、昔みたいに割と画一的ではなく、車種が増えているだけになにかしら特徴をつけようとがんばっているのが見て取れます。
 逆に軽自動車(軽バン、軽ワゴン)ベースのものはちょっと煮詰まり気味というか、さすがにもう工夫しつくされた感もあり、なかなか厳しいのかもしれません。
 基本的にはリアシートをフラットにして、その上であぐらをかくように座り、そこにギャレーなどをセットした感じのものになります。あとは内装の雰囲気とか、こまごました装備で差別化している感じ。
 軽トラベースのキャブコンとか、ポップアップルーフを付けると若干変わりますが、やはり値段の制約もありますからそれほど大きくレイアウトを変更することはできないんでしょう。
 これはもう、仕方がないことです。

 うらやましかったのは、ハイエースベースあたりでも、家庭用エアコンを装備しているクルマが増えていることです。
 バッテリやインバータの能力が上がり、さらに家庭用エアコンの消費電力が下がってきて、積みやすくなったからなんでしょうね。
 キャンカーを使ったことがある人なら、夏の夜のあの寝苦しさというか、暑くて寝られねえよ!というのは誰しもが感じたことがあるかと思います。
 それが解消されるってのはむちゃくちゃ羨ましい。

 そして、自動車メーカ製のものも増えています。
 今回のショーで一番人気だったのは、おそらくコレでしょう。

DSC05010.JPG

 ホンダのN BOXベースのトレーラです。
 N BOXの後ろを切ってピックアップトラックにして、その後ろにきっちり収まるトレーラをあつらえたもの。
 トレーラ部分はさすがに二人で使う前提なので結構広いです。

180.JPG

 でも、なにより、この前のトラック部分がカッコイイ。

182.JPG

 なんとなくT360っぽいデザインがすごくしゃれてます。
 徹底的に割り切った軽ピックアップっていうのも面白いですね。
 まあ、トレーラ含めてこれが売られることはおそらくないでしょうけど、こんなんあったら面白いだろうなあというコンセプトは感じます。

 そしてもうひとつが日産。
 日産は基本的にキャラバンベースのものがメインなんですが、その中の一台。

DSC05017.JPG

 バーベキュー専用車。
 車中泊に割り切ったクルマとかってのは今までいくらでもありましたが、バーベキュー専用ってのはすごい。考えた人の発想力勝ちですね。
 ま、もとの車種がEVバネットで、要するに電気が大きく使えるので、電熱調理機でバーベキューができますよってことなんでしょうけど、これをしまってしまうと人は乗れないし荷物は載らないし、ほんとにこれ専用。
 なんていうか、徹底的にバカバカしいですが、コンセプトカーはこうじゃないといけません。
 ……ま、バーベキューが楽しいのは鉄板使ったり火を使ったりするのが楽しんではと思わないではないので、これでバーベキューをやって楽しいのかみたいなところに行きつくんですけど、それはまあよいのでしょう。
 これを真面目に作ってしまうのがまたすごいです。

 あとはちょこちょこ気になったクルマを。
 まずは、やっぱりあった、ランクル70のピックアップキャビン。

184.JPG

 これいいなー。
 Dを買う前だったら、これ買ってたかもってくらいいいです。
 まずベースのランクル70がすごく魅力的で、これのキャンピングカーってある意味わたしにとっては最強です。
 普段はある程度普通の乗用車として使えるってのがいいですね。

 そして、ミカミさんは相変わらず変なもの(失礼!)を作っておりました。
 話題になった6輪テントむし。

185.JPG

 いやあ、バカバカしいですね。
 軽トラくらいの重さと大きさで、6輪にする必要性まったくありません。
 多少は安定性が増すかもしれませんが、それによる重量増やタイヤの抵抗とか、マイナス面のほうが多いでしょう。
 しかしいいんです。カッコいいから。
 やっぱりミカミさんはこうでないといけません。
 でもこれ、それの恩恵で中が広いんですね。
 さすがに幅はあまり余裕がないですが、長さはそれなり。

DSC05014.JPG

 普通車登録になっちゃうので、じゃあタウンエースバンとかNV200バネットでもいいじゃん!というとこですが、いいんですよ、カッコいいんだから。
 6輪車だとUターンとかに不便なので、小回り時にはいちばん後ろのタイヤが持ちあがって4輪になるシステムもついてます。

DSC05013.JPG

 ここまでして6輪にこだわるということそのものが素晴らしいじゃないですか。

 あと、Dテントむしのナロー版。
 Dはわたしが買った初期モデルからどんどん進化してますが、これは「普通のDは横幅があって運転しづらい」人のためのモデルだとか。
 わたしはあんまりそういう意味での運転しづらさを感じたことはないんですが、それにより車幅はかなり減っています。
 もちろん室内も幅がなくなり、対面シートがコの字シートになっています。

DSC05011.JPG

 ただ、ここまで割り切るなら、もうハイエースでもいいかなって気もしますね。
 Dの魅力は、あの大きさで中は割と本格的なキャンピングカーレイアウトなところにある(と思う)ので。
 とまれ、つぎはミカミさんがなにをやってくれるのか、すっごい楽しみです。
 また変わったものを作ってくれるんじゃないかなと。

 キャンピングカーショー、だんだん大きくなっていってますが、出展社も増えていろいろ見られておもしろくなってきたなあという感じがあります。
 もしDが壊れたらほしくなるようなモデルが出てくれればいいですね。
 今のところまだそういうのは出てないんで、買い替えたい欲求がなくて済むのはありがたい(?)ところです。
posted by TAKAMI Yui at 20:53| Comment(0) | 日記

2014年05月21日

LCC

 以前に書いたことがあったかどうか忘れてしまいましたが、わたしは飛行機というやつが本当に苦手でして。
 大学生時代に発症したいわゆるパニック障害というやつのせいで、「降りられない空間」にずっといる、というのができないんですね。
 それでも当時よりずっとましになったほうで、当時は新幹線どころか中央特快みたいな電車さえ乗れませんでしたが、今ではそのあたりはおおむね大丈夫になりました。
 ただ、飛行機というやつだけはどうしてもダメで、乗らなきゃいけないということになるたびに憂鬱な気分で乗ってて、できる限り飛行機に乗らないようにしたいので、北海道からわざわざ北斗星で帰ってきたりしてるわけです。
 何度か乗ってるうちにだいぶ慣れはしたものの、やっぱりダメですなあ。

 今回、仕事で「札幌に日帰り」という無謀というかなんじゃそりゃなタスクがあり、これはさすがに飛行機をでないと不可能です。
 どうせ飛行機を使うなら、(会社の経費とはいえ)安いほうがいいに決まってるわけで、今回はじめて「LCC」というやつを使ってみました。

 今まではJALとかそういう大手航空会社のものしか乗ったことがなく、LLCというのはどういうものなんだろうと調べてみると、AIR DOで羽田〜新千歳が28000円のところ、成田〜新千歳が6000円とかで行けてしまうんですね。
 往復だと4万円以上浮く計算です。これはでかい。
 平日なこともあり、チケットも簡単に取れました。

 というわけで、往復ともにLCC(ただし別の会社)で予約し、成田〜新千歳の往復で14000円くらい。
 こりゃ安いですね。新幹線じゃ東京から名古屋までの片道がいいとこです。
 ただまあ、羽田じゃなくて成田なので、都内から行くには結構不便ではありますが。

 行きはジェットスター。
 まあ、ネットで検索してみると、数ある日本のLCCの中でも評判の悪いほうで上位にいるようです。

 LCCは、荷物の預かりが有料(普通の飛行機なら無料)だとか、機内サービスが有料(普通の飛行機だとジュースくらいは出る)とかいろいろあるんですけど、そんなことで運賃が3分の1とかになるんならウエルカムです。
 今回のようなケースでは手荷物が極端に少ないので、荷物を預ける必要はありませんし、1時間半くらいならペットボトルの飲み物でも持ってけば十分事足ります。
 問題は、フライトの時間が割と早朝になっていて「ちょうどいい感じ」の時間が少ないこと(少ないのですぐに埋まってしまうのですね)とか、そんなんじゃないかなあ。
 あと、チェックインとか搭乗手続きの締め切り時間がやたらと早く、融通も効きませんので、電車が遅れたとか車が渋滞したとかいってもダメです。几帳面な人向きかも。

 今回は9時40分発の便に乗ったのですが、前日夜にWEBチェックインを行っていて、さらに手荷物も小さい鞄一個なのでカウンタに行く必要はなく、30分前に搭乗口に行くだけです。
 LCCの場合、搭乗口もはじっこのほうに追いやられてることが多いんで、それもめんどくさいかも。
 ネットではチケットの買い方がめんどくさいとかってのも見受けましたが、それはなかったなあ。必要なこと入れるだけです。
 ただ、そんなんで遅刻しても嫌なんで、前日の深夜に成田空港の駐車場に車を入れ、車内で朝まで寝てました。こういうときキャンピングカーはほんとに便利ですな。

 で、空港に入り、30分前に集合し、バスで飛行機に向かいます。
 だから遅れられないんですね。
 バスはナンバーついてないんだなあ。あたりまえか。

DSC03903.JPG

 で、飛行機はおなじみのボーイング社製ではなく、エアバス社製のA320という機体。

DSC03905.JPG

 ジャンボジェットではなく、少し小型の旅客機ですね。ボーイングでいうと737くらいか。
 ただし、これもLCCの特徴なんだそうですが、それにも3列×2を詰め込み、前後もぎりぎりまで座席を入れてるので、正直座席は狭いです。特に前後の余裕がなく、短足小柄なわたしでも「こりゃきつい」という感じ。
 足を組むなんてもってのほか、一昔前の軽自動車の後部座席みたいな狭さです。ワゴンRとかの後部座席のほうがまだ余裕あると思う。

 ただし、別に飛行機自体がボロいというわけではないので(新しくもないですけど)、そういう意味での不安はありません。ほんとに単純に狭いだけ。
 サービスが悪いとかってのも聞きますが、乗務員の人の対応は普通です。良くも悪くも普通。
 しかし、なにより面倒だったのは、値段が安いから大学生の集団旅行に使われることが多いみたいで、まあ室内がうるさいこと。
 わたしの隣2人とその後ろ3人が大学生だったようで、でかい声でくだらない下ネタとか云ってんだ、これが。こっちゃ眠いんだって。しかもどうやら話聞いてるとわたしが卒業した大学の連中、つまり後輩みたいでさらにテンションダウン。
 静かにゆったり移動したいなら、席の狭さと併せて向きませんね。移動するだけならこれで十分ですが。

 ただし、飛行機はちゃんと定刻通り新千歳につきましたし、特になにか嫌なこともなく。
 1時間半、7000円で北海道まで行けるんなら、文句云っちゃいけませんってなもんです。

 帰りはバニラエアー。
 これもLCCです。

 なんで航空会社を変えたのかと云うと、上にも書いたとおり本数が多いわけではないので、1つの航空会社に絞るとちょうどいい時間に行って帰ってってのができないんですね。
 で、普通の航空会社のように、往復だと運賃が安くなるみたいなのもないので、時間にあわせて航空会社を適当に変えるのがよろしいかと。

 このバニラエアーは、ジェットスターほど悪い噂は聞かないものの、6月からの便でいくつか欠航が決まっていて、その理由が「機長が足りないから」というなんじゃそりゃなものだというのがニュースなんかで流れています。
 バニラエアー新千歳発成田行きは19時発なので、18時半には搭乗口にいないといけません。
 今度はWEBチェックインみたいなのがないのですが、カウンタに打ち出してあったものを持っていけば簡単に発行してくれます。実にあっさりしたもの。
 バニラエアの場合、普通の航空会社より条件はありますが、無料で手荷物も預かってくれますので、ジェットスターよりもLCC初心者向けかも。よくわかりませんが。

 こちらも機体はエアバスA320で、狭いのは一緒です。ただ、心持ちジェットスターのより広かった気がする。席の位置の関係か、帰りの便だったので人があまり乗ってなかった(行きはいっぱいでした)のもよかったのかな。
 あとはジェットスターと基本同じなんであれですが、スチュワーデスさんの制服の色合いがなんとも不思議な感じでお綺麗でした。ていうか、帰りは疲れててほとんど寝てたんでよくわからん。

 というわけで、初LCC、特に問題なく普通に行って帰ってこれてしまいました。
 もっとも、LCCが問題になるのはイレギュラなことが起こった場合なんで、普通に運航してる分には特に問題はありません。時間も羽田から新千歳に行くのとたいしてかわりませんしね。
 ただし、欠航になったりとか、急に予定を変更しなきゃいけないなんてときには、まったく融通がきかないんだそうです。それで運賃を下げてるんだから仕方ないことですが、いざ頼りたいときはこういうなにかトラブルがあったときなわけですから、そういうときはちょっと怖いかも。
 飛行機の運航に変更がないサービスを有料化したり、不快にならない程度に座席を詰め込んでまとめて人を運んだり、あるいは「もしものときの特別扱い」をしないことでルーチンにしてコストを最低限にすることで運賃を下げる、というのは、実に面白いと思います。
 安全性にかかわるところや燃料代などは、航空機の機種によって違いはあるにせよJALなどと変わらないでしょうから、カットするならここしかありませんからね。
 問題はこの競争が過熱化して、この安全性にかかわるところがカットされるようになることなんですが。
 つまりまあ、JRなどが定期運航している夜行高速バスを通常の航空会社だとすると、LCCは地元の業者が安くやってるツアーバスみたいなものですね。安いけど車内設備などにそんな文句云っちゃいけません、みたいな。
 ツアーバスもそれで結局大きな事故をやっちゃいましたから、そうならない程度に競争してくれれば、ある程度JALやANAなども含めて航空運賃は下がってくるんじゃないかな。

 あとは、出発が成田空港になるということですかね、問題は。
 わたしが住んでいる一之江から羽田空港までは、直通リムジンバスがでていてこれなら1000円で空港まで行けます。往復2000円。
 成田空港は、一之江からは直通では行けませんが、近隣からリムジンバスで行こうとするとだいたい往復で5000円くらいかかります。
 羽田空港に比べて成田空港は駐車場が安いので(今回丸一日停めて1500円です)、特に早朝便とかで、さらに泊数が短いならクルマで行くという選択肢もあります。
 一之江から羽田まで、高速道路代が往復4000円くらい、駐車料金1500円で5500円。
 つまり、羽田空港までの運賃と成田空港までの運賃を比べると、もちろんスタート地点によって違いますが、だいたい成田のほうが高くつくんですね。わたしが住んでいる江戸川の、千葉との境目でさえ。
 んで、たとえば、AIR DOだと、少しシーズンを外れた時期なら15000円くらいで羽田から新千歳まで行けます。これならサービスもJALやANAとかわりませんし、飛行機も大型のボーイング777なので、今回のエアバスA320のような狭さはありません。もちろんチェックイン時間もそこまで厳しくありませんし、万が一のときにも融通はききますし、機内でジュースも出ます(必要かどうかは別にして)。
 ジェットスターはその半額ですが、成田までの交通費を考えると、その差は縮まってきます。手荷物を預けようとかすればさらに縮まります。結果的に比べたらあんまり差がなくて、へんなリスクとか時間制限とかを考えたら結局従来の航空会社のほうがよかったじゃん、ってことにもなりかねません。手荷物1個預けるのに1500円って大きいですよ。
 ただし、AIR DOも今回調べた感じでは往復で6万円近くかかりますから、それに比べたら成田空港まで行く手間を考えてもだいぶ安くなります。

 わたしは飛行機あんまり詳しくないんですが、まあ、選択肢が増えるのは悪くないのかな。
 あんまり乗りたくはないですけど。
 
IMG_2626.JPG
posted by TAKAMI Yui at 14:56| Comment(0) | 日記

2014年05月14日

自動車税

 無駄にカネを支払わされる、嫌な季節でございます。

DSC03885.JPG

 Dは1500ccなので27,600円なんですが、こないだ買ったインプレッサは、2000ccながら13年超の割増がかかるので、43,400円也。
 古いものを大切にしてカネを多く払わされるってのも変な話だなあと思いますが。
 
posted by TAKAMI Yui at 20:43| Comment(2) | 日記

2014年01月02日

あけましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いいたします。
 もうちょい頻繁に更新せねば。

 とりあえず、間近なのはDの車検ですねえ。
 1回目の車検ですがかなり過走行なので、どうなることやら。

 そしてモトコンポが調子悪いです。
 こちらはいじれるところは自分でいじってみるかな。
posted by TAKAMI Yui at 22:56| Comment(0) | 日記

2013年12月03日

免許更新

 免許証を更新してきました。

 免許をとってもう15年以上になりますが、実はわたし、免許の更新ってまだこれで3回しかやったことないんですよね。
 というのも、切り替えのタイミングで新しい免許を取ってきたというか、普通免許のあとに二輪をとったり、そのあとに大型自動車をとったり大型二輪をとったり、更新する前に新規で発行してもらうことが多かったからなんですが。
 一回目はずっと前に警察署で更新し、今回も含めた2回は同じ免許センターで更新しています。
 前回と今回はここ。

IMG_2109.JPG

 おなじみ血税の無駄遣いの象徴、都庁です。
 いちおう(名目上は)優良ゴールド免許なので、更新できるエリアは広いのは助かるんですが、わたしは職場が新宿でして、仕事を抜け出して行くには新宿近辺がちょうどいいんですね。
 そうでなければ警察署で更新するのがすいてていいんですが。警察署は基本優良区分の人しか更新できないので、必然的に人が少ないわけです。
 免許センタは大きいんですが結構混みますし、まして休日なんかだとかなり待たされるので、そんなことに時間を使うのもバカバカしいですし行けるなら平日がいいですね。

 とはいえ、今回は時間帯がよかったのかがらがらで、すべての手続きにおいて待たされることはまったくありませんでした。
 あえていうなら、講習がはじまるまでに20分ほど待ったくらいでしょうか。
 講習時間自体は30分なので、ちょっともったいない気がする。
 視力検査と、わたしは大型自動車持ちなので深視力(奥行き検査)があるんですが、深視力のほうはなんか1回目でコツをつかんでクリアしたものの、視力がかなり落ちていてそれがぎりぎりっぽかった感じ。

 で、まあ、講習自体はたいしたこともなく。
 数年前に行ったときは一時停止違反で瞬間的に青免許になっていたので60分でしたが、優良講習の30分ではたいしたことはできませんね。
 道交法がこんなふうにかわりましたみたいなことを軽く説明してビデオを見せられるんですが、ビデオも終わりまでじゃなくて30分の時間が来たら途中で切られる感じ。
 まあ、形骸化してるってか、形上のものなんでしょうね。
 60分のときもその尺が長いだけでたいして変わらなかった気がしますが。
 でもあの、交通事故はこんなに悲惨、みたいなビデオは結構好きなんだけどなあ。好きっていうのも不謹慎かもですけど。

 講習の待ち時間も含めて、だいたい1時間ちょっとくらいで更新終了。
 早いもんです。

 そのときに配られるコレ。

IMG_2113.JPG

 たぶん家に帰ったらまったく読まれずに捨てられることも多いであろうこの小冊子ですが、これ、意外と役に立つっていうか、再確認する意味では軽くでも目を通しておいたほうがいいんですよね。
 今回これでいちばん驚いたのは、交差点の右折矢印信号が出ているときのUターンがいつのまにか法改正され、違反じゃなくなっていたこと。
 あれは「右折のみ可」なので、交差点内での転回、つまりUターンは実は違反であり、なんとなく見逃されてるけど捕まるときは捕まるみたいな話も聞いていたんですが、あれもまあ不条理というか意味のわからない条項でしたから改正されたんですね。
 多くの人はあれが違反だったという事実を知らずに運転してると思うので(わたしも聞いたときは驚きましたから)、ある意味いつも通りのことが「実は違反」から「違反じゃなくなった」ってハナシですし、あんまり関係ないんでしょうけど。

 あと、黄色い車線ははみ出しての追い越し禁止、白の破線は追い越しOKっていうのはまあ常識として知ってる人がほとんどでしょうけど、白の直線も追い越しOKだと思ってる人が多いんではという気がしますが、あれ実は意味合い的には黄色線よりも強いはみだし禁止なんですね。
 黄色線は「進路変更禁止」ですが、白線(中央線)は「はみだし禁止」なので。
 いちおうこういう発見もあるので、全部見る必要はなくてもなんとなく見ておくといいのかなと。

 しかし何よりの問題は、免許証の写真の髪の毛がえらいぼっさぼさなことですよ。
 前の写真のほうがよっぽどまともだったのに。
 これと5年間付き合うのか……!
posted by TAKAMI Yui at 16:28| Comment(1) | 日記