2018年03月26日

ストレート 充電式ポリッシャー導入

 今までなんとなく欲しいなと思ってはいたものの、なんか別にどうしてもってことでもないしどうしようかなあと思っていたもののひとつ、ポリッシャー。
 なんとなく買ってみました。

IMG_8240.JPG

 いや、別にいまになってどうしても欲しくなったとかいうわけではなく、楽天でワコーズのケミカルを買ったんですけど、あともう少しで送料無料になる。
 でも別にどうしてもってものもないしどうしようかなあ、という状況で、いつもならフューエルワンとかを買うんですけど、なんとなく見つけたコレにしてみました。

 いつもワコーズのケミカルとか工具とかはたいてい楽天のストレートで買うんですが、このポリッシャーもストレートのもので、9000円くらいだったかな。
 たぶん輸入品だと思うんですけど、ストレートのものならそんなにハズレもなかろうということで。

 ポリッシャーが欲しいなと思っていたのは、主にキャンピングカーを洗うためだったんですよ。
 キャンピングカーって平面が多いんですけど、面積がとてつもなく広いので、手で洗うのが面倒とかいうレベルでないくらい面倒なんですよ。
 ガソリンスタンドの洗車機には入らないし、かといって手洗いなんぞしてもらったら1万円とかとられます。
 わたしが行っているトヨタのディーラーでは、車検とかの際の洗車が有料なんですけど、それで頼んでも洗ってくれるのはフロントの部分だけで、後ろまでは洗ってくれません。
 で、面倒だからと放置した結果、雨の線が入りまくってしまって、普通に擦ってもまったく落ちなくなってしまいました。
 さすがにちょっとなんとかしたいなあと思っているところで、もう人力ではどうにもならないんでこりゃいよいよポリッシャーだなと。

 電源のない駐車場で使うので、充電式であることが必須でしたが、最初は電動ドリルとかドライバーとかの先につけるポリッシャーアタッチメントみたいなやつにすれば、電動ドライバーとしても使えて便利なんじゃないのと思ってたんですよ。
 でも、実際に使ってみるとちょっと違ってました。
 結論からいくと、これ買ってよかった。なんでもっと早く導入しなかったのかと軽く後悔しました。キャンピングカーとかワンボックスとか、平面で面積が多いクルマの洗車を自分でやる人であれば、買ってまったく損しないです。
 シュアラスターの無水ワックスをあわせて使ってるんですが、これで何年モノだったかわからない、手ではいくら擦っても落ちなかった雨による水アカも一発で落ちてくれました。

 この手のポリッシャーって、単純に先端のスポンジがぐるぐる回るだけだと思ってたんですけど、このストレートのポリッシャーは、回るよりもタテ方向に上下する力のほうが強いです。
 ボディに押し付けると、回転は止まってしまいますが、上下方向の動きは止まらないので、それによって汚れを落としている感じですね。
 もっとパワーのある、値段の高いやつだとさらに回転のパワーが加わってもっと落ちるのかもしれませんが、パーソナルユースであればこれで十分です。
 逆に、電動ドリルとかのパワーがないやつだとこのタテ方向の動きがなく、回転だけになってしまうので、落とす力は少し弱くなるかもしれません。

 セドリックくらいの大きさであれば手で洗車もできるんですが、背が高いキャンピングカーは洗車するだけでも一苦労だったので、これでかなり改善されそうです。
posted by TAKAMI Yui at 18:33| Comment(0) | Dテントむし

2018年03月22日

S412Uタウンエース ミッション不具合直らず

 ミッションの不具合でトヨタに入院していたDが戻ってきました。

 そもそも車検のとき、クラッチが減っていて半クラッチがなくなっているような状態だったんで、クラッチ交換を頼んだところから始まるんですが。
 クラッチ板の交換から戻ってきてクラッチそのものの不具合は直ったんですが、二つほど不具合を抱えて戻ってきてしまいました。

 ひとつめは簡単なほうで、クラッチを踏み込むと「キュ」という音が聞こえます。
 これはもう前に乗ってたGF8でも経験していたやつで、おそらくクラッチのレリーズシリンダの不具合でしょう。
 もうひとつが、主に1速に入れようとすると異常に固いというか、ぐっと押しこまないと入らないときがあるんですね。主に、と書いたのは、1速以外でも発生することがあるからで、3速と5速に集中しています。つまりNの位置から上にレバーを動かすときに顕著で、1速がいちばんひどいです。ひどいときだと押し付けて無理やり入れるような感じ。もちろんクラッチは切れてます。その状態でほかのギアには入るので。

 これらの症状は預ける前には起こっておらず、クラッチ交換のときにミッションを下ろしたそうなんで、そのときになにかあったかなというわけで出戻りになったわけです。
 クラッチ交換の際にレリーズシリンダは交換されていなかったそうなんで、これは交換すればすみそうなんですけど、問題は2番目のやつ。
 とりあえず素人判断も危険なんで、そのままトヨタに持っていって預けてきました。
 前回の更新でメルセデスを借り出して乗ってたのはその間の話だったわけなんですけど。

 で、戻ってきたんですけど、結論からいくとなにも直ってませんでした。

 クラッチを切った時の「キュ」音については、トヨタの見解もやはりレリーズシリンダの不具合。レリーズシリンダについては、前回のクラッチ交換の際にもいちどバラしてグリスアップしたそうなんですが、今回もまたグリスアップしたとのことで。いちどグリスアップまでしたんじゃもう交換しちゃったほうがよかったんではないかい? そんな高い部品じゃないんだし。
 で、やっぱり直ってなかった。すぐに再発してしまいました。

 もうひとつのミッションが入りづらいほうについては、トヨタの見解では、ミッションを下ろしてクラッチを交換したあとにミッションオイルを入れ替えたんですが、その際にミッション内部にあったスラッジがシンクロに流れ込み、噛みこんでしまったんではないかとのこと。
 いちおうミッションオイルを入れて流してという作業を3回くらい繰り返したそうなんですが、それでもやはり完璧には解決しなかったと。
 もちろんミッションオイルがなじむまでは多少こういう現象が起こることはあるようですが、それにしてもこりゃ固すぎる。
 で、完璧に直すためには、ミッションを開けてOHする必要があり、20万円くらいの費用がかかるとのこと。
 ミッションASSYで交換しようとすると新品のMTが部品代だけで25万円近くするうえ、なぜか在庫が東京の部販にもトヨタ本社にもないので待ちが発生する。さらにリビルドも在庫がなく、あっても価格は20万円くらいする。それなら今のミッションをOHしたほうがよかろうと。であればいまミッションオイルがなじむまで様子を見て、ダメなようならOHを考えたほうがよい……ということでした。
 在庫がないのはダイハツの輸入車だからなのかなあ。それにしたって430みたいに35年前のクルマとかならともかく、今現役で売ってるクルマだよ? これ別に動かない故障じゃないからいいんですけど、ミッションが完全に逝っちゃったら少なくともしばらくは直せないってことになっちゃうんじゃないの。

 ま、トヨタの作業のせいで不具合があったとか云うつもりもなく、どっかを直せば別のところが壊れるなんてのは散々経験してる話なんで別に責任をとれとかいうつもりもないですし、ここで買った車でもないのによくしてもらってるんで別にいいんですけど、これほんとにシンクロなんかなあという疑問はちょっと残ります。
 ギアが噛みこむ感じというか、入れたときにギアがつながりにくい感じはしないし、もっと表層的な部分っていうか、ミッションを車体に組みつける際に少し位置がズレててどっかに当たってるとか、そんなことじゃないかなって気もするんですけども。

 しかし、430をいじってるせいで、多少の故障には寛大になってる自分がいてなんかとても進化を感じますね我ながら。前までならちょっと不具合あったら心配で仕方なかったのに。

 とりあえず仕方ない。しばらく様子見ですね。
 それにしたって今度持ってくときはレリーズシリンダは交換だな。
posted by TAKAMI Yui at 21:22| Comment(0) | Dテントむし

2018年02月13日

オートキャンプに行ってきた

 いや、タイトルの通りなんですが。
 新車でキャンピングカーを買ってはや6年、3回目の車検を通してそろそろ10万キロが見えてきたわけなんですが、実はオートキャンプというものを一度もやったことがなかったんですよ。
 もちろん車中泊は何度もしてるんですが、キャンプ場へ行って煮たきをするとか、そういうのはやったことがなかったんですね。
 最近いろいろあってキャンプ熱が勝手に高まっていることもあり、はじめてキャンプ場へ行ってきました。

 まあ、キャンプのオンシーズンって基本的には夏〜秋とかなんでしょうけど、冬に寒いのは着こんだり暖房入れたりすればなんとかなると思いますが、逆に暑いのはどうにもならない。
 キャンプ場でエンジンをかけたままにはできないので、エンジンをとめたままの冷房装置が今のところ扇風機しかない今では夏はちょっときついかなと思ったんですよね。
 あと虫がいない。これも重要。

 というわけで、長野の浅間山にある「あさまの森オートキャンプ場」が今回のキャンプ地です。

IMG_8103.JPG

 雪がすごかった。
 小諸市内は全然雪がなかったんですけど、浅間山に登って標高が高くなるにつれて雪が増えてきて、キャンプ場内はまだまだ雪だらけでした。
 ちなみに他のキャンパーは2台。静かなもんです。
 スーパーで買ってきた肉なんかを焼いてみたりして。

IMG_8108.jpg

 車外で焼いたり湯をわかしたりできればよかったんですが、さすがにそれをやるには寒かった。
 気温もそうなんですが風がすごいのと、下の雪から来る放射冷却が。

 しかしそれでも、車内の設備で煮たきができるというのはとても便利だし、そのまま車内をベッドにしてFFヒータであっためた室内で寝るってのもとても快適ながら割とキャンプ感あるし、これはこれで楽しいもんです。
 とりあえず、今回のキャンプで必要なものとかもわかってきたので、少しづつ揃えてみようかな。

IMG_8107.JPG
posted by TAKAMI Yui at 17:16| Comment(0) | Dテントむし

2018年01月29日

Dテントむし 車検

 430ばかりいじっているようですが、Dのほうも先日車検を迎えました。
 走行距離は95000キロで、そろそろ10万キロに届きそうなので、ここでメインの油脂類を総とっかえすべく、普通のオイル交換とLLC交換に加え、ミッションオイルとデフオイルも交換することに。
 バッテリーは4年前に交換したので、これも新品に交換。
 買ったときから一度も交換したことがなかったサブバッテリーも、まだ特に減った感じはしなかったんですが交換することにしました。
 いや、実はこれ、バッテリーのサイズを間違えて買ってしまって、大きくて入らねえ!ってなってたところ、たまたまサブバッテリーのサイズと同じだった……というだけの話なんですけどね。
 どちらにしてもそろそろ交換しなきゃならん時期だったでしょうし、まあいいかという感じですかね。

 いちばん大きいのはミッション関係をまとめて整備したこと。
 いや、実は最近クラッチの遊びがなくなってきてしまいまして、明らかにクラッチのつながりとかがおかしかったんですよ。
 もちろんレーシングカーみたいにクラッチワークがシビアとかってことではないんですけど、やはり発進のときとかバックのときとかにポンとエンストすることが出てきてしまいまして。
 クラッチ板の交換をはじめ、ベアリング類を総とっかえしました。
 ディーラーでやっても3万円くらい。430の工賃と比べると激安に感じますね。パーツがあるって素晴らしい。

 合計ではちょっと値が張ったものの、無事車検も終わりました。
 これでしばらく安心して乗れるかな。
posted by TAKAMI Yui at 14:17| Comment(0) | Dテントむし

2017年01月20日

はからずも1年点検

 最近はめっぽうセドリックばっかりいじってましたが、Dのほうも使っております。
 というか、セドリックはまだきちんと乗れる状態ではないので、必然的にDのほうが活躍の機会は多いです。
 とはいえなにか新しいものを付け加えたとかいうんではないんですが。

 今年車検だと思ってトヨタに預けたら、整備が終わって陸自に持っていく寸前に電話がかかってきて「車検は来年でした」と云われたのがここ最近一番のトピックでしょうかね。
 まあ、1年点検だと思えばいいか。
 ブレーキパッドを交換してもらって3万円でした。考えてみればブレーキパッドはじめて交換したのと違うかな。

 しかしまあ、セドリックと交代で乗ってると、やっぱりこのシートはなんとかしたい。
 トラックのシートなんでリクライニングしないんですよ。
 バンのシートに変えるかレカロに変えるかで、レカロのシートは実は買ってあるんですが、なんかめんどうくさそうでシートすら買ってないという状況。いかんなあ。

 しかしとりたてて故障もないので、安心して乗れるのは大きいです。
posted by TAKAMI Yui at 21:02| Comment(0) | Dテントむし