2012年02月09日

高速道路でのエンジン回転数(サンバートラック)

 昨日の日記で「サンバーのほうが高速道路では圧倒的に燃費が悪い」と書いたのですが、考えてみればここには高速域での回転数を書いてなかったなと思い出しまして。

 ELM327とTorqueで測ってみたところ、サンバースーパーチャージャ4WD・3AT・空荷の場合、時速80キロで4500rpm、100キロで5400rpm、120キロでは6600rpmも回ってました。
 そのままアクセルを床まで踏み続けるとリミッタにあたるまでは加速しますが、リミッタはだいたい135キロくらいで効いてしまいます。さすがにそのときの回転数はわかりませんが、これだけ出すと細い標準タイヤではどこへすっ飛んでいくかわからなくて非常におっかないのでちょっと非現実的でしょうから、これはまあいいです。
 東名や中央道の100キロ区間での流れはだいたいこれくらいの速度域での巡航がメインになるでしょうから、高速道路を走るとなるとこのあたりでだいたいエンジンを回すことになるワケです。

 S412ライトエーストラック(5MT)の場合ですと、80キロで2500回転前後、90キロで3000回転前後。
 E46 330i(5MT)では100キロで2300回転くらい、120キロでも2600回転とかだったような。
 単純に考えれば、同じ100キロだと、E46とサンバーでは2倍以上回転数が違うんですね。
 たぶんE46でサンバーの100キロと同じ5000回転近くまで回したら、200キロ近く出ちゃうんじゃないかなあ。

 ちなみにこのサンバー、アイドリングでは900回転前後なのですが、エアコンを入れると1300回転くらいまで回転数が上がってしまいます。実に1.5倍になるわけですね。
 排気量の小さい軽自動車にとって、エアコンのコンプレッサがいかに負担になるかということでしょう。
 実際、エアコンを入れる夏では、サンバーの燃費は目に見えて悪化します。
 E46ではエアコンくらいではそこまで極端には悪化しません(もちろん若干は悪くなります)。

 タンク容量は40リットルとS412ライトエースとほぼ同じですが、サンバーの場合はだいたい250〜300キロくらいで給油の必要がある感じ……だったんですけど、そうだとするとリッタあたり10キロ走ってない計算になるなあ。そんなに悪いのか。

 ただしコレは、サンバーでも「AT」「スーパーチャージャ」「フルタイム4WD」と割と燃費が悪化する条件がそろっているので、たとえばMTだったりすればもうちょっと燃費はよくなるんじゃないかなと思います。
posted by TAKAMI Yui at 00:18| Comment(0) | サンバー

2012年01月03日

500キロ走行

 この年末から3日にかけて、初詣やら仕事やらで500キロくらいサンバーで走ってました。
 自分の車がまだ来てないので仕方なしになんですが、さすがに疲れるかもしれない。
 一気にじゃなく、3日間の総合でコレですから、軽トラキャンパーで長距離ってのは、やっぱりしんどいのかもしれないなあ。

 ただ、シートの出来という意味ではライトエースも変わらないだろうし、おんなじようなもんなのかも。
posted by TAKAMI Yui at 22:42| Comment(0) | サンバー

2011年12月28日

軽トラon高速道路

11月にE46を引き渡したことで足車がなくなってしまったので、実家からサンバーを借り出して足にしているのですが、そうすると深夜の会社の行き来とかで高速道路(首都高速)を頻繁に使うことになります。
高速道路で軽トラックを見ると、遅く見えるのでついつい追い越したくなりますが、このサンバーに限って云えば、普通の軽乗用車と同じくらいの巡行は可能です。
3ATとはいえ軽量ですし、58馬力ありますから、そこらへんのハイト軽ワゴンのNA車なんかより速いでしょう。
高速道路を走るのは夜がメインなので、渋滞などがないハイペースな巡行がほとんどなのですが、普通に車の流れについていくのは苦ではないです。
さすがに積極的にバンバン追い越していこうとは思いませんが。
最高速度は平地でアクセル踏み抜いて130キロでした。下り坂でもないとリミッタには当たりませんね。
たぶん、ギア比がローギヤードすぎるんじゃないかなあ。

ただし、重心が高いうえにタイヤが貧弱なので、E46はもちろんエクストレイルと比べても同じ速度域でコーナに突っ込むのは無理。
4号線新宿コーナとか代々木カーブとかだと、かなり減速しないと怖い思いをします。
足回りはさすが4独サスなだけあって、ほかの軽トラよりはしっかりしてるのですが、それでもまあ微々たるものです。
それでもまだ2WDモデルよりは安定してるんでしょうけど。
タイヤもそうですが、パワステもちょっと軽すぎるような。
市街地での取り回しはいいんですけどね。

あと、軽トラで走ってるとほかの車から明らかにナメられるんですよね。
とくにタクシーなんか、平気で直前にいきなり割り込んできたり、渋滞時に一台一台交互に合流してるところで無理やり頭を突っ込んできたりします。
あまりに危なっかしいときはクラクションを鳴らしますが、結局「ああそう」くらいの感じですね。
よっぽど遅く見えるんでしょう。
軽トラ=農道を走る遅い車の代表、みたいなイメージは確かにありますから仕方がないんですが。

もうちょっと太いタイヤを入れて車高を少し落とせば、今よりはコーナを攻めて走れそうですが、まあ、そんなことしても仕方がありませんわな。

ただ、高速道路を走ると燃費だけは極悪になります。
3AT+スーパーチャージャ+フルタイム4WDじゃ、高速燃費なんかいいわけないですね。
普通は高速道路のほうが燃費が伸びるものですが、このクルマの場合おそらく適正速度は60〜70キロくらいなので、高速道路の80〜100キロペースに合わせるとちょっとエンジンが回りすぎます。
リッタあたり5〜6キロくらいのもんじゃないかな。
posted by TAKAMI Yui at 16:26| Comment(0) | サンバー

2011年12月19日

サンバー

 来年にトヨタから出る「86」と同じクルマのバッジ変えであるスバル「BRZ」は、スバルのサンバーの生産ラインを使って作られるとのこと。
 ということは、サンバーの生産中止が秒読みになってきたということですね。

 別にスバルに何か思い入れがあるわけではないし、サンバーにも特別な思いれがあるわけではないのだけれど、実際に使ってみると、このクルマの良さがなんとなくわかってくるもので。
 RRレイアウトのおかげで車内が(他の軽トラに比べてという話ですが)静かだし、空荷のときでもリアにちゃんとトラクションがかかるのでスタートダッシュも速い。4WDですしね。
 まあ、売れてれば中止になることはないわけで、時代の流れとしては仕方がないんでしょうけど、また余裕ができたら独自開発してもらいたいなあとは思います。
 でも、気のせいか、それともサンバー以外の軽トラが目に入ってこないからか、自分の生活圏の中ではハイゼットやキャリーよりもサンバーのほうが見かける気がするんですけどね。

 特に、中距離の配送に使われてる=高速道路を走ってる軽トラはほとんどサンバーな気がします。

 軽自動車の規格が大きくなって、軽トラックもそれに合わせてそれまでの型から小さなボンネットのようなクラッシャブルゾーンを持つようになったのですが、サンバーだけはフルキャブの型に後付けのようなボンネットを取り付けたようなカタチになり、不格好ながら室内(特にペダル周り)は他社の軽トラに比べて広いままを維持しました。

 そんなんで衝突の時はどうなんだ?ってコトなんですが、コレは実際に現行サンバーで信号無視のクルマと正面衝突したときのことがあったので身をもって体験したのですが、案外大丈夫です。
 こちらは時速20キロくらい、相手は30〜40キロくらいだったと思うので、単純な相対速度は60キロ前後だったと思います。相手はMRワゴンだったかムーブだったか、とにかくそんな感じの軽トールワゴン。
 ヒットしたのは助手席側です。

 ボンネット部分は凹んでるし、フレームも曲がってるのですが、室内にダメージはありませんし、フロントガラスもヒビなどは入っていません。

DSC_1431.jpg

 ただし、助手席足元に置いてあったカーナビの本体が壊れたのと、パネル類が押し出されているので、相応のダメージはあったと思われるのですが、仮に助手席に人が座ってたとしても、足を挟まれたりするようなことはなかったと思います。

DSC_1436.jpg

 助手席・運転席ともにエアバッグが付いているので、たぶん大きなケガもなかったでしょう(わたし自身もエアバッグの火薬で手を少し火傷したくらいでした)。
 たぶん、フレームが強固で、軽自動車同士のオフセット衝突くらいならフレームで守りきれるんでしょうね。コレが速度が上がったり、相手が大型トラックだったりしたらまた話は別なんでしょうけど。

 現行サンバーの後継(まあ、スバルで売る以上、名前はまたサンバーなんでしょうけど)はやっぱりハイゼットのOEMになるんだろうなあ。
 ハイゼットが悪いわけではないのだけれど、軽トラの中であれだけ独自性あるクルマがなくなるのはちょっとさびしい気がします。
posted by TAKAMI Yui at 14:11| Comment(0) | サンバー

2011年12月18日

サンバー洗車

 年末なので、サンバートラックを洗車。
 洗車機には突っ込めないので、オール手洗い……なのだけれど、車体が小さいのでそんなに手間じゃないのが救いですね。
 この手の車高が高いクルマは、屋根を洗うのが手間だったりするわけですけど、コレも荷台に上がれば簡単に手が届くし、屋根の範囲も狭いので手間はほとんどかからない感じ。
 逆に手間なのは荷台。まあ、風雨に晒されてるせいでちょっとやそっと洗っただけじゃ落ちないし、落としたところでまたすぐ汚れるんで、ココはもう適当。
 とりあえず綺麗になったので、コレはコレでまあよしとしよう。
 たぶんまたこき使われるわけですしね。

 しかし、この型になってから、妙に鼻先に雨の黒い線がつくようになってしまって、しかもコレが異様に目立つんです。
 前に乗ってたのはこのグリル部分がメッキだったのであまり目立たなかったんですが、コレはオール白なので。
 でも、ほかの軽トラックではそんなに目立ってるの見たことないし、やっぱりウチのサンバーだけの特徴なのか……な?

 このサンバー、来年はスピーカを入れ替えたいなあ。
 ついでに邪魔にならない天井とかにもう二つスピーカを増設したいところ。
posted by TAKAMI Yui at 22:04| Comment(0) | サンバー