2014年11月20日

ホンダ シルバーウイング600

 そうそう。
 更新しない期間に、実はこっそりバイクを一台買い換えました。
 シャドウ750が下取りに出され、新しく来たのはコレ。

IMG_2784.JPG

 ホンダ シルバーウイング600です。
 もともと、シャドウ750は実家に置きっぱなしになっていて、ほぼ父親が乗っていました。
 そうすると、シート高が低いのはいいんですが、取り回しに面倒な大柄の車体と重さ、あとは積載性能の低さがやや気になる、と。
 で、こりゃやっぱりビックスクーターかなあ、ということになりまして。
 シャドウはわたしの名義だったんですが、下取り金額は父親に譲る感じで、追い金は父親が払い、買い変えと同時に名義を父親にしてしまおうと。 

 ビックスクーターは以前乗ってたフュージョンで、「積載性能とかのかわりに走行性能は諦めるもの」というイメージでした。
 まあ、別にそれはそれでいいんですが、750ccの加速に慣れてしまうとさすがに250ccで重量級の車体を引っ張るのはちょっとかったるいよなあ、みたいな。
 だったら車検は面倒だけど、大型のビックスクーターにすればいいじゃん、ということになりまして。
 若い人が改造して乗り回してるようなやんちゃなイメージじゃなく、ちょっと落ち着いてる感じもしますしね。

 で、まあ、このクラスならTMAXがいちばんいい、というのはよくわかっているわけです。
 走行性能はピカイチで、同クラスのスポーツバイクに山道で置いていかれないという「オートマチックスポーツ」を謳うだけのことはあると。
 でもやっぱり、海外向けだからちょっとシート高が高い。
 あとなによりエンジンがハイオク仕様。そりゃパワーも出るわ。

 今回別に卓越したスポーツ性能が欲しいわけではないので(あるに越したことはないですが)、そうなるとスカイウェイブかシルバーウイングなんですが、スカイウェイブはさすがにちょっと大きすぎる。
 ゴールドウイングの縮小版(スズキだからカバルケイド?)みたいなイメージで、ロングツーリングにはもってこいなんでしょうけど、街中で乗るとなるとシャドウ以上にもてあましそう。

 というわけで、やはりホンダになりました。
 実際、バランス的にはいちばんいいと思うんですけどね、シルバーウイング。
 確かにデザインはいまどきのスクーターに比べるとちょっと野暮ったい気もしますが、この最終型はCBR1100xx似のフロントはライト回りに少し青が入っていたりしてそんなに悪くありません。
 これといった特徴がないからかあまり人気がないらしく、中古車は比較的安いってのもよかったです。
 新車?高すぎですよ。さすがに100万近い金額はぽんと出ないですし、中古車の値下がりっぷりを見るとなおのこと手を出しづらいです。

 で、結果的には型落ち初期モデルの最終型。
 エンブレムやホイールがゴールドになったりしててちょっと豪華になってる感じのやつです。
 黒い車体も精悍でいいですね。スクリーンがカットされてるのだけが残念かなあ。
 走行距離は驚きの1200キロ。ほんまかいな。

 実際乗ってみると、よく云われるような車体剛性のなさも感じることはありません。
 もちろん普段乗ってるCBとかに比べれば頼りないですが。
 それよりなにより、フュージョンとは比べ物にならない加速感というか力強さが心強いですね。このあたりはさすが600ccです。
 オートマチックなので二人乗りも楽そうですし、近場の買い物からツーリングまでこなしてくれそうですね。

IMG_2786.JPG
posted by TAKAMI Yui at 17:06| Comment(0) | バイク

2014年05月08日

シーズンイン

 そろそろバイクも乗れるかなと思い(季節的な意味で)、久々にCBを引っ張り出してきて軽くメンテナンス。
 といっても、2月に一度乗ったので、バッテリをつないでエンジンをかけてやるだけですぐに復活しました。
 チェーンに油をさしたりしつつ、軽く乗ってくるつもりで首都高速に乗ったら、ゴールデンウイークなのになんだか妙に空いてて、気付いたら中央道から八ヶ岳PAまで行ってました。

DSC03785.JPG

 ……とはいえ、まだ標高の高いところにくると肌寒く、春先のスタイルだとこれ以上はちょっと無理かなと思ってそこで引き返してきましたが。
 次の小淵沢ICで降りて、しばらく並走する国道20号を走り、甲府昭和ICで再び高速道路に乗ってそのまま帰ってきました。
 だいたい4、5時間くらいで、途中まったく渋滞はなし。
 ゴールデンウイーク中日だったからかな。

 久しぶりに長距離乗ったからか、途中あまり休憩をはさまずに行ったからか、なんだか妙に身体が痛くなりました。普段だとここまで痛くなったことはなかったので、やはり久しぶりなのが効いてるんだろうなあ。

 あと、笹子トンネルを走行中、右側を乗用車が追い抜いていき、そのすぐ後ろに黒いセダンがついて走っていたんですが、出口付近で突然その後ろのセダンの屋根から赤色燈が。
 覆面パトカーだったんですね。
 前を走っていた乗用車はそのまま御用になったようでしたが。
 覆面パトカーはそれなりに見抜ける自信があったんですが、今回はまったくわかりませんでした。
 トンネルの中だからというのもありましたが、マークXという車種が意外だった。
 帰ってから調べてみたら、今はクラウンと同じくらい覆面のマークXが増殖してるんだとか。
 知らなんだ。危なかったなあ。

 ま、クラウンは割と走ってるので間違って追い抜いちゃうこともあるかもしれませんが、現行のマークXってそれほどたくさんは走ってませんから、ある意味見分けやすいのかもしれません。
 なんかカムリとかにテールが似てますけど。

 ちなみに色は黒でした。
 覆面は銀とかが多いイメージなんで、これもちょっと意外なのかな。
 黒だと屋根のアンテナが目立たないんですよね……。
posted by TAKAMI Yui at 14:22| Comment(0) | バイク

2014年01月08日

NC700

 そういえば今、大型二輪の教習車ってどうなってるんだろうと思って調べてみると、今はNC750というバイクになってるんだそうな。
 結局、CB750がなくなり、その後CB1300SFになったはいいものの、やっぱり重いんでしょうな。
 そりゃまあ排気量が2倍近いんだから重くないわけはないですね。
 そして、緊張していて不慣れな教習生にとって、「重い」というのは致命的です。
 まあ、いまどきの大型バイクはリッターオーバーも多いですし、教習所でこれに慣れておくのは悪くないんでしょうけど。

 といったところでNC750。
 もともとはNC700という、4輪車であるフィットの1300ccエンジンを真っ二つにして700ccにしたエンジンを搭載したパラツインのバイクで、これを教習の法規に合わせて排気量アップしたものなんだそうで。
 NC700自体が低速トルクの太さと軽量さ(と値段の安さ)がウリの「乗りやすさ第一」のバイクでしたから、これはもう教習のやりやすさという意味では格段に上がったんではないかなあ。
 ただ、CB750のときと違って、これで免許を取ってNCを初大型バイクとして買う人というのはそれなりにいそうだし、そういう意味での目新しさはなくなるかもしれませんが。

 NC700ってまだ乗ったことがないんですが、低速でトルクが出て余裕がある車体なので、ロングツーリングなんかにはよさそうですね。荷物も積めそうですし。
 ただやっぱり、スタイルがいわゆる「ネイキッド」好きなんで、あのカウルの感じが合わないんだよなあ。
 カウルがあったほうが楽なのはわかるんですけどね。
posted by TAKAMI Yui at 16:16| Comment(0) | バイク

2013年03月26日

モーターサイクルショー

 日曜日、台場で行われたモーターサイクルショーに行ってきました。

IMG_1016.JPG

 かなり大きなイベントで、メーカの出展もあって未発売車も含めた新車も数多くあり、人出も多いです。
 バイク離れ云々を感じさせない勢い……ではあるのですが、やっぱり若い人っていうよりも、どちらかといえばわたしと同じくらいの年齢の人が多いような印象ですかね。
 それでも家族連れなんかもいたので、ああいう子どもが将来的にはバイク好きになっていくのかもしれませんね。

 ただ、それでもメーカとしては若い人を取り込みたいという意図は見え隠れしていて、値段の比較的安い大型バイクや排気量は小さいけど車体が大きいスクータとか、そういうのも多く出てきてはいます。
 Z250とかCB400Fとか、古いバイクの名前を復活させた(けど、実際はまったく違う)ものもありましたね。
 これはどっちかというとカムバックライダー向けかな。

 そんな中、気になったのはこれ。

DSC02121.JPG

 CC110、クロスカブです。
 昔ホンダが出していたCT110、通称「ハンターカブ」を今のインジェクションカブで作ったもの。
 ハンターカブが持っていた鉄くささというか、道具っぽさみたいなものはやっぱりプラ外装のカブベースだけあって薄れてしまっているのですが、これはこれでけっこういいかも。

 カブってもともと結構悪路の走破力があって、大島の砂地でもガツガツ進んで行けましたし、車体が軽い分振りまわして走れるので、まさに簡易オフロード車なのですよ。
 クロスカブはそこにブロックタイヤを履かせたりして走破力を(多少)高めている感じなのでしょうけれど、「オフロード車ほど本気っぽくない、力が抜けた感じだけど、走らせるとかなりすごい」雰囲気はハンターもクロスも持っているので、けっこうよさそうな感じです。

 今のカブが壊れたら替えてもいいですが、カブが壊れるってのがどうもイメージがわかないんですよね。
 まだまだ乗れてしまいそう。

DSC02122.JPG
posted by TAKAMI Yui at 14:56| Comment(0) | バイク

2013年03月19日

バッテリー

 先日のCBのバッテリ。

 バッテリだけ引き上げて、充電器にセットする前に補水しようと思った……ら、恐ろしいことに全部のセルから水がほとんど抜けてカラになっていました。
 屋根付きのところで保管していても、半年でこんなになるもんなのですなあ。
 MFバッテリだとこんなことはないので、昔の補水バッテリの欠点でもあるわけなんですが。
 とりあえず水を足して、メンテナンスモードで充電。

 これで復活してくれればいいけど、さすがにもうダメかなあ。
posted by TAKAMI Yui at 16:49| Comment(0) | バイク