2013年06月19日

電動バイク?

 わたしはなんだかんだでEVが好きでして、過去には電動パッソルを購入して所有してましたし、日産リーフを一週間くらい借り出して普通の車と同じ使い方をしてみたこともあります。
 で、そこで出た結論としては、「やはりまだ早い」ということだったわけです。
 今のところ、EVのメリットは「静かである」ということだけで、普通の車やバイクの変わりに使うというのは、まだまだ無理があるということですね。

 それでも、車に比べれば、バイクは「押して歩ける」ぶんだけ電動向きかもしれません。
 車は電気がなくなったらほんとにただの置き物で、たとえば電気がなくなって停まってしまったら交通の邪魔になるだけですが(ついでにエアコンもヒータも使えないので、夏冬は室内も快適ではないというおまけつき)、バイクならまだ押して歩けばとりあえず移動はできます。
 それでも、電動バイクを充電できるインフラがそこまで整ってない、というか、電気自動車を充電するための充電施設で必ずしも電動バイクが充電できるというわけではないので、現状ではおそらくほとんどの電動バイクはできつつあるEV充電ポイントでは充電できません。
 つまり、電動バイクをガソリン車のように使うなら、常に充電器を持ち歩き、かつ100Vの家庭用コンセントを自由に使わせてくれる場所を探すしかないので、結局押して歩くなら家まで押して歩くしかないんですけど。

 何度も書いている通り、EV最大の欠点は「航続距離」です。もっと正確には、「航続距離が短い割に、それを補完する補給施設がない」ことでしょうか。
 燃料タンクの小さいガソリンエンジン車でも航続距離問題は発生しますが、よほどの僻地でもない限り、その航続距離内でガソリンスタンドを見つけるのはそんなに難しい作業ではありません。
 EVの場合、航続距離内で充電ポイントを探すのは、よほどの都会でも難易度が高いわけです。
 この差はかなり大きいです。

 さらに充電時間。
 たとえばガソリンタンクが3リットルしかないスーパーカブでも、どんな悪条件でも100キロくらいは一度の給油で走れます。
 が、同じ原付でも、電動パッソルは満充電で20キロしか走れません。
 しかも、ガソリンスタンドで3リットルを給油するだけなら3分もあればすみますが、パッソルをもう一度20キロ走れるまで充電するには8時間かかります。
 つまり、一発で20キロ以上移動するような使い方は、実質的にできないということですね。
 ちなみに、これは車であるリーフでも同じで、ガソリンスタンドで50リットル給油するだけなら10分ですが、リーフを200キロ走れる程度まで充電するには急速充電で1時間かかります。
 つまり、カブでもパッソルでも300キロの距離を走ることはできますが、カブなら時速30キロで10時間プラス3回の給油時間10分弱で走れる一方(もちろん理論値ですけどね)、パッソルではその10時間に加え、15回分の充電時間120時間(!)が必要になるわけです。
 最近の電動バイクは満充電までの時間が短くなってきているようですが、それでもだいたい5時間はかかるようなので、75時間。
 走ってる時間より充電してる時間のほうが長いわけですから、航続距離の範囲を超えるツーリングは実質的にできません。
 対策としては、予備バッテリを持ち歩くしかないんですが、重くて高価な予備バッテリを何本も持ったままツーリングするというのが現実的かどうかですね。

 中古バイクの検索サイト、GooBikeはこのEVバイク(っていう云い方もおかしいですが)をプッシュしており、専用のサイトを持っています。

http://ev.goobike.com/

 これだけ見るとかなり便利なように見えますねえ。
 やはり、足代わりとして割り切れば、という前提ですが。
 
 その中で、「電動バイクってどんな乗り物?」というコンテンツがありまして。

http://ev.goobike.com/entertainment/evbike/

 まあ、バッテリの製造過程が実はエコなのかどうかとかそういうのはとりあえずおいといて、この中にある「航続距離が短い」という項目。
 ここに「一度の充電で走れる距離はガソリンバイクよりも短いです。半径10〜15km程度の近距離移動にピッタリのバイクです。」とあります。
 決まった場所……たとえば駅までの通勤とか通学の足とか、近所のスーパーまでの足とか、そういう使い方であれば「こがなくてもいい自転車」としていいのかもしれません。
 が、ガソリンエンジンのバイクのように、「今日はちょっと遠出をしてみようかな」みたいなことはできません。
 そこまで割り切れるかどうかですね。
 ガソリンエンジンのバイクや車を別に持ってて、遠出のときはそっちを使うという使い方ならいいのかも。
 そういう意味では、足として割り切りやすい原付EVバイクのほうが、今のところはまだ使い勝手というか使い甲斐はあるかなという気がします。
 車はやはり、そこまで割り切れないでしょう。

 そしてそれよりなにより、「ガソリンスタンドいらず」という項目の「ガソリン単価の高騰の心配や通り道にガソリンスタンドがない方は遠回りする必要がありません。」という文章には突っ込まざるをえませんね。
 だって、ガソリンスタンドなら遠回りすれば見つかるかもしれないけど、EVは遠回りしても充電スタンドはないし、そもそも遠回りしたら距離が減って帰ってこられなくなるかもしれないんですから。

 結局、つきまとうのは「航続距離」と「エネルギがなくなったときの補給が実質できない」ことなんですよ。
 だから、残り航続距離とずっとにらめっこして、車なら充電ポイントを探さなきゃならず、へたすればその充電のために遠回りしたり高速道路に乗らなければならない(このへんは以前、日産リーフの試乗記のところに書きましたが)、バイクならそもそも行ける距離を事前に計算し、電気がなくなったらあきらめて押して帰るという割り切りが必要です。
 そんな、ずっと残りの航続距離ばかり気にして運転する車やバイクって、楽しいですか?ってことですね。

 インフラが整備されればいいんでしょうけど、ちょっとやそっとじゃ焼け石に水なんですよね。
 この20キロ程度しか走れない電動バイクをガソリンエンジンと同じ使い方をさせるには、可能なら今世の中にある自動販売機と同じくらいの距離スパンで充電ポイントが欲しいところですし、充電にかかる時間もせめて10分くらいにはしたいところです。

 ただし、ひとつ可能性があるのは、液体を使わない電池であれば横倒しにしようと大丈夫なわけですから、車のトランクに積んで旅行先でちょっと足代わりにできる原付バイクみたいなものは作りやすいかもしれません。
 これもやはり航続距離半径10キロではやや不安ではありますが、もう少しバッテリ性能が上がり、半径が30キロくらいになれば結構使い甲斐はあるのではないかなあ。
posted by TAKAMI Yui at 21:02| Comment(0) | 電気自動車

2012年07月03日

電動スクータ

http://www.enexauto.jp/erunner/product/index.html

 こんなのが出るそうな。
 これ、フォルムとか見る限り、ヤマハのパッソル……だよね?
 OEMなのかなあ。
 メータの表示も昔乗ってたパッソルによく似てる気がする。

CIMG3019.jpg

 この写真のが前に持ってたパッソルなんですけど、このパッソルは、航続距離が短すぎる(実勢速度にあわせて走ると20キロ程度)というのがあまりにもネックでした。わたしの使い方では使い物にならない、とはっきり云えるレベルでして。
 ただ、軽量だったし、横倒しにもできるので、モノによってはクルマに積んでモトコンポみたいに使えるのが最大のメリットで、そのあとEC-02というまさにそういうコンセプトのバイクがヤマハから出たものの、バッテリの不具合であっという間に生産中止に。
 バッテリさえなんとかすれば欲しかった(実は今でもちょっと欲しい)んですけどね。

 で、この冒頭のやつだと、充電3時間で53キロ走れるそうな。
 30キロ定置走行でのハナシなんで、坂道(パッソルはバイパスの上り坂程度でもフルスロットル30キロがやっとだったので)なんかを考えると、実際には30キロ程度ってとこかな。
 片道15キロ圏内しか移動しないならいいってコトですかね。
 でも、旅行に持ってって使うにはやっぱりちょっときついんですよ。
 だって、旅行ってそれこそ山も上るわけで、上り坂になると急激にバッテリなくなっちゃうんです。
 しかも、リーフやiMiEVと違い、低価格化のためか回生の機能がないので、下り坂を走ってもバッテリは充電されないんですね。ホントに充電したぶんの使い切り。
 といっても、コレ以上大きいバッテリ積んだら車体も重くなるし大きくなるし、どっちもどっちですねえ。
 あ、このもうひとつの廉価版10Ahバッテリのモデルは、ハッキリ云って非実用的だと思います。
 定置35キロってことは、実動で20キロくらいだと思うんで、まさに昔乗ってたパッソルと同じ(パッソルのカタログでは32キロ走行可能だったかな)。
 ほんとに買い物と駅までの足みたいな近所の移動しか使わないと割り切れるならいいんですが、それなら自転車でもいいんじゃ?ってことになりますしね。
 とかくこの手の電気バイクは、スピードは出さないと割り切っても坂道ですごい勢いでバッテリが減るってのは、乗ってみてはじめて気づくんですよ。片道10キロも走れればぜんぜんOKだよ!なんて思ってると結構痛い目見ます。
 バイクやクルマのカタログ燃費が多少悪くても、なくなったらガソリンスタンドで給油できますが、電動バイクや自転車は充電ポイントが限られますからね。電池なくなったら家まで押して歩くしかありません。

 予備バッテリをひとつ持っておけば、車載バイクとして使うにはよさそうですが、こういう予備バッテリって高いんだろうなあ、きっと。
posted by TAKAMI Yui at 11:35| Comment(0) | 電気自動車

2012年06月10日

日産・リーフ(6・まとめ)

 というわけで、2日間走行距離300キロ近く、思いっきりリーフを使い倒してみたわけですが。

 なんというか、「残り走行距離」をつねに考えて運転しなきゃいけないってのは、かなり精神的に疲れます。
 そんなものガソリン車だっていっしょなのですが、一度に走れる距離が長いぶんだけその心労は少ないですし、イマドキは24時間営業のスタンドもよっぽどの田舎でない限りはそれなりにあるので、そんなに心配する必要はありません。
 少なくとも、高速道路上には一定の距離内にスタンドがありますから、さほど心配なく走り続けることができます。
 でもEVだと、現状では火曜日以外の昼間はともかく、夜間になると「気が付いたら最寄の充電スポットまでどう考えても走れない」ことが起きたり、上に書いたとおり充電するためだけに遠回りしたり、下手をすればそのためだけに高速道路に乗ったりするようなことが起きます。
 つまり、「充電スポットに縛られた運転」にならざるをえません。

 そのために充電スポットを探せるナビがありますが、見つけたところで営業してなければおんなじです。
 日産・三菱ディーラの充電器が24時間使えるようになってればぜんぜん違うとは思いますが、それはさすがになかなか難しいんでしょう。
 で、いざ充電できても、50パーセントで15分、80パーセントで30分、満充電なら1時間弱という時間がかかるわけで。

 高速道路だとそれが顕著ですね。
 わたしは伊勢神宮によく行きますが、伊勢道には今のところ充電スポットはないようです。
 たとえば早朝の神宮に行くとすると、必然的に移動は夜になるワケですが、経路上だと東名阪の御在所SAが最後の給電スポットで、ここで満充電したとしても、高速道路では残りキロ数以上に電気を食うので、伊勢神宮までの100キロ近くを走れるかどうかは結構微妙なところです。
 仮に走れたとしても、神宮から御在所SAまではもう戻ってこられないので、早朝に参拝したら近くのディーラが開くまで待ってなくてはいけません。
 今よくやっているような、早朝の神宮に参拝し、そのま戻って奈良方面へ……みたいなことは不可能。
 時間や場所を気にせずに移動できるのがクルマのいいところなのに、これじゃ電車やバスよりちょっとだけ自由かなあ、くらいの感じです。

 ……まあ、冷静に考えてみると、航続可能距離170キロというのはちょっとしたオートバイ以下です。
 わたしのCB750Fourでも給油一回で250キロくらいは走れますし、それよりもさらに航続距離は少なく、さらに補給スポットも少ない……というのは、考えるまでもなく相当なハンデです。
 走行可能距離が少なくても、充電スポットが今のガソリンスタンド並みにあれば問題ないんですけどね。バイクはそれで問題なくツーリングに行けてるわけですから。
 家で満充電して、外で充電が必要ない程度に走り、家でまた充電する……という使い方がベストなんでしょうけど、その使い方なら税金も値段も安いミニキャブMiEVで十分なわけで、なかなか難しいところです。

 というわけで、現状の電気自動車の使い勝手としては、
「家に充電システムがあり、ほぼ昼限定の町中移動で、往復100キロ程度の人」
なら辛うじて使えるかな、という感じ。

 逆に、
「長距離移動が多い人」
「高速道路を使う人」
「夜間によくクルマを使う人」
「火曜日にクルマを使う人」
「充電スポットが移動エリアにない=都市部以外に住んでる人」
には現状まったく不向きです。
 あ、あと、充電に時間がかかるので、「そういうので待つのが嫌な人」もかな。
 ミニキャブMiEVでは充電時間も急速で15分ですが、走行距離100キロというのは、高速道路では70キロ程度になっちゃうんじゃないかな。
 これ、かなり心もとないです……っていうか、たとえば伊勢まで!とかは、絶対行けません(そもそも上に書いた、御在所SAから伊勢神宮までたどり着けません)。
 真夏だとエアコンをつけるでしょうから、もう絶対無理ですね。
 エアコンON状態だと、電池容量が多いリーフでも危ないと思います。
 行くなら、ディーラが開いてる時間限定で、なるべく下道使って行くのが確実です。

 充電時間以外はクルマの問題というよりも、上に書いたようにインフラの問題なので、何年先かはわかりませんが将来的にはこのへんは一気に解決するのかもしれません。
 もちろんクルマが進化して、一度に走れる距離が今の2倍くらいになればいろいろと変わってくるでしょうけどね。
 正直なところ、現状ではインフラ・クルマともに、まだちょっときついです。
 こんなヒヤヒヤしながら運転するんじゃ、旅行もデートも頭の中は充電のことばっかりになってしまって絶対楽しくないと思います。
 ディーラが開いている昼間はまだましなんですけどね。
 実際、トルクもあるし静かだし、なんだかんだ云ってもクリーンエネルギではあるので、そのへんは素晴らしいと思うんですが、わたしの使い方ではガソリン車の代替としてはまだちょっと心もとないなあ、というのが正直な感想でした。
 あと、何年か乗って電池が劣化した時も怖いかなあ。
 いまよりさらに距離走れなくなるってことですから。
 もちろん交換はできるでしょうけど、電池って高いですからね。

 やっぱりこういうのって、実際に使ってみるといろいろわかりますね。
 所有してみればまた違うんでしょうけど。

DSC01092.JPG
posted by TAKAMI Yui at 18:25| Comment(0) | 電気自動車

2012年06月09日

日産・リーフ(5)

 翌日もクルマを使う仕事。
 少しだけ渋滞した首都高を走り、目的地最寄りの出口で降りたところで残り70キロ程度。
 この出口から目的地までの間に日産ディーラが一軒あることは調べてあったので、少し早めに出てここで充電するつもりでした。
 このディーラにあるのは、急速ではなく普通の充電器です。
 それだと満充電まで充電する時間はないので、1時間くらい充電してみてどれくらい走れるか、という感じにならざるをえません。
 もちろん走れる距離の問題もありますが、ディーラでの充電ってどういう感じなのかも試してみたかったんですね(結果的にはここで充電しておいて大正解だったワケなんですが)。

 日産ディーラに入れて、「リーフ充電したいんですけど」と云うと、メカニックらしき人が作業してくれました。
 いろんなサイトでは、書類を書いたりする必要があるとのことですが、とくにそういうのもなく、名前すら聞かれず、車検証等を見ている様子もありません。
 ついでに料金も取られませんでした。「満充電じゃなくてかまわないので」っていう話をしたからかな。

 1時間ほどショールームで待ち、クルマに乗ってインジケータを見ると、航続距離は90キロくらいまで伸びてました。
 ECOモードだとぎりぎり100に届かない程度までは走れるようです。
 1時間待って走れる距離が20キロ程度というのをどう見るか、ですかねえ。
 ディーラも急速充電器があるところはまだまだ少ないので、実際にリーフを使うと結構こういうシーンにはあたると思うんですが。
 旅行へ行って、ちょっと田舎で充電したいと思ってちょっと遠回りしてディーラ見つけて充電してまた戻ったら20キロなんてあっという間に遠回り分で取られちゃうでしょうし、そもそも旅行に行ってクルマのディーラで1時間も過ごしたいか、というのは正直微妙なところかなあ、という気がします。
 せめてディーラには急速充電器が完備されてます、くらいの感じじゃないとかなり厳しいんではないかなあ。コレ。

 で、夜まで仕事して帰宅。
 護国寺から、仕事相手を最寄りの駅(船橋)まで送ることになっていたんで、首都高速と京葉道路を走って船橋駅へ。
 船橋駅で相手を降ろしたところで、残りの走行距離は30キロ程度。
 ちょっと、一之江まで帰れるかどうか微妙なところです。
 いや、正確にはギリギリで帰れるとは思うんですが、そこからさらにレンタカーを返しに行く必要があって、それを考えるとやっぱり微妙です。
 なので、ナビで「近くの充電スポットを探す」と……出てくるのは日産ディーラばかり。データ更新しても同じ。
 当然深夜ですからコレは使えません。
 一番近いのは、東関道市川PAの下り線。
 直線距離では5キロ程度なんですが、上り線にしかないので、大きく遠回りして湾岸習志野入り口まで一度行かなきゃいけないとのこと。
 本来、東関道に乗ると遠回りになってしまうので京葉道路で帰りたいのですが、充電できないので仕方ありません。
 そうすると、大まかな距離20キロ。
 高速道路での消費電力を考えるとかなりギリギリです。

 そこで、当然のようにECOモード、インジケータは最大でも2目盛まで、できれば0目盛、なるべく回生するように早めの減速を心がけます。
 国道357号線湾岸道路では制限速度(60キロ)まで出せないので、バンバン他車に追い抜かれます。
 法律上は問題ないとはいえ、迷惑きわまりない走りなのですが、万が一停まってしまったらもっと迷惑なのでどうしようもありません。

 東関道に乗っても、左端を60〜70キロ程度で走ります。
 少しでも下り坂があったり、スピードが出過ぎたらアクセルを抜いて惰性走行による回生、65キロを切ったらまたアクセルオンの低燃費(電費?)走行。
 途中で「バッテリー残量低下」という警告が出ましたが、どうすることもできません(残りが13キロを切ると出るようです)。
 その状態で、市川PA到着時の走行距離11キロ!
 ギリギリです。

DSC01161.JPG

 市川PAで急速充電器を突っ込むと、

DSC01165.JPG

 充電までの残り時間1時間。
 急速充電なのに。

 どうやら残量が減ると加速度的に時間がかかるみたいです。あたりまえですね。
 ですが、充電も残量が多くなるほど時間がかかるようになっていて、残量が少ない状態からある程度までは結構速いんですね。
 実際、この状態で充電を開始すると、50パーセント程度までは15分くらいでいきますが、そこから先が長いんですよ。
 今回は返却まで時間がなかったので、15分50パーセント(走行可能距離60キロ)くらいで充電を中止して再び走り出します。

 で、今度は湾岸線を制限速度(80キロ)で走り、首都高も流れに乗って走ったら……みるみるバッテリが減っていき、一之江IC到着時残り20キロ、レンタカー返却時は10キロ。
 普通に走っただけなのに……。
 高速道路ではあの走行可能距離は「目安」ですね。
 だいたい1〜2割くらい割り引いて考えたほうがいいみたいです。
 一般道では回生の機会が増えるので、逆に5〜10パーセント程度多く走れる感じがします。
posted by TAKAMI Yui at 04:25| Comment(0) | 電気自動車

2012年06月08日

日産・リーフ(4)

 翌日は仕事で使ったので、仕事先まで渋滞気味の高速道路と一般道で30キロくらい。
 これは回生をうまく使えたので、残りの航続距離は40キロ。

 その帰りがちょっと不安だったので、近くのディーラで充電しようと思い、ナビの「近場の充電スポットを探す」を押すと、出てくるのはほとんど日産のディーラです。
 まあ、それでもいいんですが、問題は火曜日はディーラが休みなんですよ。
 どこのディーラも申し合わせたかのように火曜日が休み。三菱も休み。
 ディーラ以外でということになるとほとんど充電スポットはありません。

 コレは完全に想定外。きついです。
 東京都心部なので、ちょっと走ればまだ充電スポットがある駐車場等がありますが、ちょっとした地方都市なんかだと「詰む」可能性があります。
 ディーラがやってないという意味では、夜間も同じですね。
 でも、夜間は「やってないだろうなあ」と覚悟していきますが、火曜日の昼間は「どうせやってるだろ」とタカをくくっていっただけに、かなりピンチ。
 やはりインフラの未整備具合がネックですが、ディーラが休みの件に関しては、休みの日をずらすとかで対応できるでしょうし、なんとかしてほしいところです。
 現状、EVは「火曜日は乗れない」という不思議なクルマになってしまっています(東京の例です。都道府県によって異なるかもしれません)。

 仕方ないのでギリギリまで走り、新宿のスバルビルへ。
 スバルビルは充電は無料ですが、駐車場代がかかります。
 ここの駐車場代は30分310円(以下30分300円)。30分で80%満充電になるので、実質的に満充電まで充電しようとすると30分で入って充電して出るというのはできないので、だいたい610円がかかります。
 充電器はここも一台しかなく、誰かが使っていたら待つしかありません。
 PAならただ待ってればいいんですが、ここは有料駐車場なので、待ってれば待ってるだけカネを取られます。

DSC01010.JPG

 幸いなことにここでも充電器は空いてましたので、充電開始。
 スバルビルの充電器は、充電容量に関わらず15分で勝手に停止する仕様になっているのですが、後ろがつかえてなければそのままボタンをもう一度操作すればさらに充電できます。
 それでやったら、45分近くかかりましたが、98パーセント(充電器表示)・170キロ走行可能状態まで充電できました。
 もしかしたら、大黒PAの充電器も、再度充電すればそこらへんまで充電できるのかも。
 ただ、いずれにしても45分です。
 今度は地下駐車場で、しかも15分で充電器が充電をやめてしまうので、ほんとに延々待つしかありません。

 ……しかし今回に限っては、170キロ走行可能で610円だと、ガソリンと比べてもそんなに安くないんでは?
 ガソリンを1リットル150円だとして、4リットルで170キロってことは、リッタあたり40キロちょっとなんで、確かに燃費換算ではかなり優秀ではあるものの、「スゲー安い!」ってほどではないです。コスト的には250ccのバイクと同じくらいですかね。
 逆にこの大きさの乗り物を250ccのバイクと同じ費用で走らせられるのはスゴイことですが。
 無料の充電スポットだけを乗りついでいけばタダでどこまでも行けますが、施設利用費をとるところだとこういうことになりかねません。
 ちなみに、三菱ディーラではレンタカーのリーフでも充電は無料ですが、日産ディーラはリーフ購入者のみ無料で、レンタカーやiMiEV等は525円取られるとのこと。
 うーん。

 ただ、スバルビルで満充電できたのはそれなりによくて、翌日朝の時点で100キロほど走れる状態でスタートできました。
posted by TAKAMI Yui at 01:57| Comment(2) | 電気自動車