2014年03月22日

セカンドカー購入 スバル インプレッサ(GF8)3

 三回目にもなると、もったいぶっても仕方ないので。
 見つけたのは、96年式のインプレッサワゴンWRX(GF8)です。

 インプレッサとレガシィが安いのはわかってきたので、これでワゴンならもっと安いんではと思ってワゴンのMTを検索してたんですが、そこでこれを見つけたんですね。
 実は昔、このインプレッサWRXが世に出たとき、すごく欲しかった一台なんですよ、このスポーツワゴンって。
 当時はステーションワゴンブームで、「ワゴンなのにむちゃくちゃ速い」っていうのは理想でしたから。
 まあ、まったく手が出ない価格でしたけどね。大学生でしたし。
 そういう意味でも「憧れの一台」ではあったわけで。

 値段は普通ですが、走行6万キロで修復歴なし、ステアリングやシフトノブやホイールまで純正のまま、写真で見た限りではいじられた形跡なしという、ここまでフルノーマルのWRXってワゴンとはいえ珍しいんじゃないの、という代物だったわけです。
 しかもこれ、一番の驚きは、スバルのディーラで売ってる認定中古車なんですよ。
 保障がちゃんとついてきて、モノもある程度しっかりしてて、それでいながら値段は十分予算内。
 実際、パワーが落ちるワゴンはセダンに比べると人気が落ちるらしいのですが、それでもこのくらいの予算では、修復歴があるとか10万キロオーバー余裕とか、なにかいわくのあるものがほとんど。
 程度、ということでいえば、こんなにいいものはなかなかありません。だいたいいまどき初代インプレッサのフルノーマルなんて存在してるのか、というレベル。

 というわけで、翌日に会社を抜け出して見に行きました。
 前日に「見に行きたいんですがまだありますか」と問い合わせたら、「ありますけど、外装はかなりヤレてるのでそのつもりで来てくださいね」などと念をおされてしまい。
 で、実際に見てみると……外装はまあ、確かにヤレてます。写真で見ても気付かなかったんですが、相当にヤレてます。
 バンパーは傷があるし、ボディ全体に洗車機でできたと思われるヘアライン傷があり、バイザーは割れてるし、リアのスポイラなんか色が褪せてしまっています。
 なるほど、こりゃ確かに値段相応だわなあ、という感じ……なんですが、中がやたら綺麗なんですよ。
 もちろん店に並んだ中古車ですから、ルークリしたからっていうのはあるにせよ、そういう部分じゃないところが凄く綺麗。
 WRX純正のナルディステアリングは擦り切れがなく、シフトノブは上のミッション表示が消えかかっていて、おそらくこれはずっと変えられてないんだろうなという感じ。
 シートは擦り切れやほつれも一切なく、リアシートやラゲッジルームに至っては使用した形跡がほとんどないくらい綺麗です。
 なるほど6万キロってのは嘘じゃなさそう。
 書いてなかった装備としては、オーディオが変えられていたほか、実はスピーカやツイータも社外品になっていて、もしかしたら走りよりオーディオとかが好きな人だったのかな? と思うと、ターボタイマーがついていたりするというなんとも不思議なクルマでした。
 エンジンやミッションはまったく問題なし。ナンバがないので敷地内だけ走らせてもらいましたが、エンジンは一発でかかるし、クラッチもエンジンも異音も違和感もなし。エンジンルームも綺麗なもので、どこかいじられた形跡もないフルノーマル。
 程度、ということでいえばこれはすごくいいものです。
 型式としてはD型というやつで、GF8インプレッサはA〜C型までが前期型、そこからが後期型と呼ばれ、後期型になると馬力が220馬力から240馬力に上がるので、中古車の人気もこのD型からなんだそうです(セダンはこの時点で280馬力になるので、セダンの人気には及びません)。
 で、安い中古車はほとんどが前期型なんですが、これはちゃんと後期型なんですね。
 シルバーという中古車としてはあまり人気のない色、この外装の激しい傷がひとつの原因で、前にE46のときも書きましたが、ディーラだと逆に売りづらい古いMT車ってのも安い原因なのかもしれません。
 記録簿をたどってみると、最初は四国某県で買われ、次に神奈川で中古車として買われた2オーナー車なんですが、記録簿がちゃんとディーラのものが残ってる、ということは、2人ともディーラで車検だの整備だの受けてきたってことですね。
 なんて大事にされてきてたんだこいつは。それでなんでこんな外装がボロいんだ。わけわからん。

 とかく機関はなんの問題もなく、さらにこの値段で1年間走行距離無制限の保証がついてくるという、それはいいのかという手厚い待遇なんですな。
 諸費用もさすがディーラ、不当に高いということもなく普通。
 さらに、話をしていく中で、2DINのメモリーナビ(新古品)を工賃のみでおまけしてくれる、というハナシ。
 まあ、このナビ自体はそんなに性能がいいものではないので(なによりDVDが見られないってのは痛すぎるので)さっさと変えちゃってもいいんですが、それだって1万円で1年落ちの2DINナビは買えないでしょう。
 このナビがいくらなのか知りませんが、クルマの価格の4分の1くらいになるのとちがうか。

 で、結局どうしたかって、その日のうちにそれ買っちゃいましたよ。GF8インプレッサスポーツワゴンWRX。
 先にも書きましたが、1996年式のD型で、5速MTです。色は褪せたシルバー。

DSC03604.jpg

 消耗品含めていろいろ変えたいところはいっぱいあるので、ぼちぼち自分仕様にしていかないと。
 まずはすり減ったタイヤとHIDライト、細かい消耗品かな。あとオーディオ。外装はどうせボロボロにするんだしいいや別に。

 いじり甲斐ありそうなクルマですね。
posted by TAKAMI Yui at 19:35| Comment(2) | インプレッサ(GF8)

2014年03月21日

セカンドカー購入 スバル インプレッサ(GF8)2

 セカンドカー選びの続き。
 まずは車種をピックアップします。
 昔から憧れていた車種としてスカイラインがあって、GT-Rは無理にしても2.5リッターのR33とかならいけるかなと。セダンなら不人気で安いですしね(セダンが好きなんです)。
 あとはソアラ。丸っこいやつもいいけど、四角いのの最終型であるGZ系も悪くなさそう。1G-GTEならパワーもあるし、バブル期の作りなのでいかにもラグジュアリーカー。で、なんか早い、みたいな。
 180SXとかシルビアとかは定番ですが、このあたりも悪くなさそう。
 あとはアルテッツァ、ステージア、ランサーエボリューション、レガシィ、インプレッサ、セリカGT-FOUR、フェアレディZ、RX-7、MR2あたりが候補なんですが、それとは別に、オープンカーなんてのもいいよねってのもありました。
 オープンカーって、以前にビートに乗ってたときは、これ一台でいろいろこなるのは難儀だってことで売却してしまったんですが、セカンドカーとしてはこれ以上適したものはありません。非日常の証みたいなもんです。
 ただし、オープンカーの場合は「ハイパワーでオープンカー」というのがポルシェボクスターとかS2000くらいしかなく、とてもじゃないけど手が出ないので、この路線だとパワーは犠牲にしてロードスター、MR-S、カプチーノあたり。ビートは一回乗ってるし、できれば違うの乗ってみたい。

 外車はやっぱりちょっと高くて、E36のM3とかZ3 Mロードスターとかが安ければこんなのいいなあと思っていたんですが、ちょっと高いです。MTではなくなりますが、メルセデスのSLとかもハイパワーで面白いかも。
 ま、こういうのって迷ってるときが一番楽しかったりしますk

 ……とか、そんな感じで中古車サイトをつらつら眺めていると。
 まずスカイラインは、予算の範囲内で買えるのはR334の20GTという2リッターのノンターボか、25GT-Vという2.5リッターのこれまたノンターボで、これなら維持費とのバランス考えてもアルテッツァのほうがいいかなあ。R32ならTypeMが狙えるっていうか、もう中古車市場ではR32ってほぼGT-RかTypeMしか残ってないんですけど、相方が同じ車種のGT-Rだってのを考えるとなんか違うのにしたい感じがする。
 アルテッツァは4気筒のスポーツグレードでも相場が安く、そこそこ「選んで買える」ので、これはアリ。割と有力候補。形が見た感じは普通のセダンで、いかにもでないところもいい感じ。
 ステージアはMTがほとんどないのでアウト、セリカはGT-FOURになると予算では無理、フェアレディZも32のNAがぎりぎりなので今回は見送り。
 インプレッサはそこそこあり、レガシィはかなり古くなるけどインプレッサ以上に弾数多め。ふむ、これもいいかも。
 ちなみに、インプレッサのライバルになるランエボは予算内ではほとんどなく、今回は残念ながらパス。
 ソアラはかなり本気で欲しかったんですが、ATが多くて、MTになるとちょっと予算オーバー。RX-7はFCまで入れてももっと予算オーバー。

 オープンカー勢では、ロードスターはNA・NBなら選び放題。MTも多いので選んで買えそう。できれば1.8のNBがいいんですが、これもまあ台数は少ないにせよ予算内で余裕。
 これも悪くないなあ。ローパワーだけどライトウェイト、操る楽しみ、ってことでいえばかなりアリ。久しぶりにオープンドライブも楽しそうだし。
 カプチーノはやはり維持費の安さからか人気が高く、予算内ではちょっと厳しい感じ。64馬力のスポーツ軽ってことでアルトワークスとかも見てみたものの、軽枠ならやっぱりカプチーノがいいなあ。ていうかアルトワークスとかミラTR-XXとか高いのね。予算ではギリギリ。これならロードスターかな。MR-Sは予算内では無理。
 SLはちょっと届かないかな。届くのもあるけどやっぱり素性がものすごく怪しい。壊れて安く直せるものならいいけど、このクラスになると直すのもカネかかるからなあ。

 という状況で、いちおう本命はアルテッツァ、ロードスター、インプレッサ、レガシィ。スカイラインやソアラは、目的のものが予算+αくらいのところで手に入ったら、みたいな感じ。
 さてさてどうしようと思った……ら、中古車サイトで一件、これは!?というのを発見。3月1日のことでした。

 というところで次回。
posted by TAKAMI Yui at 16:47| Comment(0) | インプレッサ(GF8)

2014年03月20日

セカンドカー購入 スバル インプレッサ(GF8)1

 クルマを買いました。

 ミニカーとかラジコンとかではなく、ゲームの中の話でもなく、実車です。
 あ、買い替えではありません。Dには満足してるので買い替えるつもりはまったくないです。
 いわゆるセカンドカーというやつですね。

 いや、別にDが街乗りにすごい不便だとかいうことはないし、前にも書いたとおりにまったく支障はないんですけど、とかくなんでもかんでもこれを使うんで、やたらと走行距離が延びるんですよ。
 あとはまあ、社内にクルマ好きな人がいまして。
 いや、わたしらの世代、クルマ好きって珍しくはないですし、いわゆるスポーツカーというかそういうジャンルのものが好きで、っていうのも珍しくないと思うんですが、現役でそれに乗ってて走るのが好き、ってなるとなかなかいないんですよね。
 昔はスポーツカー乗ってたけど今はミニバンとかSUV、みたいな人はいますが。

 彼自身はR32のスカイラインGT-Rに乗ってるんですが、その助手席に乗せてもらったり、あるいは運転させてもらったりしてるうち、E46以降押さえられてた「ドライビングカー乗りたい欲」みたいなのが湧きあがってきてしまったわけです。
 あとはまあ、最近ちょっといらいらすることが多くて、なんかそういう意味ですかっとするようなことがないかなというのもあったんですけど。
 だから、セカンドカーっても足代わりの燃費スペシャルな軽自動車とかではないです。むしろがっつり燃料を食って走るようなやつ。
 時代の流れに徹底的に逆行してますね。
 ただ、やっぱりDでは、「走らせることそのものの楽しみ」というのは皆無なので、そのあたりの虫がうずきだした、ということでしょうか。

 とりあえず、そうやって考えたとき、条件はいくつか。
 まず値段。あくまでも遊びだし、30万円くらいの予算で。
 なんで30万円かってと、デジタル一眼レフカメラを買い替えようと思ってたんですけど、その値段が30万くらいなんですね。カメラを買い替えなければ無理なくいけるので。あとはまあ、それくらいなら1年乗って壊れてもさほど惜しくもないですし。
 で、その値段なので、メイン車を買う時には避けてるようなロードサイドとかの格安系中古車店も視野にいれ、走行距離や外装などは気にせず、修復歴も走行に支障なければありでもOK、機関がちゃんと動いてくれることが最優先。
 そして、車種は「走らせて楽しいモノ」。
 と、これだと別にセンチュリーでも軽トラでも楽しいは楽しいので、いわゆるジャンルとして「スポーツカー」やそれに準ずるもの、ということで。
 高出力ターボ車みたいなのって一度も所有したことがないので、E46の231馬力を超えるくらいの馬力が出てくれればベター。ミッションはMT。FRでもFFでも4WDでもなんでもいいけど、このくらいの車種ならたいていFRか4WD、MRになっちゃうかな。インテグラとかシビック以外は。
 つまりはまあ、「安くてそこそこ遊べるクルマ」ってことですね。

 というところで、次回。
posted by TAKAMI Yui at 14:28| Comment(0) | インプレッサ(GF8)