2017年12月04日

フェンダーマーカーをLED化する

 先日の作業で無事に光るようになったフェンダーマーカー。
 ただ、なぜか助手席側が少し暗いんですよ。
 夜とかに光らせれば光ってるのはわかるんですが、夕方くらいだと運転席側ははっきり光ってるのがわかるのに、助手席側は光ってるのかどうかすらよくわからないくらいぼんやりしてる。
 電気がうまく来てないのかなと思ってバッテリーに直接繋いでみたりしたんですが、それでも若干暗い。
 助手席に座ると少し明るく見えるものの、やはり運転席側に比べたら暗い気がする。
 電球の向きなのか、そのへんを調整してもダメなんですね。
 まあ、暗くても別に問題ないんですが、それならせっかくなんでLED化してみようかと思い、電球を調べてみました。

 で、結論からいくと、BA7sという種類の電球が使えます。
 メーター内の照明とかに使われている電球ですね。
 これであれば、普通にLED電球が売っているので、わざわざ自作しなくても済みそうです。

 いつもの「まめ電」製の白色のものがあったんでこれでいいかなと思ったんですが、まめ電製のものは電球部分がかなり下で、フェンダーマーカーに使うともしかしたらちょっと照らす方向に問題があるかもしれない。
 1000円くらいなんでそれなりの値段なんですが、これ以外で信用できるメーカーで照射範囲が電球に近そうなのものだと、M&Hマツシマが青色のものを1680円とかで出しているようです。M&Hマツシマってよくバイク用品店なんかにおいてある電球のイメージがあるんで、バイクのメーター照明用なんでしょう。
 青のレンズを通すので、青LEDである費用はないんですが、青色LEDとどれくらい差があるんだろうと思ってこちらにしてみようと。
 とはいえまめ電製よりは高いんで、試しにまめ電製を1個、マツシマ製を1個買ってみていいほうを使ってみようということにしました。

 実際に入れてみた……ら、点かない。接触が悪いのかな?と思って刺しなおしても点かない。
 知ってる人には当たり前の話ですが、普通の白熱球はプラスマイナスがなく、とにかく必要な電力が供給されればどういう向きでも点灯しますが、LEDは極性があります。
 間違えたからといっていきなり壊れることはありませんが、なにをどうしても点きません。
 こりゃプラスマイナスが逆だなということで、ギボシを一度外して逆に差し替えてみたら、無事点燈しました。
 いや、電球の数倍明るいぞ、これは。これなら変える価値あるかな。
 助手席側もはっきり光るようになりました。

 で、青と白の違いなんですが、正直そんなにないだろと思ってたんですね。
 どうせ青のガラスを通すんだから。
 んが、これがどうしたことか、けっこう差があります。マツシマのほうがはっきり青っぽい。
 マツシマは青色LEDチップ2個、まめ電は白色LEDチップ1個なんで明るさも色合いも違って当たり前なんですが、それ以外にも、先にも書いた通り、まめ電製はLEDチップが下にあるので、照射範囲に差があるのかもしれません。

 こちらが運転席側(白チップ1)。

IMG_7893.JPG

 そしてこちらが助手席側(青チップ2)。

 IMG_7894.JPG

 まあ、露出とかも違うのであんまりあてにはならないんですが、助手席側のほうが明らかに青が強いです。
 写真では紫がかって見えますが、実際にはそんなことはありません。強いブルーです。
 運転席側はどちらかというと強い豆電球っぽい(その通りなんですが)。

 気にしなければ気にならない差ではあるものの、逆に云えば気にすれば気になるので、気張ってマツシマの青色をもうひとつ買いたしました。
 白はメーター内にでも入れよう。
posted by TAKAMI Yui at 14:06| Comment(0) | 430セドリック

2017年12月01日

フェンダーマーカーを点燈させる

 以前にも書いたとおり、わたしの430はウインカー以外の灯火をLEDに変更してあります。
 LED化することで、ヘッドライトやテールランプの消費電力が減り、今になってはちょっと心もとないオルタネータの発電容量に対しての不安がなくなりました。
 電圧計はヘッドライトを点燈してもほとんど動きません。ウインカーをつけるとウインカーに連動して微妙に針が動くので、リレーと電球が食っている電気は案外バカにならないものです。
 また、ヘッドライトもハロゲン球に比べると圧倒的に明るいので、そこも安心点です。配光も問題ありません。
 デメリットとしては、上記メリットの反対側ですが、最新の車のような真っ白い光になるので、旧車の雰囲気には合わなくなってしまうことがひとつ。
 そして、テールライトについては、消費電圧が減ることで車が球切れだと勘違いし、メータ内にある球切れ警告燈(STOP/TAIL警告燈)が点いてしまいます。
 まあ、これはメータ内の電球を引っこ抜いてしまえばいいんですが、実はこの球切れ警告というのが今回の加工にひっかかってきます。

 430はボンネットの先端にフェンダーマーカーがついています。
 フェンダーマーカーってのは、ボンネット先端の左右についている光るやつですね。
 今時走ってるクルマでは、タクシーのクラウンセダンとかにしかついていませんが、ちょっと前までクラウンとかの高級車には必ずついている、高級車の証みたいなもんでした。
 クラウンでは170系まではついていて、その次のゼロクラウンになったときになくなってしまったようです。ヘッドライトがフェンダーやボンネットにダイナミックに食い込むデザインでは、そもそも付けにくいんでしょう。

 でまあそれはともかく。
 430にもこのフェンダーマーカーがついているんですが、このフェンダーマーカー、ヘッドライトのモニターランプになってるんですね。
 つまり、通常の状態ではヘッドライトオンでこのマーカーが光るんですが、ヘッドライトのバルブが球切れを起こすと切れてるほう(例えば右側のバルブが切れたら右側のマーカー)が消燈し、ヘッドライトのバルブ切れをドライバーに知らせてくれるというわけです。
 それ自体はよくて、まあ便利な機能ですねってなもんですが、これもテールライトと同じく、バルブの抵抗値でバルブ切れを検出しているので、バルブを抵抗が少なくなるLEDバルブに変えてしまうと、クルマはヘッドライトのバルブが切れていると勘違いし、フェンダーマーカーを消灯してしまうわけです。メーター内の警告燈と間逆ですね。

 まあ、走行に関係あるものではないんで別にそれで困らないんですが、せっかく光るものがついてるんだから光らせたいじゃないですか。やっぱりあれがボンネットの隅で光っていてこそ一昔前の高級車、ってのもありますし。
 いちばん簡単な方法は、バルブを普通のハロゲンに戻すことなんですが、それもなんかなあ、というのもあります。
 もうひとつは、ヘッドライトの回路の中にハロゲン球と同じだけの抵抗を入れてやること。
 昔からHIDやLED化したときに同じ理由で警告燈がつくクルマや、同じく電圧で球切れを検知してハイフラッシャーになってしまうウインカー球のLED化等では定番の方法ですが、ヘッドライトの配線にもうひとつハロゲン球を割り込ませ、ヘッドライトとは別にボンネットの中など見えないところでハロゲン球を光らせるという方法ですね。
 ただ、これだと結局ハロゲン球を光らせているので、LED化の一番のメリットである省電力化という目的は果たせなくなります。
 それなら加工の手間を考えたら、普通にハロゲンに戻したほうがマシです。

 どうしたもんかというのを配線図を見ながら、どうやらヘッドライトからリレーを介してこのマーカーに来ているようなので、このリレーやリレーへ行く配線を加工するかとかいろいろ考えてみたのですが、考えてみればこれ光るところはただの電球なんだから、普通に12ボルトをくれてやれば光るんじゃ、という当たり前の結論に行きつきました。

 で、実際にこのフェンダーマーカーを外してみると、フェンダーマーカーと車体は普通にギボシでつながってるだけで、フェンダーマーカー自体からは配線二本しか来ていません。
 試しにその配線に12ボルトを食わせてみたら、案の定光りました。そりゃそうだ。

 ここまでわかればあとは早いです。
 ついでに本来、ヘッドライトモニターとして使っている以上はヘッドライトONではじめて光り、スモールではこのランプは点かないのですが、せっかくなのでスモールONで点燈するように加工することにします。
 もちろんそのまますぐに戻せるよう、車体や車体からの配線へは極力手を加えません。

 まず、スモールとフロントウインカー部分を外し、スモールの線から分岐タップで配線を取ります。

IMG_7896.JPG

 これを外して、

IMG_7897.JPG

 こうするわけですね。
 黄色いケーブルが後から付けたものです。

 このクルマは買ったときにコーナーポールがついていて、コーナーポールへの配線にこのスモールからの分岐タップがついていたのでそれをそのまま使うこともできたんですが、このタップ自体がかなり古いものだったので新しく付けなおしました。
 これがプラスの配線になるので、マーカーランプの片方にこれを繋ぎます。

IMG_7898.JPG

 もうひとつは、適当なところからボディーアースを引っ張ってきて、これをもう片方へ繋ぐだけ。
 反対側も同じです。
 これで、スモールONに連動して点くようになりました。
 よかったよかった。

IMG_7778.JPG

 なぜか右側に比べて左側が暗いんですけどね。
posted by TAKAMI Yui at 16:17| Comment(0) | 430セドリック

2017年11月27日

お台場旧車天国

「お台場旧車天国」へ行ってきました。
 ふらっと行ったわけではなくて、正式な?エントリーです。

 このイベント、開始は9時半からとかなんですけど、搬入時間が7時半まででむっちゃ早いんですね。
 そのかわり、朝は深夜2時から搬入可能。
 遠方から来る人なんかには逆にいいかもしれないですね。とりあえず会場入りして車の中で車中泊すればいいわけなんで。

 わたしは家からお台場までは下道でも30分かからないところに住んでいるので、多少余裕を持って6時半くらいをめどに到着するよう出発。
 途中までは普通に走って、開場まであと少しかなーという国道357号線でいきなり大渋滞にハマることに。
 それでもまだ1時間以上余裕があったのでまったく余裕だろと思ってたんですが、これが10分経っても30分経ってもちっとも進まない。
 さすがに残り時間が30分を切ったところで少し焦り始めますが、搬入案内に書いてあるルートがこれなんでどうにもなりませんし、どっちにしても逃げ道もありません。仕方ない。
 とはいえ、まわりにもまだまだ同じように搬入だろうという古いクルマがいたんで、なんとかなるんではという思いもあったんですが。
 どうやら警察の検問で車線が1本に絞り込まれ、その先の交差点で直進車と左折のクルマが入り乱れて動かなくなってるみたいでした。
 かなり厳重に検問をやっていたらしく、いわゆるタケヤリで爆音みたいなバイクやクルマはいつもよりは少なかったような気がします。

 制限の7時半は過ぎていましたが、ほかのクルマとともに無事に搬入させてもらうことができました。よかった。
 運営側としてもこの大渋滞は想定外だったのかもしれません。

DSC_4678.JPG

 とりあえず、雨は降らなかったんですがむっちゃ寒かった。とにかく寒かった。
 場内の広さもわりといい感じで、疲れずに回ってこられる広さなのはとてもよいですね。
 スワップミーティングでは、持ってないJ's ティーポを10冊くらいまとめ買いしたのと(11冊で1000円でした)、後期モデルでしたが430のカタログがあったのでそれを購入してきました。

 展示されているクルマは、ハチマルミーティングに比べても年式が古く、430なんて新しいクルマの部類に入ります。
 圧倒的に多いのはハコスカとケンメリ、S30Z、ダルマセリカあたりですかね。
 ハコスカとケンメリだけで会場の1/3くらいいたんじゃないかってくらい多いです。
 スカイライン愛されてますね。
 そこから先のスカイラインは少数派で、R31が1台、ジャパンも1台だけだったかな。それもディーゼルのLD28エンジンのモデル。これもすごいレアだと思う。

 「オールドタイマー」誌に載っていたメトロポリタン救急車とか、

DSC_4694.JPG

 いまだに残ってたんだ!というロードペーサー(はじめて見た)とか。

DSC_4705.JPG

 いろいろ気になるクルマはあったんですけど、いちばん気になったのは。

IMG_7829.JPG

 同じ430ですが、後期のグロリア。
 しかもカスタムターボという、いわゆる「低グレード」です。
 ある意味むっちゃマニアック。ほんとよく残ってた、という個体です。
 MTなのはもちろん、当時の高級車のアイコンであるオーバーヘッドコンソールが省略されていたり、ラジオがAMのみでカセットがなかったり、なによりパワーウインドウがなかったりするのにエンジンはL20ETのターボエンジンで、新車でこれが売られていた時代にどれくらいの数が出たんだろう……という生まれたときからマニアック決定という逸品です。

 おそらくあの会場内、一般駐車場はわかりませんが出展していた430はわたしのSGLエクストラとこちらのカスタムだけだと思うのですが、430が2台集まって2台ともブロアムではなく、しかもミッションがMTという状況はかなりレアな気がします。
 でまあ、もし機会があったらオーナーさんとお話したいなーなんて思いつつ場内をふらふらしておりましたら、オーナーさんがクルマに戻っているのを発見してお話させていただいた……ら、以前からここ(ブログ)を御存知だったとのことでむっちゃ驚くやらなんやら。
 社会って広いようで狭いというか、ネットってすごいというか。

 わたしの中で430っていうとこのブラウンのイメージがあって、以前に作った430のプラモデルもこのブラウンで塗装したんですが、実際に見るとメタリックが入っていてとても綺麗です。
 うちのもこれくらい塗装が綺麗であってほしい。

 なかなか刺激的で面白いイベントでした。
 場所柄、ハチマルミーティングよりも人は多かったような気もする。
 来年もあったら行きたいなあ。
posted by TAKAMI Yui at 20:33| Comment(0) | 430セドリック

2017年11月14日

フューエルキャップ

 燃料タンクのフタ。つまりガソリンを入れるときに開けるアレです。
 こんなもの、新車で買って車を売るまでに交換する人いないですよね。基本的に。
 セルフスタンドで置き忘れてしまったとか、そういうんでなければ。

 なんですが、さすがに1980年から35年以上変えられていないと、こんなものもへたってきます。
 ついていたものがコレ。

IMG_7768.JPG

 まわりのゴムが痩せてきていて、さらにヒビでボロボロになっています。
 この燃料キャップって、まあただのフタではあるんですが、燃料タンク内の圧力を保つためのものでもあるわけなんで、ゴムがへたっているのはちょっと困るわけです。
 今のところそれによる異常は出てないんですが、今後出ないとも限らない。
 で、こないだ、ネットオークションで予備の燃料タンクが安く出てたんで買ったんですが、これに燃料タンクと燃料ゲージがついていまして。
 これだけでも元はとれてしまうので買ったんですけどね。とくに燃料ゲージは貴重品です。

 で、燃料キャップをこれについているものに変えようと思いまして。

IMG_7763.JPG

 これが部品取りタンクの燃料キャップ。
 ゴムの痩せやヒビはないかわりに、ちょっと気になるのはセンター部分のサビですかね。
 まあ、これくらいなら問題ないと思いますが、万が一これがはがれて燃料タンク内に落ちたりでもしたら面倒です。
 サビ落としで磨いてやって、上から防錆剤でコーティングしてしまえば使えるでしょう。

 でもこれ、まだ新品出るんですよ。実は。
 部品番号17251-U7402、CAP ASSY-FILLER。

IMG_7764.JPG

 けっこう長くいろんな車種で同じキャップが使われていたようで、需要があるんでしょうね。
 ただし、金属でしっかりした作りだからかそれなりの価格。4770円します。たかがキャップなのに。
 実はこれ、昔に買っておいたんですが、なんとなく今のも使えるしいいかなと思ってそのままにしておいたんですね。
 ただまあ、せっかく新品あるんだし、ということでこれを機に新品にすることにしました。

IMG_7766.JPG

 ゴムの領域が35年ものと比べてまったく違います。
 廃車からとってきたやつよりもさらに広いです。

 付け替え方法は……いりませんわな。古いのを外してこっちに付け替えるだけです。
 でも走ってるときのガソリン臭さは消えないんですよね。どうしたもんか。
posted by TAKAMI Yui at 21:51| Comment(0) | 430セドリック

2017年11月07日

オーディオ配線やり直し

 オーディオ線を整理してみました。

 というのも、この430は純正のラジオとカセットは刺さっているものの、これはに電源をつないでおらず、電源線とスピーカーの線をダッシュボードに隠したカロッツェリアのデッキにつないで音を出してるんですね。
 これによって純正の室内の雰囲気を極力壊さず、iPodを繋いで音を出せるようにしてるのですが、なんせグローブボックス内の配線がむちゃくちゃなわけです。

IMG_7742.JPG

 このありさま。

 どうせ車検証しか入ってないんで別にいいといえばいいんですが、ショートして燃えるんじゃないかという恐怖もさることながら、万が一コードが抜けたときとか、どこに刺したら正解なのかがわからない。
 特にスピーカーはまったくわからない。
 これはいつか直さないといかんなーと思ってはいたんですが。

 もともと、ちゃんと色違いのケーブルを買ってきて配線すればよかったんですが、売ってたのが赤と青と黄色と黒しかなかったんですね。
 さすがにACCで使う線はわかるようにしたかったので赤を使ってしまうと、あとは黒と青と黄色の三色しかない。
 秋葉原とかにいけば売ってたんでしょうけど、なんかめんどくさくてあるもので配線してしまったツケです。
 いちおうマイナスは黒、プラスは青にしたんですが、同じプラスにしても右のプラスなのか左のプラスなのかフロントのプラスなのかリアのプラスなのかわからん!という状況になるわけです。
 スピーカーはプラスとマイナスを間違えても、いちおう音が出てしまうのでよけいにややこしい。

 ので、まずは中古用品店のジャンクコーナーでこれを購入。10円。

IMG_7739.JPG

 どっかのメーカー用のオーディオ変換ハーネスです。
 別に日産用じゃなくて構いません。使うのはハーネスじゃなくケーブルだけなので。

IMG_7740.JPG

 こんな感じでコードだけ切り取ります。
 これの切ったほうにギボシ端子をくっつけて、車体から来ているケーブル一本一本と接続。

IMG_7744.JPG

 こうなります。
 これでリアのスピーカーのプラスがどれだ!?とか迷わなくて済む、という算段です。

 それなら別に、ケーブルの先に付いている「リアスピーカー +」をか書いてあるタグだけ使えばいいのではとか、もっと云えばケーブルにそれがわかるようにテープでもはっつけて書いておけばいいのでは、という意見もあるかもしれません。
 ……その通りです。はい。
 その通りなんですけど、こうすることにより、ケーブルの先端だけが色違いになるんで、オーディオ側のケーブルと色を合わせることで、視覚的に「リア右のプラスはこれ」っていうのがわかるんですよ。
 万が一ケーブルがダッシュボードの中で抜けたり、これからオーディオを入れ替えることになっても、すぐにわかるというそれだけの話なんですが。
 ついでにCD-IB10(iPodをつなぐやつ)をグローブボックスの下に隠して配線しなおして、だいぶすっきりしました。
posted by TAKAMI Yui at 19:08| Comment(0) | 430セドリック